アール・ハインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャールズ・カーペンターとともに

アール"Fatha"ハインズEarl Hines1903年12月28日 - 1983年4月22日)はアメリカ人ジャズ・ピアニストでバンド・リーダー。

ハインズはジャズピアノの開発途上で最も影響力のある人物の一人だったとされる。[1]

アール·ハインズ・ビッグバンドのメンバーだったチャーリー・パーカーの同僚でトランペッターのディジー・ガレスピーは、「彼のピアノは現代的ハーモニーの基本である。シカゴ出身のこの小さな男がジャズピアノのスタイルを変えた。バド・パウエルハービー・ハンコックのルーツは彼だ。皆、彼の後に来た。アール·ハインズがいなければ、今のジャズピアノがどのようにプレイされたのか見当もつかない。個人差はあれど、現代のピアノスタイルはアール・ハインズをお手本としている」と書いた。[2]

初期[編集]

アール·ハインズが生まれたのはデュケーヌで、ペンシルベニア州ピッツバーグの市内中心部から12マイル離れていた。

1925年(22歳)、多くの家族会議の後、ハインズはイリノイ州シカゴに移動した。そこはその頃、世界のジャズの中心であり、ジェリー・ロール・モートンとキング・オリバーが活躍していた。

そして彼はそこでルイ・アームストロングという名の青年と知り合い、親友になり、共演した。

アームストロングは最初の自伝でハインズとの出会いを、

「1926年初頭に、アースキン・テイト教授が、ヴェンドーム劇場の彼の小さな交響楽団に参加しないかと誘ってくるようになり、しばらくして僕は引き受け、アースキンと一年いっしょにいた。さらに知識を得られたんで、それは僕にとって良いことだった。あの偉大なスイング・ピアニスト、アール・ハインズと知り合ったのはヴェンドームでだった。アールは鍵盤をスイングさせられた。彼と僕は最初からお互いを気に入り、後に何度も会うことになった。ヴェンドームに行ってから数か月して別の大きなチャンスがやってきた。アールと僕は劇場が夜に店じまいしてからサンセット・キャバレーで共演することを頼まれた。そこは当時は(シカゴの)サウスサイドの最も洗練され、最も人気のあるナイトクラブの一つだった」

と振り返った。

その後のハインズ[編集]

1966年ダウンビート誌の殿堂の「国際批評家投票」を受賞。また、世界の「第1のジャズ·ピアニスト」に選出され、そしてさらに5回受賞した。

このころジョニー・カーソンとマイク・ダグラスのテレビ番組に出演。

その時から彼の死まで20年間、ハインズは、同時代のキャット・アンダーソン、ハロルド・アシュビー、バーニー・ビガード、ローレンス・ブラウン、デイヴ・ブルーベック(彼らは1975年にデュエットを録音)、ジャッキー・バイヤード(1972年デュエット)、ベニー・カーターバック・クレイトン、コージー・コール、ウォレス・ダベンポート、エディ"ロックジョウ"デイヴィス、ヴィック・ディッキンソン、ロイ・エルドリッジデューク・エリントン(1966年デュエット)、エラ・フィッツジェラルド、パナマ・フランシス、バド・フリーマン、スタン・ゲッツディジー・ガレスピーポール・ゴンザルヴェスステファン・グラッペリ、ソニー・グリア、ライオネル・ハンプトンコールマン・ホーキンスジョニー・ホッジス、ピーナッツ・ハッコー、ヘレン・ヒュームズ、バッド・ジョンソン、ヨナ・ジョーンズ、マックス・カミンスキー、ジーン・クルーパ、エリス・ラーキンス、マリアン・マクパートランド(1970年デュエット)、ジェリー・マリガン、レイナンス、オスカー・ピーターソン(1968年デュエット)、ラッセル・プロコペ、ピーウィー・ラッセル、ジミー・ラッシング、スタッフ・スミス、レックス・スチュワート、マキシン・サリバン、バディ・テイト、ジャック・ティーガーデン、クラーク・テリーサラ・ヴォーン、ジョー・ベヌーティ、アール・ウォーレン、ベン・ウェブスター、テディ・ウィルソン(1965年&1970年にデュエット)、ジミー・ウィザースプーン、ジミー・ウッドとレスター・ヤングと共演。

