コンテンツにスキップ

カーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カーニ
フレーム無し
カーニが描かれた看板
好きなもの:お金、ドル、コイン

嫌いなもの: お金を使う、エサバケツ亭、不幸な顧客[1]

初登場 「バイト募集中」(1999)
制作 ステファン・ヒーレンバーグ
声優
  • 奥田啓人(日本語版)
  • クランシー・ブラウン(原語版)
  • チェ・ハン(韓国版)
  • ジョーホワイト(ビデオゲーム)
  • Bob Joles(ビデオゲーム)
描いた人 ブライアン・レイ・ノリス

(ブロードウェイ)[2]

種類
自宅 ビキニタウン アンカー路3451号
カニ
性別 男性
職業 カニカーニのオーナー兼マネージャー
家族
  • クラブシニア(父親)[3]
  • ママクラブ(母親)[4]
その他

重要な関係

  • パフ先生(ガールフレンド)
  • カーニ夫人(前妻)
  • キャッシーナ
子供
  • パール(娘)

ユージーン・H・カーニ (Eugene H. Krabs) とはスポンジ・ボブに出てくるカニである。原語版では、クランシー・ブラウンが演じている。日本語版は奥田啓人が声を当てている[5][6]

カーニは、ビキニタウンにある有名なファーストフードレストランであるカニカーニを経営している。彼は10代のマッコウクジラである娘のパールと一緒にのような形をした家に住んでいる。彼はお金に夢中になっていて、それを使うのが嫌いであるが、パールを幸せにするために努力をする。彼は自分の富を心配し、従業員であるスポンジ・ボブイカルドの要求を無視することが多い。彼はパフ先生と恋愛関係にあり、かつての親友であるプランクトンとライバル関係にある。

カーニの評価はシリーズの開始時は肯定的であったが、シリーズが進むにつれて賛否両論となった。。批評家はパールのシングルファーザーとしての彼の描写に賞賛をしたが、シリーズの実行を通して彼の欲望の知覚された誇張を批判した。

概要[編集]

通称はカーニさん(原語版:ミスター・クラブス (Mr. Krabs))で、スポンジ・ボブを初めとする人物からそう呼ばれている。

レストラン「カニカーニ」の創業者であるオーナーのカニ[7]。カニカーニで働くスポンジ・ボブやイカルドにとってカーニは上司にあたる。日本語版での語尾は「カニ」「ガニ」で「カ〜ッカッカッカッ…」と笑う。見た目はツッコミ役に見えるが、実はボケ役。

極度のケチで金銭の亡者。金を使うことを拒み、1セントでも失くしたらパニック状態に陥る。趣味は釣り貯金。それに関連して、店のエアコンの温度設定に敏感であり、勝手に変更する者を許さない(誰かが変更すれば即座に警報が鳴る)。ただし、惚れた相手には浪費しまくる。「カニカーニではみな平等」というポリシーを持ち、金を払えば誰でも受け入れる(例えば劇中で、強盗に食事を提供しているシーンがある)。「お金」「無料」「タダ」などの言葉に弱い。

スポンジ・ボブの父親のような存在とされており、彼を「息子のようなものだ」と言っている。カーニは、彼が困ったときにしばしば彼を叱るが、時には父親のようなアドバイスを彼に与える[8]。ただし、『生まれ変わったカーニさん』ではさまよえるオランダ人に彼を売ったり、『スポンジ・ボブ クビになる』では経費削減のためあっさり彼をクビにしたり(最終的にはイカルドが連れ戻したスポンジ・ボブに謝罪して再度雇用する)などひどい面もある。他にも、腐って黄色に変色したハンバーグパティを「スポンジバーガー」といって売ったり、バーガーの食べ残しで石鹸を作ったり(この石鹸を使ったパールはフジツボだらけになってしまった)などとんでもない行動にでることもある。作中では、パフ先生とイカルドと同様に警察に捕まったエピソードがある(『スポンジカーニ』、『カーニバーガー泥棒』、『海賊船の秘宝』)。

