コンテンツにスキップ

ライ・ベンジャミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライ・ベンジャミン
2018年
個人情報
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1][2]
生誕 (1997-07-27) 1997年7月27日(26歳)
マウントバーノン (ニューヨーク州)
身長1.91 m (6 ft 3 in)[3]
体重77 kg (170 lb)[3]
スポーツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1][2]
競技陸上競技
種目ハードル競走, 短距離走
大学チームen:USC Trojans (2018)
en:UCLA Bruins (2016, 2017)
チームナイキ[4]
プロ転向2018[4]
担当コーチジョアンナ・ヘイズ[2]
クインシー・ワッツ[2]
Caryl Smith Gilbert[2]
成績・タイトル
自己ベスト
  • 400 m ハードル:46.17(2021年)
  • 400 m:44.31(2019年)[5]
  • 200 m:19.99(2018年)[6][7]
  • 100 m:10.03(2020年)
獲得メダル
陸上競技
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
2020 東京 4x400mリレー
2020 東京 400mH
世界選手権
2019 ドーハ 4×400mリレー
2019 ドーハ 400mH
2023 ブダペスト 400mH
アンティグア・バーブーダの旗 アンティグア・バーブーダ
カリフタゲームズ
2015 バセテール 400 m

ライ・ベンジャミン(Rai Benjamin)はアメリカ合衆国の陸上選手である。400メートルハードルを得意とする。

2019年世界選手権で男子400mと、2020年東京オリンピックの400mハードルで銀メダルを、同大会4 × 400 mリレーで金メダルを獲得。

概要

[編集]

2021年8月3日、2020年東京オリンピック男子400mハードルで世界歴代2位の46秒17を記録して2位に入賞した。

自己ベスト

[編集]

初期の人生とキャリア

[編集]

大学でのキャリア

[編集]

記録

[編集]

パーソナルベスト

[編集]

国際選手権の結果

[編集]

ノート

[編集]

 

出典

[編集]

 

  1. ^ a b Sully, Kevin (2018年10月4日). “Rai Benjamin Cleared To Tompete for the US”. milesplit.com. FloSports, Inc.. 2019年1月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e Lindstrom, Sieg (2019年1月19日). “New Flag, New Beginning for Rai Benjamin”. trackandfieldnews.com. Track & Field News. 2019年1月20日閲覧。
  3. ^ a b Rai Benjamin”. eurosport.com. 2020年9月26日閲覧。
  4. ^ a b Sully, Kevin (2018年6月14日). “Rai Benjamin is Now a Nike Athlete”. flotrack.org. FloSports, Inc.. 2019年1月24日閲覧。
  5. ^ Wharton, David (2019年4月20日). “Mt. SAC Relays' road show ends with some top marks, including Michael Norman's 400 win”. Los Angeles Times. 2019年4月21日閲覧。
  6. ^ Rowbottom, Mike (2018年7月1日). “Norman and Benjamin the latest starts to shine in the IAAF Diamond League”. iaaf.org. IAAF. 2019年1月23日閲覧。
  7. ^ Zaccardi, Nick (2018年6月30日). “Abderrahman Samba runs second-fastest 400m hurdles ever (video)”. nbcsports.com. NBC. 2019年1月23日閲覧。

外部リンク

[編集]

ビデオ

[編集]