おそらくもっと驚くべきものであったのは、アルヴィン・バティスト、トニー・ベネットアート・ブレイキー、テレサ・ブリューワー、リチャード・デイヴィス、エルヴィン・ジョーンズ、エタ・ジョーンズ、インク・スポッツ、ペギー・リー、ヘレン・メリル、チャールズ・ミンガス、オスカー・ペティフォード、ベティ・ロシュ、カテリーナ・ヴァレンテ、ダイナ・ワシントン、ライ・クーダーとの共演。

代表曲[編集]

ハインズがアームストロングと共作し、アームストロングの愛唱歌となったものとして、「monday date 」または「a monday date 」もしくは「our monday date 」またの名を「my monday date」という曲がある。

ディスコグラフィ[編集]

  • Louis Armstrong & Earl Hines: inc. "Weatherbird", "Muggles", "Tight Like This", "West End Blues" : Columbia 1928: reissued many times inc. as The Smithsonian Collection MLP 2012
  • Jimmie Noone & Earl Hines: "At the Apex Club": Decca 1928: reissued
  • Earl Hines Solo: 14 of his own compositions: QRS & OKeh: 1928/9: reissued many times (see below)
  • Earl Hines Collection: Piano Solos 1928-40: OKeh/Brunswick/Bluebird: Collectors Classics
  • That's a Plenty, Quadromania series 1928-1947 Membran, four CDs, 2006, an easily available collection
  • Deep Forest, ca. 1932-1933: HEP
  • 'Swingin' Down, 1932-1934: HEP
  • Harlem Lament, 1933-1934, 1937-1938: Columbia
  • Earl Hines - South Side Swing 1934-1935: Decca
  • Earl Hines - The Grand Terrace Band: RCA Victor Vintage Series


  • The Indispensable Earl Hines: Vols 1, 2, 1939-1940, Jazz Tribune/BMG
  • The Indispensable Earl Hines: Vols 3, 4, 1939-1942, 1945, Jazz Tribune/BMG
  • Earl Hines & The Duke's Men: (with Ellington side-men) (1st 1944): reissued Delmark 1994
  • Piano man: Earl Hines, his piano and his orchestra: 1939-1942, RCA Bluebird
  • The Indispensable Earl Hines: Vols. 5, 6, 1944, 1964, 1966, Jazz Tribune/BMG
  • Earl Fatha Hines and His Orchestra: 1945-1951, Limelight 15 766
  • Classics, 1947-1949 (includes Eddie South) Classics Records