カーニのライバルでかつての親友であったプランクトンは、カニカーニの真向かいにある失敗したレストラン「エサバケツ亭」のオーナーであり、エサバケツ亭を運営している[9]。カニカーニの真向かいにあるレストラン「エサバケツ亭」のオーナーのプランクトンとはライバル同士で、プランクトンはたびたびカーニバーガーの秘密のレシピを盗もうとするが、失敗している。彼は、プランクトンがカレンを使用してレシピをリバースエンジニアリングする可能性があることを恐れて、カーニバーガーを合法的に購入することを許可することさえ拒否した[10]。カーニはまた、エサバケツ亭が決してビジネスを行わないようにすることを彼の義務としている。

カーニは彼自身の幸福よりもお金を大切にし、彼にとっての経済的価値に基づいて他のキャラクターを評価する。唯一の例外は、パールと彼のガールフレンドのパフ先生である。パフ先生への彼の愛情は非常に強いので、一時的に彼の欲望を超越し、彼女の高価な贈り物を買うこともある[11]

カニは陸上でも生きられるが、カーニも一日ぐらいなら水がなくても生活できる。非常に鼻がよく、道に落ちているコインを匂いを嗅いで探していたこともある。カニらしく足を速く動かして歩く。体の色は赤。

年齢的には若そうな見た目であるが、自分で「老いぼれ」といっているなど、見た目よりもいい歳のようである。

声に関しては、初めはこもっていたが、出てくるたびに現在のどら声になっていった。シーズン1では一人称は「ワシ」で口調も老人風だったが、シーズン2以降からは一人称が「私」になり口調も普通になった。若い頃の一人称は「僕」1942年11月30日生まれで、スポンジ・ボブとパトリックとはかなり年が離れている。身長7インチ、体重5オンス。

名前は本来の綴りCrab(カニ)をKrabに変えたもの。当初名前は「Crabs」にする予定だったが、パイロットフィルムを作っていた時、CからKに変更された[12]

日本語版の名字では、生き物のカニを「カ」と「ニ」の間に「ー」を付け、カーニという呼び方になっている。店の名前はカニカーニと呼ばれている他、食べ物の名前にも頭文字をカーニが付く。

カニカーニ[編集]

カーニはレストラン「カニカーニ」の創業者であり、オーナーでもある。カニカーニでは、スポンジ・ボブがフライ係[13]、イカルドがレジ係として働いている。カニカーニで働くスポンジ・ボブやイカルドにとってカーニは上司にあたる。レストランの成功は、ほとんど競争がなく、カニカーニの代表的なメニューであるカーニバーガーの人気に基づいている。このメニューのレシピは厳重に守られた企業秘密である[14]。彼は頻繁に彼のレストランの人気を悪用し、価格のつり上げを行う[15]

カニカーニでは、2人の従業員が少額の賃金で働いており、彼の財政にプラスの影響を与えているため、容認している。しかし、顧客を追い払う行動に従事している場合、彼はすぐに彼らを非難する。

店のエアコン温度に対しては敏感で、勝手に変更する者を許さないほど。誰かが変更すれば即座に警報が鳴るようになっている。 このレストランでは、金を払えばたとえ強盗でも食事を提供するという事になっている。

家族[編集]

家族は長女との2人暮らしで、長女のパールを溺愛している。錨の家に住んでいる。妻については不明だが、『恐怖の深海魚一族』や『カーニさんの花嫁』では結婚しており、パールに「新しいママができる」と言っていた。

親族として三つ子の甥っ子がいる。祖父は健在で、現役の海賊でもある。続柄関係は父、長男、叔父、夫(計二回)、孫息子。パールを除く親族は全てカニである。フランス語スペイン語ラテン語も話せる。

生い立ち[編集]

昔は貧乏で、ジェンキンスがくれたぼろ切れで作ったなどを着ていた。生まれた頃から一緒の幼馴染で、当時は大親友だったプランクトンとともにいじめられていた。また、重度のうつ病を患い孤独な毎日を過ごしていたが後に克服。

初めて手に入れたお金は、遊園地に落ちていた1セント。これ以降お金が大好きになった。

ポセイドーン学校を卒業後ビキニタウン大学に入学した。その後、軍隊(海軍)に在籍。軍籍時のニックネームは「鎧腹のカーニ」。昔海軍で「強い男のトロフィー」を持つほど、たくましい男だった[16]。また、海賊に襲われ、知恵と勇気で海賊から船を守った、という輝かしい武勇伝もある[17]

