クリス・ディッカーソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・ディッカーソン
Chris Dickerson
ボルチモア・オリオールズ (マイナー)
Chris Dickerson on May 18, 2013.jpg
2013年5月18日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッド
生年月日 (1982-04-10) 1982年4月10日(34歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2003年 MLBドラフト16巡目(全体471位)でシンシナティ・レッズから指名
初出場 2008年8月12日 ピッツバーグ・パイレーツ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・チャールズ・ディッカーソンChristopher Charles Dickerson, 1982年4月10日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッド出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。MLBボルチモア・オリオールズ傘下に所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ノートルダム高等学校英語版時代はブレンダン・ライアンとチームメイトだった。2000年MLBドラフト32巡目(全体968位)でニューヨーク・ヤンキースから指名されたが、入団せずにネバダ大学リノ校へ進学。

プロ入りとレッズ時代[編集]

2003年MLBドラフト16巡目(全体471位)でシンシナティ・レッズから指名され、プロ入り[1]

2008年8月12日ピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャーデビュー。この年は31試合の出場ながら6本塁打を放ち、OPSは1.000を超えた。

2009年ウィリー・タベラスジェイ・ブルースとポジションを争い、自己最多の97試合に出場したが、定位置獲得には至らなかった。

ブルワーズ時代[編集]

2010年8月9日ジム・エドモンズとのトレードで、ミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[2]

ヤンキース時代[編集]

2011年3月25日セルジオ・ミトレとのトレードで、ヤンキースへ移籍した[3]。シーズンでは主に代走や両翼の守備固めとして60試合に出場した。

2012年は主に傘下のAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースでプレーし、9月1日にメジャー昇格した。

2013年、ヤンキースは左打者の外野手が有り余っていたため、1月11日にディッカーソンを放出した。

オリオールズ時代[編集]

2013年1月29日ボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ。4月10日にメジャー昇格を果たし、5月31日デトロイト・タイガース戦では自身初のサヨナラ本塁打を放った。11月1日FAとなった。

パイレーツ傘下時代[編集]

2014年1月6日にパイレーツとマイナー契約を結んだ[4]。AAA級インディアナポリス・インディアンスで開幕を迎え、65試合に出場。打率.309・7本塁打・30打点・12盗塁の成績を残した。

インディアンス時代[編集]

2014年7月7日後日発表選手とのトレードで、クリーブランド・インディアンスへ移籍した[5]。インディアンスでは41試合に出場して打率.224・2本塁打・6打点・3盗塁の成績を残した。

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2015年2月21日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[6]。この年は傘下のAAA級バッファロー・バイソンズでプレーし、38試合に出場して打率.270・1本塁打・21打点・10盗塁の成績を残した。オフの11月6日にFAとなった[7]

オリオールズ傘下時代[編集]

2016年8月20日にオリオールズとマイナー契約を結んだ。この年は傘下のAA級ボウイ・ベイソックスでプレーし、15試合に出場して打率.322・3本塁打・10打点・2盗塁の成績を残した。12月15日にマイナー契約で再契約し、2017年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 CIN 31 122 102 20 31 9 2 6 62 15 5 3 1 0 17 0 2 35 0 .304 .413 .608 1.021
2009 97 299 255 31 70 13 3 2 95 15 11 3 2 2 39 1 1 66 3 .275 .370 .373 .743
2010 20 45 44 9 9 1 0 0 12 0 3 0 0 0 1 0 0 19 1 .205 .222 .273 .495
MIL 25 61 53 2 11 1 1 0 14 5 1 0 2 1 5 0 0 15 0 .208 .271 .264 .535
'10計 45 106 97 11 20 2 2 0 26 5 4 0 2 1 6 0 0 34 1 .206 .250 .268 .518
2011 NYY 60 55 50 9 13 2 0 1 18 7 4 0 1 1 2 0 1 17 1 .260 .296 .360 .656
2012 25 17 14 5 4 0 0 2 10 5 3 0 0 0 3 0 0 5 1 .286 .412 .714 1.126
2013 BAL 56 109 105 17 25 5 0 4 42 13 5 1 0 0 4 0 0 36 0 .238 .266 .400 .666
通算:6年 314 708 623 93 163 31 7 15 253 60 32 7 6 4 71 1 4 193 6 .262 .339 .406 .745
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 21(2008年 - 2010年途中)
  • 11(2010年途中 - 同年途中)
  • 7(2010年途中 - 同年終了)
  • 27(2011年)
  • 60(2012年 - 2013年途中)
  • 36(2013年途中 - 同年終了)
  • 38(2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 2003 Draft Results - Round #16. - The Baseball Cube(英語). 2011年11月23日閲覧
  2. ^ Sheldon, Mark(2010-08-09). Edmonds joins Reds in heat of Central battle. reds.com(英語). 2011年11月23日閲覧
  3. ^ Fordin, Spencer(2011-03-25). Brewers get Mitre from Yanks for Dickerson. MLB.com(英語). 2011年11月23日閲覧
  4. ^ Pirates sign Chris Dickerson to a Minor League contract”. MLB.com Pirates Press Release (2014年1月6日). 2014年1月7日閲覧。
  5. ^ Indians acquire OF Chris Dickerson from Pittsburgh; designated C George Kottaras for assignment”. MLB.com Indians Press Release (2014年7月7日). 2014年7月8日閲覧。
  6. ^ Chisholm, Gregor (2015年2月21日). “Blue Jays sign Dickerson to Minor League contract”. MLB.com. http://m.bluejays.mlb.com/news/article/109949900/blue-jays-sign-chris-dickerson-to-minor-league-contract 2017年2月4日閲覧。 
  7. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年2月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]