ジョーダン・ピーターソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョーダン・ピーターソン
Jordan Peterson
Jordan Peterson by Gage Skidmore.jpg
ジョーダン・ピーターソン (テキサス州ダラス、2018年6月)
生誕Jordan Bernt Peterson
( 1962-06-12) 1962年6月12日(60歳)
カナダの旗 カナダ アルバータ州エドモントン
国籍カナダの旗 カナダ
肩書き臨床心理学者
公式サイトjordanbpeterson.com

ジョーダン・ベアレント・ピーターソン (Jordan Bernt Peterson、1962年6月12日生[1]) はカナダ人の臨床心理学者作家YouTuberで、トロント大学心理学教授である[2]。2010年代後半に文化的および政治的問題に関する見解で広く注目され始めた。しばしば保守的と表現されている[3][4][5]

カナダアルバータ州で生まれ育ち、アルバータ大学で政治学と心理学の学士号で取得し、マギル大学で臨床心理学の博士号を取得した。アメリカハーバード大学で教鞭を執った後、1998年にトロント大学の心理学教授となりカナダに戻った。1999年には処女作の『Maps of Meaning: The Architecture of Belief』(意味の地図: 信念の構造)を出版し、この本はその後、彼の多くの講義の基礎となった。

2016年、ピーターソンは、カナダ議会で可決されたカナダ人権法と刑法(法案C-16)の改正を批判する動画をYouTubeに投稿した。彼は、法案が特定のジェンダー代名詞の使用を強制することになると主張し、ポリティカル・コレクトネスアイデンティティ政治に対する批判に関連づけた。動画はメディア報道を受け、多くの賛否を呼んだ。

ピーターソンのYouTube動画やポッドキャストは徐々に数百万の視聴回数を集めた。2018年には2冊目の本『12 Rules for Life: An Antidote to Chaos』を出版し、本はワールドツアーで宣伝され、いくつかの国でベストセラーになった。 2019年と2020年にかけて、重度のベンゾジアゼピン離脱症候群の後遺症によって活動休止となった。2021年に、3冊目の本『BeyondOrder: 12 More Rules for Life』を出版し、活動を復帰した。

出生~少年時代[編集]

ピーターソンは、1962年6月12日にカナダアルバータ州エドモントンで生まれ、その北西にあるフェアビューという小さな町で育った[6]。3人兄弟の長子。母のビバリーはグランドプレーリー地域大学フェアビュー・キャンパスに勤める司書、父のウォルターは教師だった[7][8]。ミドルネームのベアレント(Bernt)は、ノルウェー人の曽祖父にちなむ.[9]

13歳の頃、通っていた学校の司書に勧められ、ジョージ・オーウェルオルダス・ハクスリーアレクサンドル・ソルジェニーツィンアイン・ランドなどの著作に親しむ[10]。10代の頃は新民主党のために活動するが、次第に距離を置くようになり、18歳で離党[7][11][12]

教育[編集]

1979年にフェアビュー高校を卒業した後、政治学英文学を学ぶためにグランドプレーリー地域大学に入学[13]。その後、アルバータ大学に転籍して、1982年に政治学の学士号を取得した[12]。その後、学業を1年休んでヨーロッパを訪れ、そこで冷戦の心理的起源、20世紀欧州の全体主義[13][14]カール・ユングフリードリヒ・ニーチェアレクサンドル・ソルジェニーツィン [7]フョードル・ドストエフスキー [14]について研究を始める。アルバータ大学に戻ったピーターソンは、1984年に心理学の学士号を取得[15]。1985年にはマギル大学で学ぶために、モントリオールに移り住んだ。1991年に臨床心理学の博士号を取得。1993年までマギル大学のダグラス病院に博士研究員として残った[13][16]

業績[編集]

トロント大学で講義をするピーターソン(2017年3月)

1993年7月から1998年6月まで,[2]、ピーターソンはマサチューセッツ州アーリントンに住み、ハーバード大学の心理学部で助教授/准教授として講義および研究を行った。ハーバード大学では、薬物とアルコールの乱用に起因する攻撃性について研究し、慣例にとらわれない論文プロポーザルをいくつも指導した.[12]。1998年7月、ピーターソンはカナダに戻り、トロント大学で教授職に就いた[2][15]

