恵英紅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クララ・ウェイから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
恵 英紅
カラ・ワイ
恵 英紅 カラ・ワイ
2015年7月15日、米国スミソニアン協会でのワールドプレミアにて
別名義 クララ・ウェイ、ベティ・ウェイ、クララ・ワイ
生年月日 (1960-02-02) 1960年2月2日(58歳)
出生地 香港の旗 イギリス領香港
国籍 中華人民共和国の旗 中国香港の旗 香港
活動期間 1977年 -
活動内容 俳優
主な作品

マッドクンフー 猿拳
ワンス・アポン・ア・タイム 英雄少林拳 武館激闘
レディークンフー 激闘拳
秘技・十八武芸拳法
少林寺秘棍房
ユン・ピョウinポリス・ストーリー
クラッシュ・エンジェルス 失われたダイヤモンド
『心魔(原題)』
捜査官X
キョンシー
ミッドナイト・アフター

『幸運是我(原題)』
恵 英紅
カラ・ワイ
クララ・ウェイ
ベティ・ウェイ
クララ・ワイ
各種表記
繁体字 惠 英紅
簡体字 惠 英红
拼音 wai⑥ jing① hung④(粤拼
huì yīng hóng(拼音)
英語名 Kara Wai
Kara Hui
テンプレートを表示

恵 英紅惠 英紅、ワイ・インホン)またはカラ・ワイ[1]クララ・ウェイベティ・ウェイクララ・ワイ、Kara Wai、Kara Hui、1960年2月2日 - )は、香港の女優。第1回ならびに第16回第36回香港電影金像奨の主演女優賞受賞者。2012年に亡くなった[2]香港のアクション俳優オースティン・ワイ(恵天賜中国語版)は実兄。

人物・経歴[編集]

1960年2月2日、香港に生まれる。恵家は元々は山東省満州族清代満州八旗のひとつ正黄旗中国語版葉赫那拉氏の家柄であったが、1949年の共産化の際に糾弾と迫害に遭い、さらに英紅の祖母がむごたらしく殺されたという過去を持つ[3]。一家は香港に逃げのび、1963年に英紅の父が賭博で全財産を失ってからは極貧の生活を送った[3]。8人いた兄弟姉妹の年長者はおのおの京劇団に売られ[4]、 のちに俳優となった兄オースティン・ワイ(恵天賜)も有名京劇団「春秋戯劇学校」[5]に送られた。

やがて、家計を助けるため13歳でナイトクラブのダンサーとして働き始める[6]。そこでショウ・ブラザーズの看板監督であったチャン・チェ(張徹)に見いだされ、1977年『金玉良縁紅楼夢』(原題)の端役としてデビュー、同年チャン・チェ監督作『射鵰英雄伝』(原題)で穆念慈中国語版を演じた。チャン・チェは、過去中国の風習としてよく行われた「義理の親子」の契りを多くの俳優と結んでいるが[7]、長い監督生活の中で義理の娘は唯一惠英紅のみである[8]

1979年には著名な武術指導で映画監督でもあるラウ・カーリョン(劉家良)に抜擢され、『少林皇帝拳』『マッドクンフー 猿拳』『ワンス・アポン・ア・タイム 英雄少林拳 武館激闘』などの功夫映画に出演し、「劉家班(ラウ・アクションチーム)」の一員として[9]、厳しい撮影や訓練に耐えた。そして主演となる1981年のラウ・カーリョン監督作『レディークンフー 激闘拳』で、第1回香港電影金像奨の主演女優賞を受賞した。李翰祥(リー・ハンシャン)や楚原(チョー・ユン)監督作品などにも数多く出演、「東洋のハリウッド」と呼ばれた[10]ショウ・ブラザーズを彩る女性功夫スターの一人として活躍した。

しかし、そのショウ・ブラザーズが1985年に映画から撤退し、無綫電視に事業を一本化した頃から、功夫映画の制作が目に見えて減り、低予算の独立プロダクションが制作する現代アクション映画に出演するようになってゆく。やがてシベール・フー中国語版ミシェール・キングといった新進の女性アクションスターに押される格好となり、仕事が激減した。のちに本人が語ったところによると、年齢を重ねるごとに主役から脇役に回され、自身の加齢と向き合うことが出来ずを患い、2000年には睡眠薬による自殺未遂を起こしたこともあったという[11]

その後も映画やテレビドラマで、アクションのないバイプレイヤーとして地道に活動を続け、2009年の香港マレーシア韓国合作『心魔中国語版』(原題)において、中学生と交際する23歳の息子が少女の親から強姦罪で訴えられ示談金のため奔走する母親を演じ、台湾の金馬奨の助演女優賞や香港電影金像奨での主演女優賞など[12]数々の映画祭で女優賞に輝いた。

2011年にはピーター・チャン(陳可辛)監督作『捜査官X』でドニー・イェンと戦い、久々に本格アクションを披露し助演女優賞にノミネートされている。また、2013年に公開されたジュノ・マック(麥浚龍)監督のヒット作『キョンシー』では金像奨の助演女優賞を獲得。

実力派女優としてのキャリアを重ねつつ近年はアクションのある映画への出演も増えてきており、2017年にはアクション映画『Mrs K(原題)』で主演を務めた。一方、第36回金像奨においては『幸運是我(原題)』のアルツハイマーに侵された女性の演技で三度目の主演女優賞を受賞した。

また、クララやベティという英語名について、第12回大阪アジアン映画祭のゲストとして登壇した際に、それらは日本でつけられたもので正しくはカラ・ワイ(Kara Wai)であると発言している[1]

主な出演作品[編集]

主な受賞[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 第12回大阪アジアン映画祭オーサカ Asia スター★アワードカラ・ワイ(惠英紅)さんに決定!”. 第12回大阪アジアン映画祭. 2017年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月12日閲覧。
  2. ^ 「西門吹雪」惠天賜英年早逝 胞妹惠英紅哀悼”. 大紀元. 2015年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月5日閲覧。
  3. ^ a b 深度解析惠英红的半世起伏,真是一代传奇女子 壹讀
  4. ^ 揭明星的悲慘童年 陳小春鐵鏈鎖著干農活”. 人民網. 2015年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月12日閲覧。
  5. ^ 宮粉紅與粉菊花”. 澳門日報. 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月18日閲覧。
  6. ^ 惠英红:打女也想被呵护”. 中国网. 2015年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月28日閲覧。
  7. ^ 同是天涯罗乐林 戏外人生曾相识”. Hi好酷. 2015年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月5日閲覧。
  8. ^ 惠英红:除了金像奖 还想拿内地电影奖”. 搜狐娱乐. 2015年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月21日閲覧。
  9. ^ 八大功夫之刘家班——功夫世家『下』”. 搜狐. 2009年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月8日閲覧。
  10. ^ 「香港映画の父」ランラン・ショウ氏が死去、ジャッキーら映画スターを量産―香港”. レコードチャイナ. 2015年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月8日閲覧。
  11. ^ 從「打女」到影后 惠英紅自曝曾抑鬱吞藥自殺”. 大紀元. 2015年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月12日閲覧。
  12. ^ 第29回「金像奨」の勝ち組はサイモン・ヤムとクララ・ワイ、「おくりびと」も受賞―香港”. レコードチャイナ. 2015年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月19日閲覧。

外部リンク[編集]