コールマン・ホーキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コールマン・ホーキンス
Coleman Hawkins
Coleman Hawkins.jpg
コールマン・ホーキンス(1945年)
基本情報
出生名 Coleman Randolph Hawkins
別名 Bean、Hawk
生誕 (1904-11-21) 1904年11月21日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミズーリ州
死没 (1969-05-19) 1969年5月19日(64歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
ジャンル ジャズスウィング・ジャズビバップ
職業 バンドリーダー作曲家
担当楽器 テナー・サックス、バス・サックス、クラリネット
活動期間 1921年 - 1969年
共同作業者 ベン・ウェブスター
マックス・ローチ
フレッチャー・ヘンダーソン

コールマン・ホーキンス[1]Coleman Hawkins1904年11月21日 - 1969年5月19日)は、アメリカ合衆国ミズーリ州出身のジャズサックス奏者。スウィング・ジャズ世代のミュージシャンとしては珍しく、第二次世界大戦後はビバップの分野で活躍し、サックス奏者に限らず、多くの後進ミュージシャンに影響を与えた。

来歴[編集]

1922年ニューヨークに進出し、当初はブルースの分野で活動。1923年フレッチャー・ヘンダーソン楽団に加入。翌年、この楽団にルイ・アームストロングが加入。ニューオーリンズ・ジャズに根ざしたアームストロングのスタイルに影響を受け、ホーキンスも、荒々しさと洒落っ気を兼ね備えた演奏スタイルを確立。やがてフレッチャー・ヘンダーソン楽団の看板奏者に成長していった。

1934年からはヨーロッパに渡り、ジャンゴ・ラインハルトステファン・グラッペリとも共演。1939年に帰国すると、バンド・リーダーとして、後にスタンダード・ナンバーとなる「ボディ・アンド・ソウル」等を録音。

1940年代には、ビバップという新しいジャズが登場。ホーキンスもこの流れに注目し、セロニアス・モンクマックス・ローチ等の若手を育てる。1957年、教え子的存在であるセロニアス・モンクのリーダー・アルバム『モンクス・ミュージック』に、ジョン・コルトレーンアート・ブレイキーと共に参加。

1958年には代表作でもあるアルバム『ハイ・アンド・マイティ・ホーク』を、古くから親交のあったハンク・ジョーンズらと録音。

1960年前後には、トミー・フラナガン等と結成したレギュラー・カルテットで活動し、また、マックス・ローチやバド・パウエルのアルバムにも参加。1962年にはデューク・エリントンと共演。1963年には、ホーキンスの信奉者として知られるソニー・ロリンズと共演。