  • Louis Armstrong All Stars: Live in Zurich 18 October 1949: Montreux Jazz Label
  • Louis Armstrong & The All Stars: Decca 1950 & 1951: reissued
  • Earl Hines: Paris One Night Stand: Verve/Emarcy France 1957
  • The Real Earl Hines: (1st "Rediscovery" concert at Little Theatre, NY, 1964) Focus & Collectibles Jazz Classics: reissued
  • Earl Hines: The Legendary Little Theatre Concert (2nd "Rediscovery" concert): Muse 1964
  • Earl Hines: Blues in Thirds: solo: Black Lion 1965
  • Earl Hines: '65 Solo - The Definitive Black & Blue Sessions: Black & Blue 1965
  • Earl Hines: Fatha's Hands - Americans Swinging in Paris EMI 1965
  • Earl Hines: Hine's Tune: (live in France with Ben Webster, Don Byas, Roy Eldridge, Stuff Smith, Jimmy Woode & Kenny Clarke): Wotre Music/Esoldun 1965: reissued
  • Once Upon a Time (with Ellington side-men): Verve 1966
  • Jazz from a Swinging Era (with All-Star group in Paris): Fontana 1967
  • Earl Hines & Jimmy Rushing: Blues & Things 1967
  • Earl Hines: At Home: solo (on his own Steinway): Delmark 1969
  • Earl Hines: My Tribute to Louis: solo: Audiophile 1971 (recorded two weeks after Armstrong's death)
  • Earl Hines plays Duke Ellington: vols 1 & 2: solo: New World 1971-1975
  • Earl Hines: Hines plays Hines: The Australian Sessions: solo: Swaggie 1972
  • Earl Hines & Jaki Byard: Duet!: Verve/MPS 1972
  • Earl Hines: Tour de Force & Tour de Force Encore: solo: Black Lion 1972
  • Earl Hines: Live at the New School: solo: Chiarascuro 1973
  • Earl Hines: A Monday Date: reissues of Hines' 15 1928/1929 QRS & OKEH solo recordings: Milestone 1973
  • Earl Hines: The Quintessential Recording Session: solo: Chiaroscuro 1973 (remakes of his eight 1928 solo QRS piano recordings)
  • Earl Hines: The Quintessential Continued: solo: Chiaroscuro 1973 (remakes of his seven 1928/9 solo OKEH piano recordings)
  • Earl Hines/Stephane Grappelli duets, The Giants: Black Lion Records 1974
  • Earl Hines/Joe Venuti duets: Hot Sonatas: Chiaroscuro 1975
  • Earl 'Fatha' Hines: The Father of Modern Jazz Piano (five LPs boxed): three LPs solo (on Schiedmeyer grand) and two LPs with Budd *Johnson, Bill Pemberton, Oliver Jackson: MF Productions 1977
  • Earl Hines: In New Orleans: solo: Chiarascuro 1977
  • An Evening With Earl Hines: with Tiny Grimes, Hank Young, Bert Dahlander and Marva Josie: Vogue VDJ-534, 1977
  • Earl 'Fatha' Hines plays Hits he Missed: (inc Monk, Zawinul, Silver): Direct to Disc M & K RealTime 1978
  • The Complete Master Jazz Piano Series: 13 Hines solo numbers: Mosaic MD4 140 (with Jay McShann, Teddy Wilson, Cliff Smalls, etc.) 1969-1972


参照[編集]

  1. ^ “PBS: Ken Burns Jazz”. PBS.org quoting The New Grove Dictionary of Jazz, Oxford University Press. http://www.pbs.org/jazz/biography/artist_id_hines_earl.htm 2008年3月24日閲覧。 
  2. ^ Gillespie & Fraser 2009, p. 486.

参考文献[編集]

