ジャレッド・バートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャレッド・バートン
Jared Burton
Jared Burton on July 30, 2012.jpg
2012年7月30日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスカロライナ州ウェストミンスター
生年月日 1981年6月2日(33歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト8巡目(全体248位)でオークランド・アスレチックスから指名
初出場 2007年4月4日 シカゴ・カブス
年俸 $3,250,000(2014年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

レヴィ・ジャレッド・バートンLevi Jared Burton , 1981年6月2日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州ウェストミンスター出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

アスレチックス傘下時代[編集]

2002年、MLBドラフト8巡目(全体248位)でオークランド・アスレチックスから指名され、6月12日に契約。A-級バンクーバー・カナディアンズで13試合に登板し、0勝4敗1セーブ、防御率3.58だった。

2003年はA級ケーンカウンティ・クーガーズで15試合に登板し、2勝1敗1セーブ、防御率2.27だった。

2004年はルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスで5試合に登板後、7月にA+級モデスト・アスレチックスへ昇格。A+級では10試合に登板し、3勝2敗、防御率4.78だった。

2005年はA+級ストックトン・ポーツで52試合に登板し、4勝4敗24セーブ、防御率2.60だった。

2006年はAA級ミッドランド・ロックハウンズで53試合に登板し、6勝5敗1セーブ、防御率4.14だった。

レッズ時代[編集]

2006年12月に行われたルール・ファイブ・ドラフトシンシナティ・レッズから指名され移籍した[2]

2007年は開幕ロースター入りを果たし、4月4日シカゴ・カブス戦でメジャーデビュー。3点ビハインドの9回表から登板したが、先頭打者に四球を与え、代走のロニー・セデーニョが盗塁死したものの、続くアルフォンソ・ソリアーノにも四球を与え、その際に暴投を記録。さらにジャック・ジョーンズにも三者連続となる四球を与え、降板した[3]。4月7日に球場の外野をランニング中に左ハムストリングを痛め、翌日の4月8日に15日間の故障者リスト入りした[4]。5月9日に復帰[5]。その後は10試合に登板していたが、6月12日に腰の故障で15日間の故障者リスト入りした[6]。7月7日に復帰。復帰後はセットアッパーとしての起用が増え、シーズン終了まで定着した。この年は47試合に登板し、4勝2敗、防御率2.51だった。

2008年も開幕からリリーフ陣に加わったが、7月19日に右腕の故障で15日間の故障者リスト入りした[7]。9月2日に復帰。この年は故障で約2ヶ月間離脱したものの、54試合に登板。5勝1敗、防御率3.22だった。

2009年2月21日にレッズと1年契約に合意。この年も開幕ロースター入りしたが、開幕から20試合で防御率6.33と不調が続き、6月1日にAAA級ルイビル・バッツへ降格[8]。降格時には「自分の投球ができていなかった」と話していたが、代わりに故障者リストから復帰したエディンソン・ボルケスが翌日の6月2日に再び故障者リスト入りしたため、再昇格した[9]。昇格後は主に敗戦処理として9試合に登板し、防御率2.19と好投していたが、メジャー未経験の内野手であるドリュー・サットンを昇格させるため、7月1日にAAA級へ降格[10]。突然の降格に気を悪くし、報道陣の質問にも答えなかったが、降格後はAAA級で8試合に登板し、2勝0敗、防御率1.00と完璧な内容を残したため、7月20日に再昇格[11]。しかし7月26日に右肩の故障で15日間の故障者リスト入りした[12]。8月10日に復帰[13]。この年は53試合に登板し、1勝0敗、防御率4.40だった。

2010年1月18日にレッズと81万ドルの1年契約に合意[14][15]。スプリングトレーニングでは7試合に登板したが、防御率5.63と振るわず、ルーキーのローガン・オンドルーセックにリリーフの座を奪われ、4月2日にAAA級ルイビルへ降格した[16]。4月8日に甲状腺機能亢進症の診断を受け、5月20日に復帰。AAA級では33試合に登板し、3勝2敗4セーブ、防御率2.61だった。シーズン終盤の9月13日にメジャーへ昇格し[17]、4試合に登板した。

2011年1月6日にレッズと75万ドル+出来高[18]の1年契約に合意[19]。スプリングトレーニングでは9試合に登板したが、3月31日に右肩の故障で15日間の故障者リスト入りした[20]。その後も右肩の状態は芳しくなく、4月からはノースロー調整が続いていた[21]が、4月18日に60日間の故障者リストへ異動し、4月22日に関節鏡視下手術を行った[22]。8月23日に故障者リストから復帰し、AAA級ルイビルへ異動。登録枠が拡大された9月1日に再昇格した[23]。この年は6試合に登板し、防御率3.86だった。オフの10月31日に40人枠から外れ、AAA級ルイビルへ降格した[24]が、11月1日にマイナー契約を拒否し、FAとなった。

ツインズ時代[編集]

2011年11月11日にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ[25]

2012年はスプリングトレーニングで11試合に登板し、防御率1.64の好投をみせ、4月4日にツインズとメジャー契約を結び[26]、開幕ロースター入りを果たした。この年は64試合に登板し、3勝2敗5セーブ、防御率2.18を記録。オフの12月6日にツインズと総額550万ドルの2年契約[27](2015年・360万ドルの球団オプション付き[28])を結んだ[29]

2013年は自己最多の71試合に登板し、2勝9敗2セーブ、防御率3.82だった。

2014年は68試合に登板し、3勝5敗3セーブ、防御率4.36だった。オフの10月22日にツインズが360万ドルの球団オプションを破棄したため、FAとなった[30]