海軍時代はシェフの仕事をしていた。スポンジ・ボブの代わりに厨房に入った際は失敗ばかりで、客に見放されてしまった(『病気になっちゃった!』、『スポンジ・ボブ クビになる』、『スポンジ・ボブの店』)。

カーニバーガーを完成させた際にプランクトンと仲が悪くなった(『親友?それとも敵?』)。ただし、本当は互いにかつての関係に戻りたがっていることもあり、仲良く喧嘩しているという表現が適切。なので共通の目的があれば手を組んで共闘する。『友情のレシピ』では、渋々ながらも協力した。

その後、ひょんなことから手に入れた破産した老人ホームを改造してカニカーニを作った(『トレーニングビデオ』)。また、初めて稼いだ1ドル札を大事にしている。

年齢的には若そうな見た目であるが、自分で「老いぼれ」といっているなど、見た目よりもいい歳のようである。

恋愛歴[編集]

キャッシーナ (Cashina)
声:松浦チエ/シリーナ・アーウィン
『カーニさんの花嫁』に登場した札束の女性。カーニが恋に落ち、彼と結婚した。実はプランクトンがカーニから秘密のレシピを聞き出すために作ったロボットである。カーニが涙を機械の中に落としたことで正体がバレてしまうが、カーニはを失った悲しみによりいつものようにプランクトンを投げ飛ばさなかった。
パフ先生
声:谷育子(シーズン1 - 8)→高橋里枝(シーズン9以降)/メアリー・ジョー・キャトレット
夫のミスター・パフがいたが、フグ型の照明器具になってしまい、現在は寡婦。
シーズン2でカーニとパフ先生はデートし、それ以降アニメにおいて2人に関する描写はなかったが、シーズン10ではデートして16年目であると語られ、その間も交際が続けられていたことが確定された。

キャラクター[編集]

セッティング・デザイン[編集]

カーニは、ステファン・ヒーレンバーグの人生の特定の人物に基づいたスポンジ・ボブの唯一のキャラクターである[18]。カーニをデザインするとき、ヒレンバーグはシーフードレストランの元マネージャーからインスピレーションを得た。ヒーレンバーグによれば、彼のマネージャーは赤毛で筋肉質で、元軍の料理人だった。これらの3つの特性は、カーニのキャラクターに適合し、カーニの赤い色が髪の毛の代わりになった[19]。カーニの話し方は、メイン州の強いアクセントであり、ヒーレンバーグに海賊を思い出させたレストランのオーナーにも触発された。しかし、所有者は貪欲ではなく、この詳細は「彼にもっと個性を与える」ためにヒーレンバーグによって追加された[18]

ヒレンバーグが最初にカーニを作成したとき、彼とパールの名前はKではなくCで綴られていた。したがって、カーニのレストランの名前は「Crusty Crab」であった。当初名前は「Crabs」にする予定だったが、パイロットフィルムを作っていた時、CからKに変更された。ステファン・ヒーレンバーグは、Kはもっと面白くて記憶に残ると判断した[20]。カーニとパールを錨に住まわせるという決定は、最初のシーズンの制作が開始された後に行われた。ヒレンバーグが1997年にネットワークへのプレゼンテーション資料の一部としてニコロデオンの幹部に示した番組の設定の元の地図には、錨の家が含まれていなかったが、代わりに両方のキャラクターの住居としてカニカーニのラベルが付けられていた[20]

カーニは独特の歩き方をしている。彼が動くとき、彼は彼の足を非常に速く動かし、彼は2本以上の足を持っているかのように見える。初期のエピソードのアニメーションを監督するとき、ヒレンバーグの目標の1つは、各キャラクターがそれぞれの個性を示す個別の歩き方を持つことであった。エリック・ウィーゼ英語版は、漫画のつもりで、カーニの歩行サイクルを設計した。エリック・ウィーゼは、2012年に、「私はカーニの小さな足を4フレームのマルチブラーサイクルでアニメーション化した。 - これは、彼をカニのように歩くための最良の解決策だったと思います」と回想した。ウィーゼがペンシルテスト機でそれを示した後、ヒーレンバーグは歩き方を承認した[21]

