ハリウッドにくちづけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリウッドにくちづけ
Postcards from the Edge
監督 マイク・ニコルズ
脚本 キャリー・フィッシャー
原作 キャリー・フィッシャー
製作 ジョン・コーリー
マイク・ニコルズ
製作総指揮 ニール・マクリス
ロバート・グリーンハット
出演者 メリル・ストリープ
シャーリー・マクレーン
デニス・クエイド
ジーン・ハックマン
リチャード・ドレイファス
CCH・パウンダー
音楽 カーリー・サイモン
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 サム・オースティン
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年9月12日
日本の旗 1991年2月22日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $37,963,281
テンプレートを表示

ハリウッドにくちづけ』(原題: Postcards from the Edge)は、1990年公開のアメリカ合衆国の映画。「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫役で知られる女優、キャリー・フィッシャーが発表した自伝的小説『崖っぷちからのはがき』(1987年)を原作とする。母親で女優でもあるデビー・レイノルズとの親子関係や、ハリウッド映画製作の内幕を元に描いている。

ストーリー[編集]

映画の撮影の最中、ドラッグの過剰摂取で病院に担ぎ込まれたスザンヌ(メリル・ストリープ)は一命をとりとめたものの、リハビリ施設へ入所することになる。やがて女優業を再開させようとするが、彼女のエージェントであるマーティの助言で母親との同居を余儀なくされる。大女優だった母・ドリス(シャーリー・マクレーン)もまたアルコール中毒気味の生活で、スザンヌは居心地の悪い思いをする。低予算映画に出演することになったスザンヌは、待遇の低さや周りのスタッフからの中傷にウンザリしながらも、演技を続けるしかなかった。そんなある日、スザンヌの前に若くて魅力的なプロデューサーのジャック(デニス・クエイド)があらわれる。彼こそが、ドラッグのやりすぎで死にかけていたスザンヌを病院に担ぎ込んでくれたその人だった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(VHS版)

受賞とノミネート[編集]

部門 候補者 結果
アカデミー賞 主演女優賞 メリル・ストリープ ノミネート
歌曲賞 "I'm Checkin' Out"(シェル・シルヴァスタイン ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) メリル・ストリープ ノミネート
助演女優賞 シャーリー・マクレーン ノミネート
主題歌賞 "I'm Checkin' Out"(シェル・シルヴァスタイン) ノミネート
英国アカデミー賞 主演女優賞 シャーリー・マクレーン ノミネート
脚色賞 キャリー・フィッシャー ノミネート
作曲賞 シェル・シルヴァスタイン ノミネート

外部リンク[編集]