ザ・カー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・カー
The Car
監督 エリオット・シルヴァースタイン
脚本 マイケル・バトラー
デニス・シュラック
レーン・スレート
原案 マイケル・バトラー
デニス・シュラック
出演者 ジェームズ・ブローリン
キャスリーン・ロイド
ジョン・マーレイ
音楽 レナード・ローゼンマン
撮影 ジェラルド・ハーシュフェルド
編集 マイケル・マククロスキー
製作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗1977年5月13日
日本の旗1977年8月13日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ザ・カー(原題:The Car)は1977年ユニバーサル・ピクチャーズ制作の映画。自動車とホラーを結びつけた史上初めての映画である。

あらすじ[編集]

舞台はユタ州の田舎町サンタ・イネス。ある日、青年ジョン・ノリスがヒッチハイクをしようとした1台の黒い車にはねられ、倒れた上にさらに3回も執拗に轢かれて殺された。それを遡ること数時間前、町の医師プルブルックの娘スージーと、恋人でルークの知人の青年ピーター・カイルがサイクリング中に相次いで自転車ごとはね飛ばされて殺された。

地元の保安官ウェイドはこの事件に使われた漆黒の車を断定し捜査に乗り出すが、相棒のルークは被害者の中にピーターの死にショックを受ける。殺人車の行動は次第にエスカレートし、保安官たちまでが襲われる。恐怖に見舞われる事件のさ中、保安官事務所の外の空気に触れていた所長のエヴェレットがはねられてしまう。目撃者であるネイティブ・アメリカンの老婆は「黒い大きな車がエイモスの横を通り抜け、エヴェレットをはねた。」と証言し、チャスが言葉を濁そうとしたのをウェイドが問いただすと「悪いことが風と一緒に来ると報せがあり、奥地に移動する。」と不可解な言葉を訳すのだった。

子供達と引率の教師でウェイドの恋人ローレンがパレードの予行演習をしていると、突然風が吹き荒れて例の車が出現し、彼らを襲ってくる。ローレンらは必死に墓地へ逃げ込んだ。すると車は何故か墓地の中には入れないらしく、イラつくように周囲をうろつく。ローレンは車を罵倒し、囮になって子供達を守ろうとする。現場へ駆けつけたウェイドが銃撃するが、ビクともしない。ウェイドは追跡中に保安官の1人を車ごと崖から転落させて殺した車の前にバイクを転がし、ドアを開けてドライバーに降りるよう迫るが、ドアを開けると見せかけて車にはね飛ばされて負傷する。

その夜、娘たちと一緒に泊まる筈だったローレンは仕度のために自宅に戻った際、その前でごく普通の風に飛ばされたメモをローレンが追いかけると殺人車が出現する前兆の風が吹いたため、慌てて家の中に逃げ込み電話でウェイドに助けを求めるが、車が窓をぶち破りローレンをひき殺してしまう。チャスは送るだけではなくて一緒にいるべきだったと自責の念に駆られるが、そんな時、ルークが車の正体に気づく。神聖なる土地である墓地には入れない、殺戮を重ねる車は悪魔が宿り動かしているのだと。

怒りに燃えるウェイドと仲間達は爆破のプロであるエイモス・クレメンツの協力を得て、車の破壊を計画する。ところが決行日当日、ウェイドのガレージに突如として車が出現。、激しいクラクションと排気音で苦しめられ窮地に立たされながらも、ウェイドは爆弾を仕掛けた崖へとバイクを走らせる。ギリギリで車を崖から落として爆破するが、爆炎の中に獣のような咆哮をあげる黒い影が浮かんでは消えたのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日 日本テレビ
保安官ウェイド ジェームズ・ブローリン 小川真司 筈見純
小学校の教師ローレン キャスリーン・ロイド 弥永和子 小谷野美智子
エヴェレット ジョン・マーレイ 宮田光
エイモス・クレメンツ R・G・アームストロング 田中康郎 大久保正信
ジョン・モリス ジョン・ルービンスタイン 井上和彦 楠正通
ルーク ロニー・コックス 富山敬
稲葉実
納谷六朗
マージー エリザベス・トンプソン 高島雅羅 有馬瑞子
レイ・モット ロイ・ジェンソン 藤本譲
チャス ヘンリー・オブライエン 加藤精三 細井重之
リン・マリー キム・リチャーズ 渕崎ゆり子
デビー カイル・リチャーズ
  • テレビ朝日版:初回放送1988年6月5日『日曜洋画劇場』※放送時にカットされた箇所に追加録音を行ったものがDVDに収録。
  • 日本テレビ版:初回放送1981年5月13日『水曜ロードショー

スタッフ[編集]

  • 監督:エリオット・シルヴァースタイン
  • 制作:マーヴィン・ハート、エリオット・シルヴァースタイン
  • 原案:デニス・シュラック、マイケル・バトラー
  • 脚本:デニス・シュラック、レーン・スレート、マイケル・バトラー
  • 撮影:ジェラルド・ハーシュフェルド
  • SFX:アルバート・ウィトロック
  • 音楽:レナード・ローゼンマン
  • 美術:ロイド・ベーブス
  • 編集:マイケル・マククロスキー
  • 字幕:金田文夫

備考[編集]

  • 本作の主役とも言える殺人自動車は、1971年リンカーン・コンチネンタルマークIIIをベースに改造された。製作を担当したのは、テレビシリーズ版『バットマン』(1966年)でバットモービルの製作も手がけたジョージ・バリス。殺人自動車は6週間で計6台が製作され、撮影期間内にすべてクラッシュしたが、後に展示用に7台目が製作された。7台目はユニバーサル・スタジオで一時展示された後、バリスに返還され、1980年代にコレクターに売却された。
  • 本作の冒頭でチャーチ・オブ・サタン(悪魔教会)の司祭長、アントン・ラヴェイの文句が引用される。後にラヴェイは、本作の「テクニカルアドバイザー」としてクレジットされた。
  • ストーリーは『ヨハネの黙示録』をなぞらえており、黙示録のキーワードである「ラッパ」「風」「荒れ野に逃げ込む女」などが要所に織り込まれると同時に、殺人自動車の正体を暗示している。
  • ラストの殺人自動車の落下シーンは、後にテレビドラマ『ナイトライダー』で、K.A.R.R.(カール)の転落シーンに流用された(日本では、日曜洋画劇場『ナイトライダー6』の後半エピソードとして放送)。

後継映画[編集]

これ以降に公開された「自動車ホラー」を扱った映画

外部リンク[編集]