キャスティング[編集]

原語版の声は、アメリカの俳優クランシー・ブラウンが演じている。彼がキャラクターに使用する声を「海賊」と表現し、「スコットランドの小さな悪党」と表現している[22]。ブラウンによれば、カーニの声はオーディション中の即興であり、正しい声を見つけるのは難しいことではなかった[22]。ブラウンはこの役を演じるのが好きで、2015年にニューヨークポストに次のように語っている。「時間の終わりまで(声)をやってもかまいません。海底で惨めなカニを演じる実写作品(テレビや映画など)には当然の帰結はありません。[23]

ブラウンは、2005年の雑誌ストロングインタビューで、スポンジ・ボブでの彼の仕事を、彼の生きる役割と比較して、「他のすべてのキャリア」として説明した[24]。ブラウンの他の演技プロジェクトでは、デニス・クエイドを含むスポンジ・ボブゲスト俳優を招き、ブラウンとのエクスプレス/負けざる男たちの仕事はエピソード『海賊カーニさん』のゲスト出演者としての彼の選択につながった[22]

反響[編集]

カーニに対する批判的な意見はまちまちである。ほとんどは、彼のケチに対する批判だった[25]。エコノミストのサラ・ニューカムは、カーニを否定的な固定観念として説明し、ワイリーの本に次のように書いている。

ミダースエベネーザ・スクルージ英語版チャールズ・モンゴメリ・バーンズ社長英語版、カーニは同じケチなキャラクターであり、何よりもお金を大切にする人を表している。[26]

ポーランドの学者バーバラ・チャニャフスカは、「顧客と労働者を同様に搾取する冷酷な資本家」であるにもかかわらず、スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!でのカーニの英雄的な描写を嫌っていた。彼女は後に、番組がキャラクターの「ビジネスにおける合法的な操作と搾取的な権力関係」の使用をどのように正常化したように見えるかを批判した[27]。 逆に、ハフポストの政治活動家ハウィー・クライン英語版は、2006年にカーニは「まさに邪悪な悪役ではなく、貪欲に取りつかれた共和党のタイプ」であると述べ、キャラクターのより肯定的な解釈を提供した。クラインはこのトピックについてスポンジ・ボブの声優トム・ケニーにインタビューした。 ケニーはカーニを石油ビジネスマンのアール・P・ハリバートン英語版と比較し、そのキャラクターをコメディー表現と呼んだ。

「チェックされていない、考えられていない、規制されていない資本主義。(カーニにとって)すべては、社会的責任についてではなく、収益についてです。[28]

2011年の著書「SpongeBob SquarePants and Philosophy」で、政治学者のJ・フォイいくつかの章でカーニの敵対的な側面について論じている。フォイは、プランクトンとカレンではなく、カーニがシリーズの真の邪悪なキャラクターであると主張している[29]。彼はまた、「カーニは彼が経験する苦しみから、または彼が他人に負わせる痛みや闘争を目撃することから学ぶことは決してないようだ」というカーニの性格に関する彼の問題を指摘している[29]コンプレックスの記事で、Debbie Encaladaは、スポンジ・ボブシリーズ全体が社会的規範に挑戦していることを称賛した。パールのシングルファーザーとしてのカーニの描写は、番組の「核家族の考えに微妙に挑戦することによる破壊性」の例として特に強調された[30]ニューズデイのメーガン・ジャノッタは、2016年の記事でそのキャラクターについて前向きに書いている[31]

「カーニさんは 、...ケチなことで知られているかもしれません。しかし、彼はまた決心していて、良い友達であり、父親でもあります。 彼は娘のパールを幸せにするために必要なことは何でもします、そして彼は彼のファーストフードビジネスを保護するのを助けるために極端な手段に行きます。[31]