ピーターソンの研究領域は、精神薬理学異常心理学神経心理学人格心理学社会心理学産業・組織心理学、宗教の心理学、イデオロギーの心理学、政治心理学、創造性の心理学である。ピーターソンは100を超える論文を執筆または共同執筆しており[17]、2017年半ばの段階でその引用数は8000回近くにのぼる[18]

そのキャリアの大半において、ピーターソンは積極的に臨床診療を行っており、週に約20人の来談者を診ている。ソーシャルメディアでも活発に活動しており、2016年9月には、ジェンダー代名詞の使用を強制する法律を批判するため、一連のビデオを公開した[10][19]。新しいプロジェクトに専念するため、臨床診療は2017年に中断し、2018年現在、大学で教えることも一時的停止している[8][20]

ピーターソンとサム・ハリスは、2018年6月にブレット・ワインスタインを司会者としてバンクーバーで、2018年7月にダグラス・マレーを司会者としてダブリンロンドンで、宗教と神について公開討論を行った[21][22]。2019年4月、トロントにおいて、資本主義とマルクス主義における幸福について、スラヴォイ・ジジェクと公開討論を行った[23][24]

著作物[編集]

Maps of Meaning: The Architecture of Belief (1999)[編集]

1999年、『Maps of Meaning: The Architecture of Belief』(意味の地図: 信念の構造)がラウトレッジ社から刊行された。完成までに13年をかけたこの本では、脳の作用のしくみに関する最新の科学的理解に基づき、神話、宗教、文学、哲学、心理学などのさまざまな分野の発想を使用して、人々が意味を構築し、信念を形成し、物語を編む方法について、包括的な理論を説明している[12][25][26]

ピーターソンによれば、この本の主な目的は、個人および集団が社会的葛藤に関与する理由を調査し、結果的に殺戮や病的な残虐行為(グラークアウシュヴィッツ強制収容所ルワンダ虐殺など)につながった信念体系(すなわちイデオロギー的同一性)を支えるために個人が採用する論理と動機について分析することだとしている[12][25][26]。ピーターソンは、「世界の宗教観念の分析により、根本的な道徳について説明し、結果的に道徳の普遍的な体系を開発できるかもしれない」と考えている。この本では、ユングの元型が重要な役割を果たしている[27]

ハンガリーブダペスト聖イシュトヴァーン大聖堂の前で話すピーターソン(2019年5月)

2004年、この本をベースとした13回シリーズのテレビ番組が、TVオンタリオで放映された[7][15][28]

12 Rules for Life: An Antidote to Chaos (2018)[編集]

2018年1月、ピーターソンの第二の著作である『12 Rules for Life: An Antidote to Chaos』がペンギン・ランダムハウスから刊行された[29][27][30] (和訳は『生き抜くための12のルール 人生というカオスのための解毒剤』というタイトルで2020年7月に朝日新聞出版から出版された)。ピーターソンはこの本で、人生に関する抽象的な倫理原則を、「Maps of Meaning」よりもわかりやすい形で解説している。この本のプロモーションのため、ピーターソンは世界をツアーして回った[31][32][33]。このとき、ピーターソンは英国のチャンネル4キャシー・ニューマンのインタビューを受けたが、このインタビューは大きな注目を集め、この本の認知度の向上にもつながった[34][35][36][37]。『12 Rules for Life』は、カナダ、米国、英国でベストセラー・ランキングの第1位に輝いた[38][39]

Beyond Order: 12 More Rules for Life (2021)[編集]

前作である『生き抜くための12のルール 人生というカオスのための解毒剤』の続編。2021年3月にランダムハウス・カナダから出版された。

私生活[編集]

1989年にタミー・ロバーツと結婚。2人の間には息子のユリアンと娘のミハイラがいる[10]

ピーターソンが有名になった後、娘のミハイラは個人で肉しか食べない食事療法のアドバイスを中心にインターネットで活動をしている[40][41]

健康問題[編集]

2016年、ピーターソンは食物に対して重度の自己免疫反応を示したため、クロナゼパムを処方された[42]。2016年後半、重度のうつ病乾癬ブドウ膜炎などの自己免疫疾患の影響を抑えるために[43][44]、肉と一部の野菜のみからなる厳格な食事療法を行った[45]

