エレーノ・ジ・フレイタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレーノ・ジ・フレイタス Football pictogram.svg
Heleno de Freitas Boca Juniors.jpg
基本情報
生年月日 (1920-02-12) 1920年2月12日
出身地 ブラジルサンジョアン・ネポムセーノ
没年月日 (1959-11-08) 1959年11月8日(39歳没)
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1939–1948 ボタフォゴ 235 (209)
1948 ボカ・ジュニアーズ 17 (7)
1949–1950 ヴァスコ・ダ・ガマ - (-)
1950 アトレティコ・ジュニオール 15 (9)
1951 アメリカ 1 (0)
代表歴
ブラジルの旗 ブラジル 18 (19)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エレーノ・ジ・フレイタス(Heleno de Freitas、1920年2月12日 - 1959年11月8日)は、ブラジルミナスジェライス州サンジョアン・ネポムセーノ英語版出身のサッカー選手である。

ストライカーだったエレーノはキャリアの大半をボタフォゴで過ごし、同クラブではその多くがヘディングによる209ゴールをあげた。1948年、アルゼンチンボカ・ジュニアーズに移籍するが、翌年はブラジルに戻り、ヴァスコ・ダ・ガマで1949年のカンピオナート・カリオカに優勝した。彼はリオデジャネイロアメリカでキャリアを終えた。同クラブでの出場は1試合のみで、それは彼にとって最初で最後のマラカナンでの試合だった。彼は未治療梅毒に関連する合併症によって、1959年にバルバセーナの療養所で死亡した。

ジ・フレイタスはブラジル代表では18試合に出場して19ゴールをあげ、チームは1945年1946年コパ・アメリカに準優勝した。1945年大会ではノルベルト・メンデスと並び得点王となった。

マルコス・エドゥアルド・ネヴェスはエレーノ・ジ・フレイタスの伝記 Nunca houve um homem como Helenoポルトガル語で『エレーノのような男はいなかった』)を著した。同書の題名は、リタ・ヘイワースが映画『ギルダ』で演じた登場人物のように、彼も優れた容貌と癇癪持ちだったことから付けられたあだ名「ギルダ (Gilda) 」にちなむ。[1][2][3]コロンビアでは、コロンビア人の作家・スポーツ記者のアンドレス・サルセドが、エレーノ・ジ・フレイタスが主要な登場人物である El día en que el Fútbol Murió: Triunfo y tragedia de un dios (『サッカーが死んだ日:ある神の勝利と悲劇』)という本を執筆した。[4][5][6]

2012年、ブラジルの映画監督ジョゼ・エンリケ・フォンセカはエレーノ・ジ・フレイタスの人生を基にした映画『サッカーに裏切られた天才、エレーノ英語版』(原題:Heleno)を発表した。ロドリゴ・サントロがエレーノ・ジ・フレイタス役を演じた。[7]同作は、サッカーの舞台における彼の業績を描くことよりも、彼の私生活、とりわけエーテル中毒英語版や精神疾患に陥った晩年に焦点をあてたものとなっている。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ヴァスコ・ダ・ガマ

代表[編集]

ブラジル

出典[編集]

  1. ^ As luvas pretas da Gilda” (Portuguese). 2016年11月16日閲覧。
  2. ^ Que fim levou? Heleno de Freitas” (Portuguese). 2016年11月16日閲覧。
  3. ^ Entre a glória e a tragédia” (Portuguese). 2016年11月16日閲覧。
  4. ^ 'El día en que el fútbol murió', un relato sobre Heleno de Freitas” (Spanish). 2016年11月16日閲覧。
  5. ^ Amazon link of the book” (Spanish). 2016年11月16日閲覧。
  6. ^ Spanish blog review of the book” (Spanish). 2016年11月16日閲覧。
  7. ^ Professional review about the film "Heleno"” (Portuguese). 2016年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]