シーズン4のエピソード「いとしのゲイリー」のレビューで、テレビ批評家のトム・シェイルズ英語版は、カーニを「気さくな」そして「スポンジ・ボブにおいて人々が愛するもの」の1つとして説明した[32]DVD Talkのポール・メイビスは、『トレーニングビデオ』をシリーズ最高のエピソードの1つに挙げ、カーニの裏話のユーモラスな描写をハイライトと呼んだ[33]。 バスケットボール選手のレブロン・ジェームズは、「もし、彼が番組のキャラクターのどれかになるなら、(彼は)カーニになるだろう」と述べている[34]。漫画家のマイケル・カヴナは、レブロン・ジェームズのカーニに対する高評価の意見についてコメントし、ワシントンポスト紙に、それがどのように興味をそそられると感じたと書いている[35]

「億万長者のNBAのバスケットボール選手は、番組のけちに対する彼の敬意を引用している。[35]

カーニは、アメリカンフットボールランニングバックのポジションであるセドリック・ベンソン英語版のお気に入りのスポンジ・ボブのキャラクターでもある[36]

メディア展開[編集]

カーニは、ぬいぐるみ、ビデオゲーム、コミック、トレーディングカードなどの様々な商品で紹介されている[37]。カニカーニは、レゴプレイセットなどとコラボしている[38]。また、アトラクションでの多くのレプリカの基礎となっている。ゲストを迎えるパールの衣装を着たマスコットとアニマトロニクスのカーニをフィーチャーした、カニカーニをモデルにしたフロートが、シー・ワールド英語版の毎週開催される「スポンジ・ボブパレードパンツ」パレードに定期的に登場した[39]。建物の実物大のレプリカが、2014年にパレスチナラマッラーに建設された[40]

2016年1月、ニコロデオンの親会社であるバイアコムは、テキサス州にオープンする予定の同様の営利目的の「カニカーニ」レストランの運営者に対して訴訟を起こした[41]。テキサス州の連邦裁判官は、2017年1月に、計画されたレストランがスポンジ・ボブの資産に対するバイアコムの権利を侵害し、その建設を中止したとの判決を下した[42][43]

2011年、ロック・バンドヨ・ラ・テンゴは、カリフォルニア州ロサンゼルスエル・レイ劇場英語版で、エピソード『ボクは有名人』のカニカーニのコマーシャルのライブバージョンを演奏した。ヨ・ラ・テンゴの最初のツアーの一部として含まれ、それはカーニとしてアイラ・カプラン英語版を主演させた[44]L.A. Record英語版のビリー・ギルは、パフォーマンス全体を賞賛し、カプランの印象を「デッドオン」と呼んだ[45]

スケッチ・コメディーシリーズのロボットチキンのエピソード「Major League of Extraordinary Gentlemen」には、カーニとパールが主演するスキットが含まれている。プログラムの他のほとんどのスケッチのようにストップモーションでアニメーション化されたこのセグメントは、カーニバーガーの秘密のレシピの材料としてカニの足を使用しているカーニを特集している[46]

2006年のサウンドトラックアルバム「Fishin' for Money」の「The Best Day Ever」のトラックは、カーニとしてのクランシー・ブラウンのボーカルパフォーマンスを特集している[47][48]。2017年のスポンジ・ボブのブロードウェイミュージカルでブライアン・レイ・ノリスが演じるカーニは[2]アレックス・エバート英語版が書いた「Daddy Knows Best」というタイトルのパールとのデュエットを歌っている[49]。ミュージカルのブロードウェイ前のレビューで、バラエティのスティーブン・オックスマンは、ミュージカル版のカーニは、アニメ版と比較して「フラット」であり、演劇の適応性があると主張した。

「カーニのお金への執着にも、彼の娘がクジラであるという無意味な要素にも、ユーモアや機知、さらにはエッジさえありません。[49]

2020年に、アニメーターのThrillDaWillによって、「Mr. Krabs Overdoes on Ketamine」いうタイトルのパロディファンゲームが作成された[50]。そのゲームでは、「運が悪かった」カーニが、「(彼の)壊滅的なケタミン中毒のために目的を達成するために歯と爪と戦う。」。

脚注[編集]

