葉赫那拉氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

葉赫那拉(エホナラ、イェヘ=ナラ)は、満州民族の氏族のひとつ。16世紀後半から17世紀前半の末に女直(満州民族の前身)の強国であったイェヘ中国語版部の首長を輩出した家系であり、また末の19世紀西太后を出したことで有名である。

葉赫那拉は満州語ᠶᡝᡥᡝ
ᠨᠠᡵᠠ
ローマ字表記Yehe Nara)であり、本来はイェヘ=ナラなどとカタカナに写される音であるが、日本では漢字表記の「葉赫那拉」(ピンイン表記: Yèhè Nàlā)を中国語風に読んで表記した「エホナラ」の読みがむしろ広く見られる。

歴史[編集]

イェヘ=ナラ氏は、満州民族に統合される以前は、16世紀から17世紀の女直社会に存在した三大集団のひとつ、海西女直(女直側の呼称ではフルン四部)に属するイェヘ部の首長を世襲してきた。

その名が「太陽」を意味すると言われるナラ氏は、フルン各部の首長を出した女直の名家であり、イェヘ=ナラ氏はナラ氏の一族のうちイェヘ河(現在の吉林省通河)流域の地を本貫とする家系という意味の姓である。しかしイェヘ=ナラ氏は実際にはナラ氏の男系を継承しておらず、もともとモンゴル高原東部(内蒙古)にいたモンゴル系の貴族であった先祖がフルンの一部を支配していたナラ氏の家系に取って代わってその支配者となったと伝えられており、実際にはモンゴル系の部族が女直と同化して誕生した氏族である。

イェヘ=ナラ氏が治めるイェヘ部は明と境を接しており、フルン四部のうちでは同じく明と接するハダ部と並んで精強な国であった。16世紀末にはハダ部が急速に衰えた結果、イェヘ部がフルン四部の盟主というべき地位にまで昇る。しかし同じ時期にはフルン四部の南に住む建州女直ヌルハチが建州女直を統一し、全女直の統一に向けて勢力を拡大していく過程にあたった。フルン四部はヌルハチによって次々に滅ぼされ、最後まで抵抗を続けたイェヘ部も1619年サルフの戦いで明と朝鮮、イェヘの連合軍がヌルハチに敗れた結果、力を失い、ヌルハチが先の1616年に立てていた後金(清の前身)に併合され、満州八旗に吸収された。

イェヘ部が滅ぼされたのちもイェヘ=ナラ氏は満州屈指の名族として重んぜられ、多くの重臣を輩出した。またナラ姓の女性は、清の皇族である愛新覚羅氏の出た建州女直とは系統を異にする海西女直の名門であることから、清の後宮に入った者も多く、イェヘ=ナラ氏の妃もたびたび出ている。既にヌルハチがイェヘ部を滅ぼす以前に娶った夫人のうち、第3夫人の孝慈高皇后はのちに第2代皇帝となるホンタイジを生んでおり、また孝慈高皇后の妹もヌルハチの側妃(側室)となってその第8女を生んでいる。乾隆帝の夭折した息子を産んだ舒妃、咸豊帝の後宮に入って同治帝を産んだ西太后も、そうして後宮で皇帝の寵愛を受けたイェヘ=ナラ氏の女性であった。ただその一方で、イェヘ=ナラ氏の中では身分の低い下級官僚の家庭に生まれた西太后が清末に国政に大きな影響力を持ったために、後述する「葉赫那拉の呪い」の伝説も生まれている。

イェヘ=ナラ氏の末裔たちは現在も満州民族の中に存在するが、満州民族の漢民族との同化が進んだ現代では、「葉」「那」など中国風の一字姓を称するのがほとんどである。

子孫[編集]

「葉赫那拉の呪い」[編集]

西太后に関連して語られる「葉赫那拉の呪い」の物語は、大略で以下のようなものである。

ヌルハチに激しく抵抗した末にとうとう併合されてしまったイェへ部の最後の首長、金臺吉(ギンタイジ)は、臨終に際して、ヌルハチに対して「清朝の一族にたとえ女一人でも葉赫那拉の人間が加われば、そのものがおまえ(ヌルハチ)の一族を滅ぼすであろう」と呪いの言葉を遺して死んだ。清朝はこの呪いを言い伝えて、決して葉赫那拉氏の女を后妃にしないという掟が守られ続けた。ところが清末の咸豊帝が掟を破って葉赫那拉氏の女を妃にした。はたして葉赫那拉氏は咸豊帝の死後に西太后となって権力をほしいままにし、ついに清を滅ぼしてしまったのである。

上の伝説は、伝わり方によって細部に異同はあるものの非常に有名なものであり、中国・香港合作映画『西太后』(日本公開:1985年)や浅田次郎の小説『蒼穹の昴』などの創作のみならず、濱久雄『西太后』(1984年)などの評伝でも、歴史的事実として引用されている。

しかしながら、イェヘ部が滅ぶときに「葉赫那拉の呪い」がかけられたという物語は、清朝の公式の記録や正統的な歴史書には見えず、民間の俗書に載っているにすぎない。また既述のように、西太后まで葉赫那拉氏の后妃が現れなかったというのは明らかに誤謬である。従って、今日の中国の歴史学界では、これは作り話にすぎないという見解が定説となっている。

そもそも、もし「葉赫那拉の呪い」の伝説が本当であり、また19世紀当時に信じられていたならば、西太后が権力を掌握する過程で、政敵であった粛順らがその伝説を利用して西太后を誹謗し攻撃することも可能であったはずであるが、そのような事実はない。「葉赫那拉の呪い」という伝説は、西太后が権力を握ってからのち、彼女を憎む人々の心が広めた噂に過ぎない、と考えるほうが自然であろう。

参考文献[編集]

  • 加藤徹『西太后』(中公新書)中央公論新社、2005年。ISBN 4-12-101812-5