  • Balliett, Whitney (1998), American Musicians II: Seventy-Two Portraits in Jazz, New York: Oxford University Press, ISBN 0-19-512116-3 
  • Balliett, Whitney (2000), Collected Works: A Journal of Jazz 1954-2000, London: Granta Books, ISBN 1-86207-465-8 
  • Basie, Count & Murray, Albert (2002): Good Morning Blues: The Autobiography Of Count Basie. Da Capo Press. ISBN 0306811073/ISBN 978-0306811074
  • Berliner, Paul F. (1994). Thinking in Jazz: The Infinite Art of Improvisation. Chicago & London: University of Chicago Press. ISBN 0-226-04381-9
  • Cohen, Harvey G. (2011), Duke Ellington's America, Chicago: University of Chicago Press, ISBN 0226112632 
  • Collier, James Lincoln (1983), Louis Armstrong: An American Genius, New York, NY: Oxford University Press, ISBN 0-19-503727-8 
  • Cook, Richard (2005), Jazz Encyclopedia, London: Penguin, ISBN 978-0-14-102646-6 
  • Cook, Richard; Morton, Brian (2004), The Penguin Guide to Jazz on CD (7th ed.), London: Penguin, ISBN 0-14-101416-4 
  • Dance, Stanley (1970), The World of Duke Ellington, New York: Da Capo Press, ISBN 0-306-81015-8 
  • Dance, Stanley (1983), The World of Earl Hines, New York: Da Capo Press, ISBN 0-306-80182-5 
  • Dempsey, Peter (2001). Earl Hines. Naxos Jazz Legends. Retrieved July 23, 2006.
  • Doerschuk, Robert L. (2001), 88: The Giants of Jazz Piano, San Francisco: Backbeat Books, ISBN 0-87930-656-4 
  • Downbeat (2009). The Great Jazz Interviews: ed. Frank Alkyer & Ed Enright. Hal Leonard Books. ISBN 978-1-4234-6384-9
  • Epstein, Daniel Mark (1999), Nat King Cole, New York: Farrar, Straus and Giroux, ISBN 0-374-21912-5 
  • Feather, Leonard (1960). The Encyclopedia of Jazz. Horizon Press. ISBN 0-8180-1203-X
  • Feather, Leonard; Gitler, Ira, eds. (2007), The Biographical Encyclopedia of Jazz, New York: Oxford University Press, ISBN 978-0195320008 
  • Giddins, Gary; DeVeaux, Scott (2009), Jazz, New York: W.W. Norton, ISBN 978-0-393-06861-0 
  • Gillespie, Dizzy; Fraser, Al (2009), To Be, or Not ... to Bop, Minneapolis: University of Minnesota Press, ISBN 0816665478 
  • Harrison, Max, Fox, Charles & Thacker, Eric (1984). The Essential Jazz Records Vol 1. Da Capo Press. ISBN 0-306-80326-7
  • Earl Hines. World Book Encyclopedia. Retrieved July 23, 2006.
  • Earl "Fatha" Hines. The Red Hot Jazz Archive. Retrieved July 23, 2006.
  • Kirchner, Bill, ed. (2000), The Oxford Companion to Jazz, New York: Oxford University Press, ISBN 978-0-19-518359-7 
  • Komara, Edward M (1998). The Dial Recordings of Charlie Parker: A Discography. Greenwood Press, Westport. ISBN 978-0-313-29168-5
  • Lester, James (1994), Too Marvelous for Words: The Life & Genius of Art Tatum, New York: Oxford University Press, ISBN 0-19-508365-2 
  • Palmer, Robert (1981). Pop Jazz; Fatha Hines Stom[p]ing and Chomping on at 75. The New York Times, August 28, 1981. Retrieved from The New York Times, July 30, 2006, ISBN 0-8050-7068-0
  • Ratliff, Ben (2002). The New York Times Essential Library: Jazz. New York: Times Books. ISBN 0-8050-7068-0
  • The Rough Guide to Jazz (2004). 3rd edition. Earl Hines, pp. 262–263. Rough Guides. ISBN 1-84353-256-5
  • Russell, Ross (1996), Bird Lives! The High Life and Hard Times of Charlie (Yardbird) Parker, New York: Da Capo Press, ISBN 978-0-306-80679-7 
  • Schuller, Gunther (1991). The Swing Era: The Development of Jazz, 1930-1945, pp. 263–292. Oxford University Press. ISBN 0-19-507140-9
  • Simon, George T. (1974). The Big Bands. Macmillan.
  • Taylor, Jeffrey, ed. (2005), Earl "Fatha" Hines: Selected Piano Solos, 1928-41, Middleton, Wisconsin: A-R Editions, ISBN 0-89579-580-9 
  • Taylor, Jeffrey (2002). Earl Hines and 'Rosetta'. Current Musicology: Special Issue, A Commemorative Festschrift in Honor of Mark Tucker, pp. 71–73 (Spring 2001-Spring 2002).
  • Taylor, Jeffrey (2002). Life With Fatha. I.S.A.M. Newsletter 30 (Fall 2000).
  • Taylor, Jeffrey (1998). Louis Armstrong, Earl Hines, and 'Weather Bird'. The Musical Quarterly 82 (Spring 1998).
  • Williams, Martin T. (1989), Jazz in Its Time, New York: Oxford University Press, ISBN 0-19-505459-8 
  • Wilson, Teddy (1996), Teddy Wilson Talks Jazz, London: Cassell, ISBN 0304336106 

外部リンク[編集]