  1. ^ Mr. Krabs from SpongeBob SquarePants | Cartoon | Nick.com” (英語). NICK UK. 2020年5月17日閲覧。
  2. ^ a b McPhee, Ryan (Mon Dec 04 19:26:26 EST 2017). “What Did Critics Think of Broadway’s SpongeBob SquarePants Musical?” (英語). Playbill. 2021年6月29日閲覧。
  3. ^ Writers: Andrew Goodman (July 6, 2019). "Senior Discount". SpongeBob SquarePants. Season 12. Episode 251b. Nickelodeon.
  4. ^ Writers: Walt Dohrn, Paul Tibbitt, Merriwether Williams (September 21, 2001). "Sailor Mouth". SpongeBob SquarePants. Season 2. Episode 38a. Nickelodeon.
  5. ^ 日本放送協会『アニメ スポンジ・ボブhttps://www.nhk.jp/p/spongebob/ts/GJX5NW41PP?cid=orjp-anime-spongebob-012021年6月27日閲覧 
  6. ^ スポンジ・ボブ - アニメ声優情報”. www.mau2.com. 2021年6月27日閲覧。
  7. ^ The SpongeBob SquarePants Movie (The Absorbing Tale Behind The SpongeBob SquarePants Movie) (DVD). Paramount Home Entertainment/Nickelodeon.
  8. ^ Writers: Sherm Cohen, Vincent Waller, Merriwether Williams (April 8, 2000). "Hooky". SpongeBob SquarePants. Season 1. Episode 20a. Nickelodeon.
  9. ^ Writers: Aaron Springer, Richard Pursel (March 19, 2009). "Komputer Overload". SpongeBob SquarePants. Season 6. Episode 118b. Nickelodeon.
  10. ^ Writers: Luke Brookshier, Marc Ceccarelli, Steven Banks(April 12, 2012). "For Here or to Go". SpongeBob SquarePants. Season 8. Episode 174b. Nickelodeon.
  11. ^ Foy 2013, p. 49
  12. ^ From Boy to Bob". Nick Mag Presents: SpongeBob SquarePants. Viacom International. June 2003.
  13. ^ Brown, Arthur (2010-12) (英語). Everything I Need to Know, I Learned from Cartoons!. Arthur Brown. ISBN 978-1-4357-3248-3. https://books.google.com/books?id=X-oi8LiETHIC&pg=PA85 
  14. ^ Writers: Aaron Springer, C. H. Greenblatt, Kent Osborne (May 10, 2002). "Krusty Krab Training Video". SpongeBob SquarePants. Season 3. Episode 50b. Nickelodeon.
  15. ^ Writers: Aaron Springer, Eric Shaw (July 24, 2007). "The Krusty Sponge". SpongeBob SquarePants. Season 5. Episode 89a. Nickelodeon.
  16. ^ Amazon.co.jp: スポンジ・ボブ4を観る | Prime Video”. www.amazon.co.jp. 2020年5月17日閲覧。
  17. ^ スポンジ・ボブ シーズン9 #14 ピクニックは楽しいな / カーニさんの武勇伝 | アニメ | GYAO!ストア”. GYAO!. 2020年5月17日閲覧。
  18. ^ a b What a Sponge!”. 2021年6月27日閲覧。
  19. ^ Beck 2013, p. 84
  20. ^ a b "From Boy to Bob". Nick Mag Presents: SpongeBob SquarePants. Viacom International. June 2003.
  21. ^ The Oral History of SpongeBob SquarePants | Hogan's Alley”. web.archive.org (2015年8月31日). 2021年6月27日閲覧。
  22. ^ a b c Beck 2013, p. 86, 88
  23. ^ Miller, Gregory E. (2015年2月1日). “Meet the actor behind Mr. Krabs of ‘SpongeBob Squarepants’” (英語). New York Post. 2021年6月27日閲覧。
  24. ^ The Starlog Group (2005-04). Starlog Magazine 333. https://archive.org/details/starlog_magazine-333JPG 
  25. ^ Gomariz, Pancracio Celdrán (2014-05-13) (スペイン語). Tacaños, generosos y gorrones. La Esfera de los Libros. ISBN 978-84-9060-149-5. https://books.google.com/books?id=UCeZAwAAQBAJ&pg=PT218 
  26. ^ Newcomb, Sarah (2016-04-18) (英語). Loaded: Money, Psychology, and How to Get Ahead without Leaving Your Values Behind. John Wiley & Sons. ISBN 978-1-119-25832-2. https://books.google.com/books?id=8mHLCwAAQBAJ&pg=PA17 