2018年半ばに、野菜を食べるのをやめ、牛肉だけを食べ続けた。2019年4月、妻が癌と診断されたことによる不安に対処するために、クロナゼパムの処方量が増量された[46][47][48]。数ヶ月後、自分の摂取量を減らしたり、薬の服用を完全に止めるなど、さまざまな試みを行ったが、アカシジアを含む[49]「恐ろしい」ベンゾジアゼピン離脱症候群を経験した[50][46]。娘によると、ピーターソンと彼の家族は、治療の希望に応じてくれる医師を北米で見つけることができなかったため、2020年1月、ピーターソンと娘とその夫は治療のためにロシアモスクワに行った[51]。そこで医師はピーターソンを両肺の肺炎と診断し、医学的に誘発された8日間の昏睡状態に置かれた。ピーターソンは集中治療室で4週間を過ごし、その間に運動能力を一時的に喪失したと言われている[46][52]

ロシアでの治療から数ヶ月後、ピーターソンと彼の家族はさらなる治療のためにセルビアベオグラードに引っ越した[42]。2020年6月、ベオグラードで録音された娘のポッドキャストに出演し、1年以上の時を経て公の場に姿を現した[42]。彼は、疲労を感じる以外は「通常の自分に戻った」と述べ、彼の将来については慎重ながらも楽観的であった[42]。また、ベンゾジアゼピン (クロナゼパムを含む薬物の種類) の長期使用の危険性について人々に警告したいと述べた[42]。2020年8月、彼の娘は、セルビアでの入院中に父親が新型コロナウイルス感染症に感染したと発表した[53]。2ヶ月後、ピーターソンはYouTubeに動画を投稿し、自宅に戻り近い将来に仕事を再開することを目指していることを伝えた[54]

出典[編集]

