サム・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サム・ハリス
Sam Harris
Sam Harris 2016.jpg
生誕 Samuel Benjamin Harris
(1967-04-09) 1967年4月9日(50歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
肩書き 著述家、神経科学者
署名
Sam Harris signature.svg

サム・ハリス(Sam Harris、1967年4月9日)は、アメリカ合衆国著述家神経科学者

略歴[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれる。父は俳優でクエーカーのバークレー・ハリス、母はユダヤ人でテレビプロデューサーのスーザン・ハリス。 誕生して間もなく両親の離婚に伴い母親に引き取られ育てられる。スタンフォード大学に入学し、MDMAが精神に与える影響について研究する。大学在学中にインド哲学に魅了され、 スタンフォード大を休学してインドへ渡る。チベット仏教の高僧ディルゴ・キェンツェに師事。また、インドやネパールで多くのヒンドゥー教や仏教の宗教者たちから教えを受ける[1]。 それから11年後の1997年にスタンフォード大学に復学、2000年に哲学の学位を取得。2009年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校で認知神経科学の博士号を取得した[2]。2004年に科学出版物の編集者アナカ・ハリスと結婚し、子供が二人いる。またブラジリアン柔術など武道の愛好家として知られる[3]

主にアブラハムの宗教に対して批判的に論じた最初の著書『The End of Faith』を2004年に刊行、全米でベストセラーになり、『ニューヨークタイムズ』のベストセラーリストに33週間留まった。本作は2005年度のPEN/マーサ・アルブランド賞ファーストノンフィクション部門にて受賞した[4]。2006年に最初の著書『The End of Faith』で受けた批判や疑問に答える形で2作目の著書『Letter to a Christian Nation』を刊行した。

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]