カールステン・ニーブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carsten Niebuhr

カールステン・ニーブール(Carsten Niebuhr or Karsten Niebuhr、1733年3月17日1815年4月26日)は、ドイツ地理学者である。デンマーク国王フレデリク5世が後援して博物学者ペール・フォルスコールが率いた6人のアラビア探検隊の唯一の生き残りとなった。

経歴[編集]

農家の息子として北ドイツのLüdingworth (現在のクックスハーフェン)に生まれた。教育は余り受けず作男として働いた。20歳頃、測量士としての勉強を始めた。1760年にフレデリック5世が後援するエジプト、アラビア、シリアの博物学的探検隊の一人に選ばれた。メンバーは博物学者のペール・フォルスコール、言語学者のフレデリク・フォン・ハーヴェン、天文および地理の調査をニーブール、医師としてクリスティアン・カール・クラマー画家ゲオルク・バウレンファイント、召使のベルクグレンであった。ニーブルは1年半ほど数学アラビア語を学んで準備した。探検隊は1760年1月にコペンハーゲンを出発し、7月トルコに上陸、コンスタンチノープルからトルコの商船でアレクサンドリアに向い、エジプトに逗留した後、スエズに向かいシナイ山の調査を行った。ジッダからモカへ進み付近の調査を行ったが、1762年3月、ハーヴェンがマラリアで病死した。7月にはリーダーのフォルスコールが病死した。残されたメンバーも病におかされていたがイエメンの首都サナアへ向かった。サナアでしばらく逗留した後、モカに帰還した。モカからボンベイの船旅の中で、バウレンファイントとベルクグレンが没し、ボンベイで、クラマーが没した。11ヶ月間ボンベイに滞在し、オーマン、シリア、レバノンを1人で調査し、コペンハーゲンに帰還できたのは1767年11月であった。帰国したときにはフレデリック5世はすでに亡くなっており後をついだクリスティアン7世探検の成果に無関心であった。

帰国後報告書の執筆を行い、1772年に「アラビアの記録」(Beschreibung von Arabien)を出版し、1774年から『アラビアおよびその周辺地域への旅行記』(Reisebeschreibung von Arabien und anderen umliegenden Ländern)を出版し、フォルスコールの記録を整理して『エジプト-アラビア植物誌』、バウレンファイントの描いた植物画をまとめて『自然物図集』を出版した。

1776年スウェーデン王立科学アカデミーの会員に選ばれた。息子は歴史家のバルトホルト・ゲオルク・ニーブールである。

参考文献[編集]