エル・シド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エル・シド
El Cid
Torneo1C.JPG
監督 アンソニー・マン
脚本 フレドリック・M・フランク
フィリップ・ヨーダン
原案 フレドリック・M・フランク
製作 サミュエル・ブロンストン
出演者 チャールトン・ヘストン
ソフィア・ローレン
音楽 ミクロス・ローザ
撮影 ロバート・クラスカー
編集 ロバート・ローレンス
製作会社 コロンビア映画
配給 コロンビア映画
公開 イタリアの旗 1961年10月24日
アメリカ合衆国の旗 1961年12月14日
日本の旗 1962年4月27日
上映時間 184分
製作国 イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,200,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $26,620,000[2]
配給収入 3億2707万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

エル・シド』(原題:El Cid)は、1961年制作のイタリアアメリカ合衆国合作の映画。アンソニー・マン監督。チャールトン・ヘストンソフィア・ローレン出演。

11世紀後半のレコンキスタで活躍したカスティーリャ王国の貴族エル・シドことロドリーゴ・ディアス・デ・ビバールRodrigo Díaz de Vivar)の生涯を描いた作品。

ストーリー[編集]

  • 物語は、1080年のスペインから始まる。カスティーリャ王国の若き武将ロドリゴは、イベリア半島に攻め込んで来たムーア人との戦さの末に、敵軍の首長ムータミンとカディアを捕らえたのだが、捕虜として王に引き渡すことなく、生かして逃がしてやった。これに恩を感じたムータミンは、ロドリゴに「エル・シド」の尊称を贈るとともに友情を誓うのだった。
  • しかし、捕虜を逃がしたため、ロドリゴは、反逆者と見なされた。ゴルマス伯爵は、婚約者シメンの父でもあり、最高戦士でもあったが、ロドリゴの父ドン・ディエゴを公の場で激しく侮辱した。これに怒ったロドリゴは、ゴルマス伯爵に謝罪を求めるが、がんとして拒否された。その結果、2人は決闘することになり、激しい闘いの末にゴルマス伯爵が破れて死んだ。息を引き取る父に、敵討ちを頼まれた娘シメンは、ロドリゴを激しく憎むようになった。
  • アラゴン王国は、カスティーリャ王国に、カラオラの地を賭けて、最高戦士同士の一騎討ちの試合を望んできた。ロドリゴは、反逆者の汚名を背負ったまま、挑まれた試合に志願した。苦戦の末、アラゴンの最高戦士ドン・マルティンをからくも倒したロドリゴは、汚名を返上し、名実ともにカスティーリャ王国の最高戦士となった。
  • その後も、王国の英雄として戦功をあげ、その見返りとして、シメンとの結婚を認められるも、シメンのロドリゴへの憎しみは消えなかった。加えて、シメンを愛するオルドニェス伯爵に、ロドリゴ暗殺まで依頼するのだった。ロドリゴは、それらの全てを知りつつも、シメンを愛する気持ちに変わるところはなく、全てを受け入れてシメンと結婚した。しばらくして、フェルナンド王が崩御すると、第2王子アルフォンソが、姉ウラカ王女と結託し、兄であるサンチョ王を暗殺して即位した。また、暗殺の事情に気付いているロドリゴを追放した。これを機に、シメンはロドリゴを愛している自分自身の気持ちに気付き、ロドリゴに付いて行く決心をした。その夜は、馬小屋で過ごして、まことの夫婦となった。ロドリゴを敬愛する忠実な部下ファニェスら、大勢の兵士達が現れ、ロドリゴに「エル・シド」として、スペインのために戦うよう強く願いでた。シメンは、ロドリゴを引き止めるのだが、ロドリゴは自らの意思で戦うことを決めた。愛するシメンを僧院に預けて旅立つのであった。途中、3本の十字架が立っているゴルゴダの丘を思わせるような場所を背景に、ひとりのライ病人が、水を恵んでほしいと近づいてきた。「私を知っているのか?」「はい、この辺りで、わしらのようなものに、水を下さるお方と言えは、エル・シド様以外、誰もおりますまい。神のご加護があらんことを」。(ここで休憩がはいる)
  • 数年後、勇将ロドリゴは、アルフォンソ王に呼び出されたが、王と和解せぬまま決別した。ロドリゴは、王の方針に反して、独自にムーア人の首長であるムータミンらと手を組み、バレンシアを攻略した。周囲の者達が、バレンシア王となることを勧める中、ロドリゴは、バレンシアの王冠をアルフォンソ王に送り届け、王への変わらぬ忠誠を誓うのであった。ところが、攻め込んで来たムーア人の王ベン・ユサフとの戦のさなか、一本の矢が、ロドリゴを射抜いた。急きょ退却はしたものの、瀕死の重体を押しても、兵士達の間に出て、士気を高めようとするのだが・・・。
  • 翌日の出陣では、彼の遺体を馬上にすえつけ、味方の先頭に立たせることで、敵を威嚇すると同時に、味方の士気を高めることに成功。「神とエル・シドとスペインのために!!」。ロドリゴとアルフォンソ王らの軍は敵を一掃した。これにより、ロドリゴは「エル・シド」として、史実から伝説へと進んでいった。

登場人物[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ テレビ東京
エル・シド チャールトン・ヘストン 納谷悟朗
シメン ソフィア・ローレン 今井和子 此島愛子
ベン・ユサフ ハーバート・ロム 今西正男
オルドニェス伯爵 ラフ・ヴァローネ 小林清志 渡部猛
ウラカ王女 ジュヌヴィエーヴ・パージェ 武藤礼子 谷育子
アルフォンソ王子 ジョン・フレイザー 内海賢二 津嘉山正種
サンチョ王子 ゲイリー・レイモンド 仲村秀生
ファニェス マッシモ・セラート 島宇志夫
ドン・ディエゴ マイケル・ホーダーン 清川元夢
ゴルマス伯爵 アンドリュー・クルークシャンク 穂積隆信
アル・ムータミン ダグラス・ウィルマー 宮田光 家弓家正
フェルナンド王 ラルフ・トルーマン 大久保正信

出典[編集]

  1. ^ Cinema: A Round Table of One”. Time (1961年12月22日). 2009年12月11日閲覧。
  2. ^ El Cid (1961) - Box Office/business” (英語). IMDb. 2013年6月5日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)191頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]