エクステ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクステ
監督 園子温
脚本 園子温
安藤正軌
真田真
製作 岡田真
服部紹男
出演者 栗山千明
大杉漣
佐藤めぐみ
つぐみ
町本絵里
佐藤未来
音楽 長谷川智樹
主題歌 町本絵里『ハルカ』
撮影 柳田裕男
編集 伊藤潤一
製作会社 「エクステ」フィルムパートナーズ
配給 東映
公開 日本の旗 2007年2月17日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

エクステ』は、2007年2月17日公開の日本映画

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

水島優子(みずしま ゆうこ)
演 - 栗山千明
主人公。美容師の卵。
姉からの虐待を受け、かつては荒んでいた。姉から姪であるマミを強引に預かる事になり、当初はマミを厄介者扱いしていたが、次第に打ち解け、彼女を妹のように可愛がり、姉妹のような関係を築き上げていく。
水島マミ(みずしま マミ)
演 - 佐藤未来
もう一人の主人公。清美の娘で、優子の姪。
母からの虐待を受けており、その影響から心を閉ざし、異常に礼儀正しく繊細な性格。母によって強引に優子の元に預けられ、初めは険悪な関係だったが、優子とは次第に姉妹のような関係を築いていくことで心を開き、性格も次第に明るくなった。
森田由紀(もりた ゆき)
演 - 佐藤めぐみ
優子の友人にして同居人。ダンサー志望。
水島清美(みずしま きよみ)
演 - つぐみ
優子の姉でマミの母親。非情な性格で、妹と実の娘を虐待する。
中盤で優子の自宅へ押し入り、彼女の服を勝手に持ち出した上、マミを強引に連れ戻した挙句、マミへの暴行を行い押し入れに閉じ込めるも、偶然持ち帰っていたエクステの手にかかり、死亡。
幸田サチ(こうだ サチ)
演 - 町本絵里
優子と同じ美容院で働く美容師。
山崎ぐんじ(やまさき ぐんじ)
演 - 大杉漣
本作の黒幕。普段は警察署の死体安置所に勤めている。
無類の髪フェチで、あらゆる少女の遺体から髪を切り取っていた。序盤で後述の髪が伸びる安置所の少女の死体を持ち出し、彼女から伸び続ける髪を一部切り取り、それをエクステにして各地の美容室に提供し、持ち込んでいた。また、それ以前にも顔見知りの美容院に彼女の髪とは別のエクステを提供していた模様。
安置所の少女(本名不明)
演 - 田井中蘭
髪が伸びる少女の死体で、怪異の発端にあたる本作のキーパーソン。
作中の回想によると臓器売買の被害者で、麻酔をかけられないまま臓器を抜かれた上、髪を全て剃り落とされて命を落とした。
死んだ後、髪を全て剃り落とされた強い怨みから、剃られたはずの髪は伸び続け、傷跡や瞼の裏、舌などと、あらゆる箇所からとてつもない量の髪が生えていた。
山崎が彼女の髪で作ったエクステは、つけた女性の耳から侵入して相手を操り、彼女の死の直前がフラッシュバックしてきたり、とてつもない速さで伸びて相手を襲うなどと、エクステをつけた女性を全員殺していく。
終盤では自らの手で山崎を殺害し、あらゆる箇所から生えていた髪や伸び続けていた髪も切られる前の姿に戻り、安らかに成仏した。

スタッフ[編集]

  • 企画:黒澤満、遠藤茂行
  • プロデューサー:岡田真、服部紹男
  • 脚本:園子温、安藤正軌、真田真
  • 撮影:柳田裕男
  • 美術:福沢勝広
  • 照明:松隈信一
  • 録音:林大輔
  • 編集:伊藤潤一
  • VFX:田中貴志
  • 特殊造型・ヘアディレクション:西村喜廣
  • 音楽:長谷川智樹
  • 製作プロダクション:セントラルアーツ

主題歌[編集]

DVD[編集]

  • エクステ(2007年8月3日、東映)DSTD-2713

外部リンク[編集]