ヤンキース傘下時代[編集]

2015年2月16日、ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を交わし入団[31]。しかし、3月26日に解雇となった[32]

投球スタイル[編集]

86~90マイルのチェンジアップを主体に投げる珍しいタイプの投手。次いで、91~96マイルのフォーシーム、84~88マイルのスライダーを投げる割合が高い[33]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 CIN 47 0 0 0 0 4 2 0 11 .667 176 43.0 28 2 22 4 2 36 3 1 15 12 2.51 1.16
2008 54 0 0 0 0 5 1 0 11 .833 257 58.2 56 6 25 3 2 58 2 1 24 21 3.22 1.38
2009 53 0 0 0 0 1 0 0 7 1.000 265 59.1 61 5 23 6 4 45 2 0 30 29 4.40 1.42
2010 4 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 10 3.1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
2011 6 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 23 4.2 6 1 3 0 0 3 0 0 2 2 3.86 1.93
2012 MIN 64 0 0 0 0 3 2 5 18 .600 245 62.0 41 5 16 1 5 55 0 0 21 15 2.18 0.92
2013 71 0 0 0 0 2 9 2 27 .182 281 66.0 61 6 22 5 5 61 2 0 29 28 3.82 1.26
2014 68 0 0 0 0 3 5 3 14 .375 272 64.0 58 6 25 3 3 46 1 0 34 31 4.36 1.29
通算:8年 367 0 0 0 0 18 19 10 90 .486 1529 361.0 311 31 136 22 21 305 10 2 155 138 3.44 1.23
  • 2014年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 51 (2007年 - 2011年)
  • 61 (2012年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ Jared Burton Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2014年1月1日閲覧。
  2. ^ Reds acquire outfielder Josh Hamilton”. MLB.com Reds Press Release (2006年12月7日). 2015年1月9日閲覧。
  3. ^ Scores for Apr 4, 2007”. ESPN MLB (2007年4月4日). 2015年1月9日閲覧。
  4. ^ Jeff Wallner (2007年4月8日). “Notes: Milton activated, Burton to DL”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  5. ^ Mark Sheldon (2007年5月10日). “Notes: Milton placed on 15-day DL”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  6. ^ Mark Sheldon (2007年6月13日). “Notes: Dunn not shocked by trade talk”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  7. ^ Brandon Harris (2008年7月20日). “Despite recovery claims, Burton hits DL”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  8. ^ Mark Sheldon (2009年6月2日). “Burton optioned to Triple-A Louisville”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  9. ^ Mark Sheldon (2009年6月3日). “Volquez returns to DL with elbow tendinitis”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  10. ^ Mark Sheldon (2009年7月2日). “Reds promote Sutton from Minors”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  11. ^ Mark Sheldon (2009年7月21日). “Burton returns to Reds with new perspective”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  12. ^ Andrew Simon (2009年7月27日). “Reds put reliever Burton on DL”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  13. ^ Mark Sheldon (2009年8月11日). “Burton activated; Dickerson to follow”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  14. ^ Reds, Burton avoid arbitration”. MLB.com Reds Press Release (2010年1月18日). 2015年1月9日閲覧。
  15. ^ RHP Burton, Reds reach 1-year deal for $810,000”. ESPN MLB (2010年1月18日). 2015年1月9日閲覧。
  16. ^ Mark Sheldon (2010年4月3日). “Francisco survives Reds' final 13 cuts”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  17. ^ Reds recall reliever Burton from Triple-A”. MLB.com (2010年9月14日). 2015年1月9日閲覧。
  18. ^ 30試合・40試合登板でそれぞれ2万ドル、50試合・60試合登板でそれぞれ2万5000ドルが追加される。
  19. ^ Reds avoid arbitration with RH Jared Burton”. ESPN MLB (2011年1月6日). 2015年1月9日閲覧。
  20. ^ Mark Sheldon (2011年3月31日). “Reds' Burton to start season on 15-day DL”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  21. ^ Burton shut down from throwing”. MLB.com (2011年4月10日). 2015年1月9日閲覧。
  22. ^ Burton undergoes shoulder surgery”. MLB.com (2011年4月23日). 2015年1月9日閲覧。
  23. ^ Reds call up eight players as rosters expand”. MLB.com (2011年9月2日). 2015年1月9日閲覧。
  24. ^ Mark Sheldon (2011年11月1日). “Reds pick up Phillips' option, decline Cordero's”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  25. ^ Rhett Bollinger (2011年11月11日). “Twins appear close to signing infielder Carroll”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  26. ^ Twins place Baker on 15-day disabled list and option Marquis to New Britain”. MLB.com Twins Press Release (2012年4月4日). 2015年1月9日閲覧。
  27. ^ 2013年は205万ドル、2014年は325万ドル。
  28. ^ 違約金は20万ドル。
  29. ^ Twins sign Burton to extension”. MLB.com Twins Press Release (2012年12月7日). 2015年1月9日閲覧。
  30. ^ Rhett Bollinger (2014年10月23日). “Burton heads to free agency after Twins decline option”. MLB.com. 2015年1月9日閲覧。
  31. ^ Yankees Sign Jared Burton To Minor League Deal”. MLB Trade Rumors. 2015年2月20日閲覧。
  32. ^ Yankees Release Jared Burton”. MLB Trade Rumors. 2015年3月26日閲覧。
  33. ^ Brooks Baseball · Home of the PitchFX Tool - Player Card: Jared Burton

外部リンク[編集]