レナード・フェザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レナード・フェザー
(Leonard Feather)
基本情報
出生名 レナード・ジェフリー・フェザー
(Leonard Geoffrey Feather)
出生 1914年9月13日
出身地 イギリスの旗 ロンドン
死没 1994年9月22日(80歳)
アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州ロサンジェルスシャーマン・オークス地区
ジャンル ジャズブルース
職業 ピアニスト
作曲家
音楽評論家
担当楽器 ピアノ

{{{Influences}}}

レナード・ジェフリー・フェザーLeonard Geoffrey Feather, 1914年9月13日1994年9月22日)は、アメリカ合衆国で活躍したイギリス出身のジャズピアニスト作曲家および音楽プロデューサー。しかし音楽ジャーナリスト音楽評論家としての文筆で最も名高い。作詞家作曲家ロレイン・フェザーの父である。

略歴[編集]

ロンドンにおいて、厳格な国教会信者の、上位中流階級のユダヤ人の家庭に生まれる。正式な音楽教育は受けなかったが、ピアノクラリネットを演奏するようになり、十代後半にはすでにジャズ映画についての文章を手懸けていた。21歳で初めて渡米し、イギリスやアメリカでレコードプロデューサーとして働いた後、1939年ニューヨーク・シティに定住する。1960年ロサンジェルスに移住して、歿年まで『ロサンジェルス・タイムズ』紙の首席ジャズ評論家を務めた。80歳でカリフォルニア州シャーマン・オークスにて永眠。

ダイナ・ワシントンが歌った《イーヴル・ギャル・ブルース(Evil Gal Blues)》《ブロウトップ・ブルース(Blowtop Blues)》など、フェザーが作った楽曲は広く録音されているが、中でもおそらく最大のヒット曲は、ブルースのミュージシャンであるルイス・ジョーダンB・B・キングによって発表された《ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット(How Blue Can You Get?)》である。フェザーがバンドリーダーを務めたアルバムは、いくつか入手可能なものもある。エラ・フィッツジェラルドの持ち歌として名高い、ベニー・ゴルソンが作曲したジャズ・スタンダードの《ウィスパー・ノット(Whisper Not)》に作詞したとも伝えられる(但し誤りとされる)。しかしながらフェザーの最大の遺功は、ジャズを主題とする文筆家としてのものであった。音楽ジャーナリストやジャズ評論家・ジャズ史研究家・講師としての活躍は、「フェザーは長い間、最も親しまれたジャズ評論家であり、最もジャズに影響力のある作家だった」[1]と評されている。

註釈[編集]

  1. ^ Brian Priestley, in Carr, Fairweather, & Priestley, p.248

外部リンク[編集]

音源[編集]