クローサー (2004年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クローサー
Closer
監督 マイク・ニコルズ
脚本 パトリック・マーバー
製作 ケイリー・ブロコウ
ジョン・コーリー
マイク・ニコルズ
スコット・ルーディン
製作総指揮 セリア・コスタス
ロバート・フォックス
出演者 ジュリア・ロバーツ
ジュード・ロウ
ナタリー・ポートマン
クライヴ・オーウェン
音楽 モリッシー
撮影 スティーヴン・ゴールドブラット
編集 ジョン・ブルーム
アントニア・ヴァン・ドリムレン
製作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗 S.P.E.
日本の旗 S.P.E.
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年12月3日
日本の旗 2005年5月21日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $27,000,000[1]
興行収入 $115,505,027[1]
テンプレートを表示

クローサー』(Closer)は2004年製作のアメリカ映画である。マイク・ニコルズ監督。ラブ・ストーリー。世界中でヒットした舞台劇の映画化で、原作を書いたパトリック・マーバーが脚本も担当している。

日本公開時はR15指定であった。

ストーリー[編集]

ロンドン。小説家志望のジャーナリスト、ダン(ジュード・ロウ)は、街の交差点で、ニューヨークから単身で来ていたストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン)と出会う。2人はまもなく同棲を始める。1年半後、アリスをモデルにした小説の出版を控えたダンは、撮影スタジオで出会ったフォトグラファーのアンナ(ジュリア・ロバーツ)に一目惚れする。半年後、ダンのチャット上の悪戯により、アンナと皮膚科専門の医師ラリー(クライヴ・オーウェン)が水族館で出会い、2人は互いに心を通わせ始めた。4ヵ月後、アンナの写真展の会場で4人が出会う。アンナとラリーは結婚を目前に控えていたが、この日を境にアンナはダンとの密会を重ねていくようになる。1年後、アンナとラリーは結婚していたが、微妙なすれ違いが始まっていた。アリスも、ダンがアンナを愛していることに傷つき、ダンの元から姿を消してしまう。3ヵ月後、「ジェーン」という名前で再びストリッパーとして働いていたアリスと、ラリーが再会。1ヵ月後、ラリーはアンナとの離婚届にサインする代わりに、最後にもう一度彼女を抱きたいと要求する。アンナはその条件を受け入れ、それを知ったダンは傷つく。アンナとダンの愛は終わった。1ヵ月後、ダンはラリーの診療所を訪ねる。そこでダンは、アンナがラリーと正式な離婚手続きを踏んでいなかったことを知らされ、ショックを受ける。ラリーは、そんなダンにアリスの居場所を教えるが、同時に自分とアリスが再会した時の関係も仄めかす。ダンとアリスは再会し、また結ばれたものの、真実を知ることに執着したダンに対してアリスの愛は消え、単身ニューヨークへ帰ってしまうのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ダン・ウォルフ[注釈 1] ジュード・ロウ 内田夕夜
アンナ・キャメロン ジュリア・ロバーツ 黒谷友香
アリス・エアーズ / ジェーン・ジョーンズ ナタリー・ポートマン 落合るみ
ラリー・グレイ クライヴ・オーウェン 山寺宏一
税関職員 コリン・スティントン をはり万造
タクシー運転手 ニック・ホッブス 田中一永

その他[編集]

  • クライヴ・オーウェンは舞台版で、ジュード・ロウが演じたダンを演じていた。
  • ゴールデン・グローブ賞2部門受賞。 最優秀助演男優賞:クライヴ・オーウェン 最優秀助演女優賞:ナタリー・ポートマン
  • ナタリー・ポートマンはヌードでストリッパー役を演じ切ったが、撮影された裸のシーンはのちに全てカットされた。カットの理由については「エージェント代わりである母親のストップがかかった」「監督の意向により使われなかった」「ポートマン自身が仕上がりに満足出来ず監督にシーン削除を頼み込んだ」などと言われており、真偽は不明である。
  • 挿入歌:Damien Rice/The Blowers Daughter 尚、市販されたDVDには特典映像としてPVが見られる。

キャッチコピー[編集]

  • 体を重ねるたび、唇が嘘を重ねる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語吹替版では「ウルフ」

出典[編集]

  1. ^ a b Closer (2004)” (英語). Box Office Mojo. 2010年6月11日閲覧。

翻訳[編集]

『クローサー』:岩井 �眞実 , 上田 修(訳)海鳥社 2002

外部リンク[編集]