オスカー・ペティフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
生前のペッティフォード(手前)

オスカー・ペティフォード (Oscar Pettiford1922年9月30日 - 1960年9月8日)はアメリカ合衆国のジャズ・ダブルベース奏者・チェロ奏者・作曲家。ビバップ奏法での最初期の演奏者の一人。

伝記[編集]

オクラホマ州
1946年のオスカー

オクラホマ州オクマルギ英語版出身。母はチョクトー族、父はチェロキー族とアフリカ系アメリカ人の子供。[1]

家族バンドで歌い踊り育ったが、12歳でピアノ、14歳でダブルベースを始める。他人のベース演奏が気に入らず、独自の奏法を始めた。ミルト・ヒントンなど、まわりからは称賛されたが、1941年、「これじゃ食えない」と思い引退。数か月後、ヒントンに会い音楽に連れ戻された。

1942年、Charlie Barnetバンドに加入、1943年、コールマン・ホーキンスと『The Man I Love』を録音し、一般の耳目を集める。この時期アール・ハインズベン・ウェブスターとも録音。

1943年にディジー・ガレスピーとバップ・バンドを始める。1945年、ホーキンスとハリウッドに行き、ジャズのサントラで有名なミステリー映画『The Crimson Canary』に出演した。

1945~1948年はデューク・エリントン楽団で、1949年にはウディー・ハーマン楽団で演奏。1950年代は自身のバンドで活動。リーダーとしてキャノンボール・アダレイを発掘。

音楽性[編集]

ガレスピーを含むペティフォード楽団のworried life bluesシングル1945年

ジャズのチェロ・ソロ演奏の創始者。

1949年、腕を骨折し、ベースが弾けなかったのでチェロを試した。

1950年チェロ初録音。

1950年代にDebut、Bethlehem、ABC Paramountなどに録音。

1958年にコペンハーゲンに移住してからはヨーロッパでも録音。

チャールス・ミンガスとともに、ベース奏者のバンド・リーダーとしては最も録音が多い。

1960年にデンマーク・コペンハーゲンでポリオに似た感染症で死去。

盤歴[編集]

リーダー作品[編集]

サイドマン作品[編集]

参照[編集]

リンク[編集]