  27. ^ Czarniawska, Barbara (2016-08-26) (英語). A Research Agenda for Management and Organization Studies. Edward Elgar Publishing. ISBN 978-1-78471-702-5. https://books.google.com/books?id=32rPDAAAQBAJ&pg=PA131 
  28. ^ Klein, Howie (2006年9月19日). “Who Would SpongeBob Vote For? And Plankton?” (英語). HuffPost. 2021年6月28日閲覧。
  29. ^ a b Foy 2013, p. 55, 59–60
  30. ^ How “SpongeBob Squarepants” Stayed Fresh and Subversive Over 15 Years” (英語). Complex. 2021年6月28日閲覧。
  31. ^ a b The coolest animated animals from 'Garfield' to 'Scooby-Doo' | Newsday”. web.archive.org (2017年4月15日). 2021年6月28日閲覧。
  32. ^ Arlington Heights Daily Herald Suburban Chicago Archives, Nov 21, 2005, p. 31”. web.archive.org (2019年12月12日). 2021年6月29日閲覧。
  33. ^ SpongeBob SquarePants: SpongeBob, You're Fired! : DVD Talk Review of the DVD Video”. web.archive.org (2014年10月6日). 2021年6月29日閲覧。
  34. ^ James, LeBron (2009). The First 100 Episodes — Square Roots: The Story of SpongeBob SquarePants (DVD). Paramount Home Entertainment.
  35. ^ a b Absorbent And Yellow And Beloved At 10 Is He - The Washington Post | HighBeam Research”. web.archive.org (2017年4月15日). 2021年6月29日閲覧。
  36. ^ Arlington Heights Daily Herald Suburban Chicago Archives, Feb 2, 2007, p. 69” (英語). NewspaperArchive.com (2007年2月2日). 2021年6月29日閲覧。
  37. ^ "Beckett Presents: SpongeBob SquarePants". Beckett Media. November 2009.
  38. ^ Krusty Krab Adventures 3833”. 2021年6月29日閲覧。
  39. ^ Gold Coast Theme Parks Trade Brochure 2012”. web.archive.org (2012年10月11日). 2021年6月29日閲覧。
  40. ^ Nordyke, Kimberly (2014年7月21日). “‘SpongeBob SquarePants’: Real-Life Krusty Krab Restaurant to Open in Palestine (Photos)” (英語). The Hollywood Reporter. 2021年6月29日閲覧。
  41. ^ Real-Life Krusty Krab Restaurant Sued by SpongeBob Parent Company” (英語). Complex. 2021年6月29日閲覧。
  42. ^ Gardner, Eriq (2017年1月11日). “Judge Rules ‘Krusty Krab’ Restaurant Violates Viacom’s ‘SpongeBob’ Rights” (英語). The Hollywood Reporter. 2021年6月29日閲覧。
  43. ^ Gershman, Jacob (2017年1月12日). “SpongeBob and Krusty Krab Prevail in Real-Life Trademark Battle” (英語). Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://blogs.wsj.com/law/2017/01/12/spongebob-and-krusty-krab-prevail-in-real-life-trademark-battle/ 2021年6月29日閲覧。 
  44. ^ The Sponge and the Fury: Ira Kaplan on Yo La Tengo's 'Sitcom Theater'” (英語). LA Times Blogs - Show Tracker (2011年3月3日). 2021年6月29日閲覧。
  45. ^ YO LA TENGO @ EL REY THEATRE”. 2021年6月29日閲覧。
  46. ^ Major League of Extraordinary Gentlemen”. www.youtube.com. 2021年6月29日閲覧。
  47. ^ Spongebob Squarepants: The Best Day Ever - Various Artists : Songs, Reviews, Credits, Awards : AllMusic”. web.archive.org (2012年7月20日). 2021年6月30日閲覧。
  48. ^ The Best Day Ever (CD). United States: Nick Records. September 12, 2006.
  49. ^ a b Oxman, Steven (2016年6月20日). “Pre-Broadway Review: ‘The SpongeBob Musical’” (英語). Variety. 2021年6月30日閲覧。
  50. ^ Mr. Krabs Overdoses on Ketamine (Video Game)”. TV Tropes. 2021年7月1日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]