  1. ^ "About", Peterson's official Facebook page
  2. ^ a b c Jordan B Peterson”. ResearchGate. 2017年11月11日閲覧。
  3. ^ Hazony, Yoram (15 June 2018). "Jordan Peterson and Conservatism's Rebirth: The psychologist and YouTube star has brought the concepts of order and tradition back to our intellectual discourse". The Wall Street Journal.
  4. ^ Bowles, Nellie (24 December 2018). "Patreon Bars Anti-Feminist for Racist Speech, Inciting Revolt". The New York Times. ISSN 0362-4331.
  5. ^ Beauchamp, Zack (2018年3月26日). “Jordan Peterson, the obscure Canadian psychologist turned right-wing celebrity, explained” (英語). Vox. 2021年6月12日閲覧。
  6. ^ Bowles, Nellie (May 18, 2018). "Jordan Peterson, Custodian of the Patriarchy", The New York Times. Retrieved August 29, 2018.
  7. ^ a b c d McBride, Jason (2017年1月25日). “The Pronoun Warrior”. Toronto Life. http://torontolife.com/city/u-t-professor-sparked-vicious-battle-gender-neutral-pronouns/ 
  8. ^ a b Menon, Vinay (2018年3月16日). “Jordan Peterson is trying to make sense of the world — including his own strange journey”. Toronto Star. https://www.thestar.com/news/insight/2018/03/16/jordan-peterson-is-trying-to-make-sense-of-the-world-including-his-own-strange-journey.html 2018年5月22日閲覧。 
  9. ^ Peterson, Jordan B. (2017年3月23日). “I am Dr Jordan B Peterson, U of T Professor, clinical psychologist, author of Maps of Meaning and creator of The SelfAuthoring Suite. Ask me anything!”. Reddit. 2018年5月22日閲覧。 “Bernt. Pronounced Bear-ent. It's Norwegian, after my great grandfather.”
  10. ^ a b c Winsa, Patty (2017年1月15日). “He says freedom, they say hate. The pronoun fight is back”. Toronto Star. https://www.thestar.com/news/insight/2017/01/15/he-says-freedom-they-say-hate-the-pronoun-fight-is-back.html 
  11. ^ Brown, Mick (2018年3月31日). “How did controversial psychologist Jordan Peterson become an international phenomenon?”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/men/thinking-man/did-controversial-psychologist-jordan-peterson-become-right/ 2018年5月22日閲覧。 
  12. ^ a b c d e Krendl, Anne C. (1995年4月26日). “Jordan Peterson: Linking Mythology to Psychology”. The Harvard Crimson. https://www.thecrimson.com/article/1995/4/26/jordan-peterson-pharvard-students-may-know/?page=single 
  13. ^ a b c Tucker, Jason; VandenBeukel, Jason (2016年12月1日). “'We're teaching university students lies' – An interview with Dr Jordan Peterson”. C2C Journal. http://www.c2cjournal.ca/2016/12/were-teaching-university-students-lies-an-interview-with-dr-jordan-peterson/ 
  14. ^ a b Lott, Tim (2017年9月20日). “Jordan Peterson and the transgender wars”. The Spectator. https://life.spectator.co.uk/2017/09/jordan-peterson-and-the-transgender-wars/ 2017年11月11日閲覧。 
  15. ^ a b c Staff writer(s) (2004年1月27日). “Former Fairviewite gets TV miniseries”. Fairview Post. オリジナルの2017年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170422034117/http://www.fairviewpost.com/2004/01/27/where-we-live 2017年6月6日閲覧。 
  16. ^ Staff writer(s) (2016年8月14日). “Biography: Jordan Peterson”. 2018年5月22日閲覧。
  17. ^ McCamon, Brent (2017年3月28日). “Wherefore Art Thou Peterson?”. Convivium. https://www.convivium.ca/articles/wherefore-art-thou-peterson 
  18. ^ Blatchford, Christie (2017年4月3日). “'An opportunity to make their displeasure known': Pronoun professor denied government grant”. National Post. http://news.nationalpost.com/news/canada/an-opportunity-to-make-their-displeasure-known-government-pulls-funding-of-pronoun-professor 
  19. ^ Chiose, Simona (2017年6月3日). “Jordan Peterson and the trolls in the ivory tower”. The Globe and Mail. https://www.theglobeandmail.com/news/national/education/jordan-peterson-university-of-toronto-free-speech-crowdfunding/article35174379/ 
  20. ^ Bowles, Nellie (2018年5月18日). “Jordan Peterson, Custodian of the Patriarchy”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/05/18/style/jordan-peterson-12-rules-for-life.html 
  21. ^ Michael Ruffolo (2018年6月26日). “Sam Harris and Jordan Peterson waste a lot of time, then talk about God for 20 minutes”. National Observer. 2019年4月23日閲覧。
  22. ^ Douglas Murray (2018年9月16日). “Arena talks in Dublin and London with Jordan Peterson, Sam Harris and Douglas Murray”. The Spectator USA. 2019年4月23日閲覧。
  23. ^ Jordan Peterson, Slavoj Zizek each draw fans at sold-out debate”. Toronto Star (2019年4月19日). 2019年4月20日閲覧。
  24. ^ Stephen Marche (2019年4月20日). “The 'debate of the century': what happened when Jordan Peterson debated Slavoj Žižek”. The Guardian. 2019年4月20日閲覧。
  25. ^ a b Lambert, Craig (1998年9月). “Chaos, Culture, Curiosity”. Harvard Magazine. https://harvardmagazine.com/1998/09/right.chaos.html 
  26. ^ a b Jordan Peterson (August 2015), “Summary and Guide to Jordan Peterson's Maps of Meaning: The Architecture of Belief”, Scribd: pp. 2–3, https://www.scribd.com/doc/276984986/Summary-and-Guide-to-Maps-of-Meaning-The-Architecture-of-Belief-by-Jordan-Peterson 2018年3月3日閲覧。 
