カイル・クレモンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カイル・クレモンズ Portal:陸上競技
5229 dylan borlee finale 4x400m (25492490483).jpg
選手情報
ラテン文字 Kyle Clemons
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
競技 陸上競技短距離走
種目 400m
大学 アメリカ合衆国の旗 カンザス大学
生年月日 (1990-12-27) 1990年12月27日(28歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アーカンソー州ジョーンズボロ
身長 181cm[1]
体重 72kg
成績
オリンピック 4x400mR:予選1組2着(2016年
世界選手権 4x400mR:予選2組1着(2015年
国内大会決勝 全米選手権
400m:3位(2014年)
全米室内選手権
400m:優勝(2014年)
自己ベスト
400m 44秒79(2016年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

カイル・クレモンズKyle Clemons1990年12月27日 ‐ )は、アメリカ合衆国アーカンソー州ジョーンズボロ出身の陸上競技選手。専門は短距離走400mで、44秒79の自己ベストを持つ。2014年ソポト世界室内選手権の男子400mにおいて銅メダル、同大会男子4×400mリレーにおいて世界記録(当時)を樹立して金メダルを獲得した。2016年リオデジャネイロオリンピック2015年北京世界選手権の男子4×400mリレーでも金メダルを獲得したが、ともに予選のみの出場に終わっている。

経歴[編集]

1990年12月27日アーカンソー州ジョーンズボロに生まれる。母親のヴァラリー・ヒルソン(Valarie Hilson)もアーカンソー大学などで活躍した元陸上競技選手[2]

ローレット高校(Rowlett High School)の2年時から陸上選手としてのキャリアをスタートさせると[3]、2年時と3年時には400mでテキサス州チャンピオンに輝いた[2]

2009年にカンザス大学に進学。屋外と室内のNCAA選手権(全米学生選手権)では、4年間を通じて優勝はおろか決勝に進出することもできなかったが、Big 12選手権では4年時に男子400mと4×400mリレーの2冠を達成した(400mの優勝タイムは45秒10)[4]

2014年[編集]

2月の全米室内選手権男子400m決勝を45秒60で制して初優勝を達成[5]。世界大会初出場となった3月のソポト世界室内選手権には男子400mと4×400mリレーに出場すると、400mは準決勝を46秒06(全体2位)で突破し、決勝ではパベル・マスラク(45秒24)、クリス・ブラウン(45秒58)に続いて45秒74で3位に入り、世界大会初出場で銅メダルを獲得[6]。決勝のみ出場した4×400mリレーはアメリカチームの1走を務めると、3分02秒13の世界新記録(当時)樹立と金メダル獲得に貢献した[注 1][7]。6月の全米選手権男子400m決勝では45秒00の自己ベストをマークして3位に入った[8]

2015年[編集]

5月の世界リレー男子4×400m予選でアメリカチームの2走を務めて決勝進出に貢献した(予選のみの出場)[注 2][9]。6月の全米選手権男子400m決勝では45秒35で5位に入り、北京世界選手権男子4×400mリレーのアメリカ代表の座を掴んだ[10]。7月のパンアメリカン競技大会では男子400mで自身初の44秒台となる44秒84をマークして銅メダルを獲得すると、4×400mリレー(予選でアンカー、決勝で1走)も銅メダル獲得に貢献した[11]世界選手権初出場となった8月の北京世界選手権では、男子4×400mリレー予選でアメリカチームの1走を務めて決勝進出に貢献した(予選のみの出場)[注 3][12]

2016年[編集]

3月の全米室内選手権男子400m決勝で45秒95の2位に終わり、0秒15差で2度目の優勝を逃した[13]。同月のポートランド世界室内選手権では前回大会に続いて男子400mと4×400mリレーに出場すると、400mは準決勝で敗退して2大会連続のメダルを逃したが、決勝のみ出場した4×400mリレーはアメリカチームの1走を務めて優勝に貢献し、2大会連続の金メダルを獲得した[注 4][14]。7月の全米選手権(オリンピックトライアル)男子400mでは準決勝を44秒79の自己ベストで突破すると、決勝は45秒39で6位に入り、リオデジャネイロオリンピック男子4×400mリレーのアメリカ代表の座を掴んだ[15]オリンピック初出場となった8月のリオデジャネイロオリンピックでは、男子4×400mリレー予選でアメリカチームの3走を務めて決勝進出に貢献した(予選のみの出場)[注 5][16]

2017年[編集]

