エルミニオ・マサントニオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エルミニオ・マサントニオ Football pictogram.svg
HMasantonio.jpg
名前
ラテン文字 Herminio Masantonio
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1910-08-05) 1910年8月5日
出身地 ブエノスアイレス州の旗 ブエノスアイレス州
エンセナダスペイン語版
没年月日 (1956-09-11) 1956年9月11日(満46歳没)
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1931-1943 アルゼンチンの旗 ウラカン 337 (249)
1943 ウルグアイの旗 デフェンソール 11 (3)
1944 アルゼンチンの旗 バンフィエルド 9 (2)
1945 アルゼンチンの旗 ウラカン 12 (5)
代表歴
1935-1942 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 19 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エルミニオ・マサントニオ(Herminio Masantonio, 1910年8月5日 - 1956年9月11日)は、アルゼンチンブエノスアイレス州エンセナダ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード

経歴[編集]

アルゼンチンサッカーが凋落していた当時、1931年にデビュー。キャリアのほとんどをCAウラカンで過ごし、プリメーラ・ディビシオンの歴史でも屈指のゴールゲッターとなった。CAウラカンでは254得点を挙げてクラブ最多得点記録を保持するほか、プリメーラで358試合に出場して挙げた256得点は、293得点を挙げたアルセニオ・エリコアンヘル・ラブルナに次ぐ3番目の得点記録である。

アルゼンチン代表としても南米選手権に2度(1935年、1942年)出場。それぞれ4得点、7得点を挙げて大会得点王となった[1]。同大会での11得点はジジと並んで12位タイ、2大会にしか出場していない選手の中ではトップの数字である[2]。アルゼンチン代表では、1試合あたり1得点を超える高いゴールアベレージを誇った。

1943年にはウルグアイのクラブCAデフェンソールへ移籍するも、短期間でアルゼンチンへと戻りCAバンフィエルドでプレーした。1945年、キャリアをスタートさせたCAウラカンで引退。

脚注[編集]

  1. ^ 1942年大会はホセ・マヌエル・モレノも7得点を記録し、得点王となった。
  2. ^ 歴史 rsssf Copa América topscorers