カスタムメイド10.30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カスタムメイド10.30
監督 ANIKI
脚本 ANIKI
no5
marumaru
製作総指揮 日下孝明
酒匂暢彦
伊藤泰造
松江正俊
三尾和子
音楽 桜井順
撮影 松島孝助
編集 ANIKI
配給 クロックワークス / キネティック
公開 2005年10月29日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

カスタムメイド10.30』は2005年公開の日本映画

広島に住む18歳の高校生、小林マナモ(木村カエラ)を主人公に広島市横川を中心に撮影された新感覚青春音楽ムービー。

スタッフ[編集]

出演[編集]

ほか

映画と奥田民生[編集]

この映画は、元々奥田民生のソロ10周年を記念し、広島市民球場(当時)2004年に行われたライブ「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」のドキュメンタリーとして企画していた物を急遽変更して出来た映画である(タイトルの「10.30」はライブ開催日の10月30日に由来する)。ストーリー展開は「ひとり股旅スペシャル」と同時進行し、クライマックスシーンは実際のライブ中に一発撮りで行われた。

外部リンク[編集]