2大会連続の出場となった4月の世界リレー男子4×400m決勝ではアメリカチームの3走を務め(予選は1走)、大会3連覇に貢献した[注 6][17]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風、-は向かい風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
300m 32秒73 2016年6月11日 ジャマイカの旗 キングストン
400m 44秒79 2016年7月2日 アメリカ合衆国の旗 ユージーン
室内
400m 45秒60 2014年2月23日 アメリカ合衆国の旗 アルバカーキ
500m 1分01秒32 2013年2月1日 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2014 世界室内選手権 ポーランドの旗 ソポト 400m 3位 45秒74
4x400mR 優勝 3分02秒13 (1走) 世界記録
2015 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x400mR 予選 3分02秒81 (2走) 決勝進出[注 7]
パンアメリカン競技大会 (en カナダの旗 トロント 400m 3位 44秒84 自己ベスト
4x400mR 3位 3分00秒21 (1走)
世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 4x400mR 予選 2分58秒13 (1走) 決勝進出[注 8]
今季世界最高記録
2016 世界室内選手権 アメリカ合衆国の旗 ポートランド 400m 準決勝 46秒91
4x400mR 優勝 3分02秒45 (1走)
オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 4x400mR 予選 2分58秒38 (3走) 決勝進出[注 9]
今季アメリカ最高記録
2017 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x400mR 優勝 3分02秒13 (3走)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 決勝のメンバーは2走がデイヴィッド・バーバーグ、3走がカインド・バトラー、4走がカルヴィン・スミス・ジュニア
  2. ^ 予選のメンバーは1走がデイヴィッド・バーバーグ、3走がジェレミー・ウォリナー、4走がブライセン・スプラトリング。
  3. ^ 予選のメンバーは2走がトニー・マッケイ、3走がブライション・ネラム、4走がバーノン・ノーウッド
  4. ^ 決勝のメンバーは2走がカルヴィン・スミス・ジュニア、3走がChristopher Giesting(英語版)、4走がバーノン・ノーウッド。
  5. ^ 予選のメンバーは1走がアーマン・ホール、2走がトニー・マッケイ、4走がデイヴィッド・バーバーグ。
  6. ^ 決勝のメンバーは1走がデイヴィッド・バーバーグ、2走がトニー・マッケイ、4走がラショーン・メリット
  7. ^ 予選のみ出場。決勝のアメリカは2分58秒43で優勝。
  8. ^ 予選のみ出場。決勝のアメリカは2分57秒82で優勝。
  9. ^ 予選のみ出場。決勝のアメリカは2分57秒30で優勝。

出典[編集]

  1. ^ プロフィール”. リオデジャネイロオリンピック公式サイト. 2016年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月24日閲覧。
  2. ^ a b プロフィール”. カンザス大学 (2012-2013). 2016年9月2日閲覧。
  3. ^ Gold medal home TBD for Olympic champion, KU track alumnus Kyle Clemons”. CJOnline.com (2016年8月26日). 2016年9月2日閲覧。
  4. ^ Kyle Clemons”. Track & Field Results Reporting System (2016年9月2日). 2016年9月2日閲覧。
  5. ^ 2014年全米室内選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2014年2月). 2016年9月3日閲覧。
  6. ^ 2014年世界室内選手権男子400m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2014年3月8日). 2016年8月31日閲覧。
  7. ^ 2014年世界室内選手権男子4×400mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2014年3月9日). 2016年9月3日閲覧。
  8. ^ 2014年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2014年6月). 2016年9月3日閲覧。
  9. ^ 2015年世界リレー男子4×400m予選リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2015年5月3日). 2016年9月3日閲覧。
  10. ^ 2015年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2015年6月). 2016年9月3日閲覧。
  11. ^ Six-Medal Night Brings Team USA To 41 Total Track And Field Medals In Toronto”. アメリカオリンピック委員会 (2015年7月26日). 2016年9月3日閲覧。
  12. ^ 第15回世界選手権男子4×400mリレー予選リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2015年8月30日). 2016年9月3日閲覧。
  13. ^ 2016年全米室内選手権2日目リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2016年3月). 2016年9月3日閲覧。
  14. ^ 2016年世界室内選手権男子4×400mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2016年3月20日). 2016年9月3日閲覧。
  15. ^ 2016年全米選手権リザルト”. 全米陸上競技連盟 (2016年7月). 2016年9月3日閲覧。
  16. ^ 第31回オリンピック男子4×400mリレー予選リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2016年8月19日). 2016年9月3日閲覧。
  17. ^ Men's 4x400m final - IAAF/BTC World Relays Bahamas 2017”. 国際陸上競技連盟 (2017年4月23日). 2017年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]