ウォレス・ハートリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォレス・ハートリー
Titanic orchetra.jpg
「タイタニック」のバンドメンバーたち、
中央がウォレス・ハートリー
基本情報
出生名 Wallace Henry Hartley
生誕 1878年6月2日
出身地 イギリスの旗 イギリスランカシャー
死没 (1912-04-15) 1912年4月15日(33歳没)
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
活動期間 1912年

ウォレス・ヘンリー・ハートリーWallace Henry Hartley1878年6月2日 - 1912年4月15日)は、イギリスヴァイオリニストである。タイタニックの処女航海でバンドマスターを務め、彼が率いるバンドのメンバーたちと一緒に、氷山に衝突して沈没する船と運命を共にしたことで名を知られている。

来歴[編集]

ハートリーは、ランカシャー州で生まれ、後にウェスト・ヨークシャー州のデュースベリーに引っ越した。

学校でヴァイオリンを学んだハートリーは、1909年キュナード・ラインで職を得て、主に「モーリタニア」にて働いた。

1912年に、ハートリーはキュナード・ラインやホワイト・スター・ラインの客船に音楽家を派遣していた代理店の「C.W. & F.N. Black,」で働くことになった。

その年の4月、ハートリーはホワイト・スター・ラインの新造船「タイタニック」のバンドマスターの仕事を割り当てられた。ハートリーは最初のうち、最近プロポーズしたばかりだった婚約者のマリア・ロビンソン(Maria Robinson)を残していくことを躊躇したが、タイタニックが与えてくれるはずの将来の仕事への可能性を広げようと、この仕事への参加を承諾した[1]

バンド[編集]

ハートリーのバンドは、彼を含めて8人で構成されていた。

  • ウォレス・ハートリー(バンドマスター、ヴァイオリニスト)
  • ロジャー・ブリコックス(Roger Marie Bricoux、チェリスト
  • ジョン・クラーク(John Frederick Preston Clarke、ベースヴァイオリニスト)
  • パーシー・テイラー(Percy Cornelius Taylor、チェリスト)
  • ジョージ・クリンズ(Georges Alexandré Krins、ヴィオリスト
  • セオドア・ブレイリー(W. Theodore Ronald Brailey、ピアニスト
  • ジョック・ヒューム(John Law "Jock" Hume、ヴァイオリニスト)
  • ジョン・ウェズリー・ウッドワード(John Wesley Woodward、チェリスト)

事故の前までは、バンドは船内の2つの場所に分かれて演奏していた。ハートリーはクインテットのリーダーとなって、ティータイムやディナー後のコンサート、そして日曜礼拝のときに演奏した。ロジャー・ブリコックス、ジョージ・クリンズ、セオドア・ブレイリーの3人は、トリオを組んでレストランやカフェで演奏していた。

タイタニック号の事故[編集]

タイタニックが氷山に衝突して沈み始めた後、ハートリーと彼のバンドは、乗客たちが落ち着いて救命艇に誘導されるようにと、ラグタイムの曲目を演奏した。多数の生存者の証言によると、彼らは最後の最後まで演奏を続けていたという。

ハートリーもバンドのメンバーも生き残ることはできなかったが、彼らのこの話は有名になった。最期に彼らが演奏した曲は不明であるが、『主よ御許に近づかん[2]Nearer, my God, to Thee)だったと一般に思われている。但し、ウォルター・ロードは彼の著書『タイタニック号の最期』で、タイタニックの無線技師だったハロルド・ブライドが、そのとき『秋』という曲を聞いたという記録を明らかにしている[3]

ハートリーの遺体は、事故の約2週間後にマッケイ・ベネット英語版によって引き上げられ、身元が確認された。彼の遺体はホワイト・スター・ラインの汽船「アラビック」(Arabic)でイギリスに運ばれた。葬儀には1000人が出席し、40000人の人々が彼の葬列を見送ったという。

彼は故郷に葬られ、モニュメントの土台にはヴァイオリンが彫刻された。

RMS Titanic Musician's Memorial, Southampton.jpg

遺体が引き上げられた際に身体に結びつけた状態で発見されたバイオリンは、2013年に現存している事が判明した[4]

ハートリーを演じた人物[編集]

関連作品[編集]

  • 『旅の終わりの音楽』

脚注[編集]

  1. ^ ハートリーとバンドのメンバーたちは乗組員ではなく、2等船客の身分で乗り込んでいた。
  2. ^ ヴァイオレット・ジェソップ英語版は、『アレキサンダー・ラグタイム・バンド』の次に『主よ、御許に近づかん』が奏でられ、それが急に途切れると、再び陽気なラグタイムに変わったと証言している。(『タイタニック 百年目の真実』(原題:FAREWELL,TITANIC HER Final LEGACY)2012年、pp161-162)
  3. ^ ブライドが聞いた『秋』という曲は、同名の賛美歌か当時の人気曲『Songe d'Automne』のどちらかであろうと考えられている。
  4. ^ “事故から101年…タイタニック沈没まで演奏のバイオリン発見”. スポーツニッポン. (2013年3月17日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/03/17/kiji/K20130317005410330.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]