  27. ^ a b Bartlett, Tom (2018年1月17日). “What's So Dangerous About Jordan Peterson?”. The Chronicle of Higher Education. https://www.chronicle.com/article/What-s-So-Dangerous-About/242256 2018年1月19日閲覧。 
  28. ^ Archive: Maps of Meaning”. TVOntario. 2018年1月19日閲覧。
  29. ^ Blatchford, Christie (2018年1月19日). “Christie Blatchford sits down with 'warrior for common sense' Jordan Peterson”. National Post. https://nationalpost.com/feature/christie-blatchford-sits-down-with-warrior-for-common-sense-jordan-peterson 2018年1月19日閲覧。 
  30. ^ Lott, Tim (2018年1月21日). “Jordan Peterson: 'The pursuit of happiness is a pointless goal'”. The Observer. https://www.theguardian.com/global/2018/jan/21/jordan-peterson-self-help-author-12-steps-interview 2018年1月21日閲覧。 
  31. ^ Law, Katie (2018年1月20日). “Canadian psychologist Jordan Peterson: the 'anti-snowflake' crusader speaks out”. London Evening Standard. https://www.standard.co.uk/lifestyle/london-life/jordan-peterson-canadian-psychologist-snowflake-millennial-a3742586.html 2018年1月20日閲覧。 
  32. ^ Murray, Douglas (2018年1月20日). “The curious star appeal of Jordan Peterson”. The Spectator. https://www.spectator.co.uk/2018/01/the-curious-star-appeal-of-jordan-peterson/ 2018年1月20日閲覧。 
  33. ^ Heidenreich, Phil (2018年1月20日). “Edmonton's Citadel Theatre apologizes over how it handled Jordan Peterson event”. Global News. https://globalnews.ca/news/3977194/jordan-peterson-citadel-theatre-university-of-toronto-12-rules-of-life-edmonton/ 2018年1月20日閲覧。 
  34. ^ Doward, Jamie (2018年1月21日). “'Back off', controversial professor urges critics of C4 interviewer”. The Observer. https://www.theguardian.com/media/2018/jan/21/no-excuse-for-online-abuse-says-professor-in-tv-misogyny-row 2018年1月21日閲覧。 
  35. ^ Brooks, David (2018年1月25日). “The Jordan Peterson Moment”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/01/25/opinion/jordan-peterson-moment.html 2018年1月31日閲覧。 
  36. ^ Lynskey, Dorian (2018年2月7日). “How dangerous is Jordan B Peterson, the rightwing professor who 'hit a hornets' nest'?”. The Guardian. 2018年6月13日閲覧。
  37. ^ Albrechtsen, Janet (2018年2月24日). “Jordan Peterson: six reasons that explain his rise”. The Australian. https://www.theaustralian.com.au/news/inquirer/jordan-peterson-six-reasons-that-explain-his-rise/news-story/2466de41292be34e26e6c29041688eba 2018年3月3日閲覧。 
  38. ^ Dundas, Deborah (2018年2月9日). “Jordan Peterson's book is a bestseller – except where it matters most”. Toronto Star. https://www.thestar.com/entertainment/books/2018/02/09/jordan-petersons-book-is-a-bestseller-except-where-it-matters-most.html 2018年3月3日閲覧。 
  39. ^ Reyna, Xavier Austin (2018年2月23日). “Why Jordan Peterson Is Such a Crucial Figure for the Community”. EStudy Breaks. https://studybreaks.com/culture/jordan-peterson/ 2018年3月3日閲覧。 
  40. ^ Hamblin, James (2018年8月28日). “The Jordan Peterson All-Meat Diet” (英語). The Atlantic. 2021年6月12日閲覧。
  41. ^ Jordan Peterson Says Meat Cured His Depression. Now His Daughter Is Charging People To Chat About The “Carnivore Diet.”” (英語). BuzzFeed News. 2021年6月12日閲覧。
  42. ^ a b c d e Dunham, Jackie (2 July 2020). "Jordan Peterson says 'I'm back to my regular self' after drug dependency". CTVNews.ca.
  43. ^ Menon, Vinay (16 March 2018). "Jordan Peterson is trying to make sense of the world — including his own strange journey". Toronto Star.
  44. ^ Mance, Henry (1 June 2018). "Jordan Peterson: 'One thing I'm not is naive'". Financial Times.
  45. ^ Hamblin, James (28 August 2018). "The Jordan Peterson All-meat Diet". The Atlantic.
  46. ^ a b c Gatehouse, Jonathon (7 February 2020). "Jordan Peterson seeks 'emergency' drug detox treatment in Russia". CBC News.
  47. ^ "Jordan Peterson is in rehab for Klonopin addiction". The Daily Dot. 20 September 2019.
  48. ^ Lucas, Suzanne (23 September 2019). "Jordan Peterson Is in Rehab. Why HR and Managers Should Take Note". Inc.com.
  49. ^ Why was Jordan Peterson placed in a medically induced coma? What we know about benzodiazepines and treatment” (英語). nationalpost. 2021年6月12日閲覧。
  50. ^ "Jordan Peterson enters rehab after wife's cancer diagnosis". New York Post. 20 September 2019.
  51. ^ 'The doctors here have the guts to medically detox someone': Mikhaila Peterson on her father's condition” (英語). National Post. 2021年6月12日閲覧。
  52. ^ Aitkenhead, Decca (30 January 2021). "Jordan Peterson on his depression, drug dependency and Russian rehab hell". The Sunday Times.
  53. ^ 'Things are not good right now': Jordan Peterson battling COVID-19 — U.K. report” (英語). National Post. 2021年6月12日閲覧。
  54. ^ 'I’m alive': Jordan Peterson back in Canada after lengthy medical treatment, he says in emotional new video” (英語). National Post. 2021年6月12日閲覧。