サンマーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サンマーメンの例

サンマーメン(サンマーめん、生碼麺生馬麺三碼麺)は神奈川県ご当地ラーメンであり、神奈川県南部を中心に広く浸透しているラーメンの一種である。名称から「サンマが入っている」と誤解される事が多いが、全く関係がない(#語源を参照)。

概要[編集]

細麺を使った塩ラーメンもしくは醤油ラーメンの上に、歯ごたえが残る程度に炒めたモヤシ入りのあんをかけた料理である。モヤシ炒めの中にはキャベツキクラゲ等の野菜蒲鉾豚肉の細切り等も入っていることもあり、皿うどんのあんかけによく似ている。モヤシを主とするあんかけだが、「肉そば」の肉を減らして野菜を増やしたものが原型とされている。神奈川県内のラーメン店ではメニューにあることが多く、通常のラーメンより価格が安いことも多い。

桑田佳祐が自身の番組『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』で紹介するなど、多摩川以南、富士川以東の特に太平洋沿岸地域で多く食べられている。また、神奈川県外の近い地域(特に静岡県東部)でも数十年前から見受けられるようになった。神奈川県の中華料理店組合ではこのサンマーメンを県のご当地料理としてアピールしている[1]。なお、神奈川県内でも小田急小田原線沿線より北側ではあまり食べられておらず、かながわサンマー麺の会加盟店が存在しない市区も多い[2]

語源[編集]

諸説があり、はっきりしていない。「生碼」と書く場合、生きのよい具材(碼)の意味とされる。「三碼」と書く場合、三種類の具(モヤシ、豚肉、ターサイ)を使ったための命名との説がある。馬のような生気がつくという意味で命名されたという説もあるが、「馬」は「碼」の当て字である[注釈 1]

「碼」の用例として北京語では、「麺碼児」(ミエンマール、miànmǎr)という言い方で、炸醤麺などに載せる細切りのキュウリニンニクの芽、モヤシ、白菜大根などの麺類の具を指す[3]。ちなみにメンマは、本来の麺類に載せる各種の具という意味が、その内の支那竹(中国語 筍乾 スンガン)に特定化してしまったものである。「碼」が具という意味を持つのは北京の方言であるため、北京語で「ション、shēng」と読む「生」よりも、「サン、sān」と読む「三」の方が音に合う。また、あんかけの麺は北京を含む華北に多く見られるものである。

かながわサンマー麺の会によると、サンマーメンは「生馬麺」と書き、「生=サン 馬=マー」は広東語の読み方で、生(サン)は「新鮮でしゃきしゃきした」、馬(マー)は「上に載せる」と言う意味がある、としている[4]

歴史[編集]

生碼麺(サンマー麺)の由来については、昭和5年(午年)に聘珍樓の当時の料理長が考案した麺料理で、それを裏付けるように昭和初期の聘珍樓の御品書には既に「生碼麺」の掲載がある。[5]

発祥の店[編集]

関連商品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに、現在の中国語ではパスワードのことを「密碼」と称する

出典[編集]

  1. ^ かながわサンマー麺の会 神奈川県中華料理業生活衛生同業組合
  2. ^ かながわサンマー麺の会/相模原・厚木・秦野エリアのメンバーリストには加盟店が存在しないことがわかる
  3. ^ 徐世栄 編、『北京土語辞典』pp282-283、1990年、北京出版社、北京、ISBN 7-200-00921-0
  4. ^ サンマー麺ってどんなラーメン?由来話☆ - かながわサンマー麺の会
  5. ^ 2009年6月7日発行『朝日新聞』34面に聘珍樓が1930年には提供していた事を裏付ける記事が掲載されている。
  6. ^ 2016年3月11日発行『ぴあ 横浜食本』51ページから53ページにわたって紹介されている。
  7. ^ 横浜あんかけラーメン
  8. ^ 横浜発祥サンマー麺

関連項目[編集]

外部リンク[編集]