1960年代後半は活動が停滞し、1969年肺炎で亡くなる。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『ザ・ホーク・リターンズ』 - The Hawk Returns (1954年、Savoy)
  • Timeless Jazz (1955年、Jazztone)
  • The Hawk Talks (1955年、Decca) ※1952年-1953年録音
  • Accent on Tenor Sax (1955年、Urania)
  • The Hawk in Hi Fi (1956年、RCA Victor) ※with Billy Byers and his orchestra
  • 『ホーク・イン・パリ』 - The Hawk in Paris (1956年、Vik) ※with Manny Albam and his orchestra
  • 『ザ・ギルデッド・ホーク』 - The Gilded Hawk (1956年、Capitol) ※with Glen Osser and his orchestra。旧邦題『ホーキンズ・イン・ザ・ムード』
  • 『ザ・ホーク・フライズ・ハイ』 - The Hawk Flies High (1957年、Riverside)
  • 『コールマン・ホーキンス&オール・スターズ・アット・ニューポート'57』 - The Coleman Hawkins, Roy Eldridge, Pete Brown, Jo Jones All Stars at Newport (1957年、Verve)
  • 『コールマン・ホーキンスとベン・ウェブスター』 - Coleman Hawkins Encounters Ben Webster (1957年、Verve) ※with ベン・ウェブスター
  • 『ザ・ジニアス・オブ・コールマン・ホーキンス』 - The Genius of Coleman Hawkins (1957年、Verve)
  • 『コールマン・ホーキンス・アンド・ヒズ・カンフレアス』 - Coleman Hawkins and Confrères (1958年、Verve) ※with オスカー・ピーターソン・トリオ、ロイ・エルドリッジ、ベン・ウェブスター
  • 『ハイ・アンド・マイティ・ホーク』 - The High and Mighty Hawk (1958年、Felsted)
  • 『コールマン・ホーキンス・ミーツ・ザ・ビッグ・サックス・セクション』 - The Saxophone Section (1958年、World Wide)
  • 『ビーン・バグズ』 - Bean Bags (1958年、Atlantic) ※with ミルト・ジャクソン
  • 『ソウル』 - Soul (1958年、Prestige)
  • Hawk Eyes (1959年、Prestige)
  • 『コールマン・ホーキンス・ウィズ・ザ・レッド・ガーランド・トリオ』 - Coleman Hawkins with the Red Garland Trio (1959年、Moodsville) ※with レッド・ガーランド
  • 『ヴェリー・サクシー』 - Very Saxy (1959年、Prestige) ※with バディ・テイト、アーネット・コブ、エディ・ロックジョウ・デイヴィス
  • Coleman Hawkins All Stars (1960年、Swingville) ※with ジョー・トーマス、ヴィク・ディッケンソン
  • At Ease with Coleman Hawkins (1960年、Moodsville)
  • 『コールマン・ホーキンス』 - Coleman Hawkins and His Orchestra (1960年、Crown)
  • 『ザ・ホーク・スウィング』 - The Hawk Swings (1960年、Crown) ※旧邦題『コールマン・ホーキンス・アルバム』
  • 『ナイト・ホーク』 - Night Hawk (1960年、Swingville) ※with エディ・デイヴィス
  • 『ザ・ホーク・リラクシーズ』 - The Hawk Relaxes (1961年、Moodsville)
  • Things Ain't What They Used to Be (1961年、Swingville) ※プレスティッジ・スウィング・フェスティバルでの録音
  • 『ジャズ・リユニオン』 - Jazz Reunion (1961年、Candid) ※with ピー・ウィー・ラッセル
  • 『コールマン・ホーキンス&ロイ・エルドリッジ・アット・ジ・オペラ・ハウス』 - At The Opera House (1961年、Verve) ※with ロイ・エルドリッジ
  • Good Old Broadway (1962年、Moodsville)
  • The Jazz Version of No Strings (1962年、Moodsville)
  • 『ホーキンス!エルドリッジ!ホッジス!アライヴ!』 - Hawkins! Eldridge! Hodges! Alive! At the Village Gate! (1962年、Verve) ※with ジョニー・ホッジス、ロイ・エルドリッジ
  • 『ジェリコの戦い』 - Hawkins! Alive! At the Village Gate (1962年、Verve)
  • Coleman Hawkins Plays Make Someone Happy from Do Re Mi (1962年、Moodsville)
  • 『デューク・エリントン・ミーツ・コールマン・ホーキンス』 - Duke Ellington Meets Coleman Hawkins (1962年、Impulse!) ※with デューク・エリントン
  • 『トゥデイ・アンド・ナウ』 - Today and Now (1962年、Impulse!)
  • 『デサフィナード』 - Desafinado (1962年、Impulse!)
  • 『バック・イン・ビーンズ・バッグ』 - Back in Bean's Bag (1963年、Columbia) ※with クラーク・テリー
  • 『ソニー・ミーツ・ホーク』 - Sonny Meets Hawk! (1963年、RCA Victor) ※with ソニー・ロリンズ
  • 『コールマン・ホーキンスとレスター・ヤング』 - Classic Tenors (1964年、Contact) ※with レスター・ヤング
  • 『ラップト・タイト』 - Wrapped Tight (1965年、Impulse!)
  • 『夜のロンリー・テナー・ムード』 - The Hawk & the Hunter (1965年、Mira)
  • 『ザ・グレイテスト・ジャズ・コンサート イン・ザ・ワールド』 - The Greatest Jazz Concert in the World (1967年、Pablo) ※オムニバス・アルバム
  • Disorder at the Border (1973年、Spotlite) ※1952年録音
  • 『シリウス』 - Sirius (1975年、Pablo) ※1966年12月20日ニューヨーク録音
  • 『1927〜1956』 - Indispensable (1984年、RCA) ※1927年-1956年のコンピレーション
  • 『ボディ・アンド・ソウル』 - Body and Soul (1976年、RCA) ※1939年-1956年のコンピレーション
  • 『レインボウ・ミスト〜アポロ・セッションズ1944』 - Rainbow Mist (1992年、Delmark) ※1944年録音。Apollo recordingsのコンピレーション
  • 『シュープリーム〜ライヴ・アット・レフト・バンク・ジャズ・ソサエティ』 - Supreme (1995年、Enja) ※1966年録音
  • The Best of Coleman Hawkins (2004年、Original Jazz Classics) ※1958年-1962年のコンピレーション

脚注[編集]

  1. ^ コールマン・ホーキンズ」の表記もある。

外部リンク[編集]