リー・エバンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

リー・エバンス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
1968 男子400m
1968 男子4×400mリレー

リー・エドワード・エバンス (Lee Edward Evans、1947年2月25日-)は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手。男子400mの元世界記録保持者で、1968年メキシコシティオリンピック男子400mおよび4×400mリレーの2種目で金メダルを獲得した選手である。

概要[編集]

エバンスは、1966年に4×400mリレーで2分59秒6という史上初めて3分の大台を突破する世界記録を、アメリカチームの一員として達成した。 翌年には、4×220ヤードリレーで1分22秒1の世界記録も達成した。

エバンスは、1968年メキシコシティオリンピックの選考会で、44秒0の世界記録を樹立。ついで、オリンピック本番でも、決勝で43秒86の世界新記録で金メダルを獲得した。

また、4×400mリレーでもアンカーをつとめ、2分56秒16の世界新記録で金メダルを獲得した。

このとき樹立した、400m4×400mリレーの世界記録はその後20年にわたって破られることなく輝き続けた。

外部リンク[編集]