エドワード・オースティン・ケント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エドワード・オースティン・ケント
生誕 (1854-02-19) 1854年2月19日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メイン州バンゴー
死没 1912年4月15日(1912-04-15)(58歳)
北大西洋
国籍 アメリカ合衆国
出身校 イェール大学
エコール・デ・ボザール
職業 建築家
ヘンリー・メレン・ケント
ハリエット・アン・ファーンハム

エドワード・オースティン・ケント英語: Edward Austin Kent1854年2月19日 - 1912年4月15日)は、アメリカ合衆国建築家タイタニック号に一等船客として乗船していた。同船の沈没事故では女性や子供が救命ボートに乗るのを助け、自身は犠牲となった[1]

生涯[編集]

エドワード・オースティン・ケントは1854年2月19日にアメリカ合衆国のメイン州バンゴーで、ヘンリー・メレン・ケント(1823年 - 1894年)とハリエット・アン・ファーンハム(1830年 - 1908年)の間に生まれた[2]。一家は南北戦争後にバッファローへ移住し、その地で父のヘンリーが百貨店フリント&ケント英語版を立ち上げている。ケントの弟であるウィリアム・ウィスロップ・ケント[3][4]1860年 - 1955年)は、ヘンリー・ホブソン・リチャードソンの下で学びながら[5][2]建築家としての名を挙げた。もう一人の弟であるチャールズ・ファーンハム・ケント(1856年 - 1878年)は、デンバーにおいて22歳でこの世を去っている[6]。ケントは1875年イェール大学を卒業し[7]、次いでパリボザール様式を中心とした建築学校であるエコール・デ・ボザールを卒業した。1877年にアメリカへ帰国し、シラキュースにあったジョセフ・ライマン・シルスビーの事務所のジュニア・パートナーとなった。1884年にバッファローへ戻った彼はバッファロー建築家協会の設立に尽力し、フリント&ケントなどを含む多くの仕事を受注している[8]。その後は亡くなるまでバッファローで過ごした[9]

1912年、ケントはフランスエジプトで2ヶ月の休暇を取り、帰国後は退職する気持ちを固めていた。彼は新しく贅沢な豪華客船であるタイタニック号の処女航海で帰途に就けるよう、帰国予定を遅らせている。

タイタニック号[編集]

ケントの墓標

1912年4月10日、ケントはシェルブールからタイタニック号に一等船客として乗船した。彼は船内でヘレン・チャーチル・キャンディー英語版アーチボルド・グレーシー4世などと交流を深めている。さらに船に乗り合わせていた作家たちのグループとも交流している。4月14日の午後11時40分、タイタニック号は氷山と接触した。船が沈没し始めると、彼は自分自身の安全は二の次にして、女性や子供救命ボートに乗る手助けを行った。彼が最期に目撃されたのは午前2時20分頃であり、海に投げ出されたあとも自分が助かるような行動は取らなかった。彼の遺体はマッケイ=ベネット英語版によって引き上げられ、帰港後に彼の弟によって確認された。彼はバッファローのフォレスト・ローン墓地英語版に埋葬された[1][10]

作品[編集]

バッファロー・ユニテリアン・ユニヴァーサリズム教会

脚注[編集]

  1. ^ a b Mr. Edward Austin Kent”. Encyclopedia Titanica. 2018年8月21日閲覧。
  2. ^ a b William Winthrop Kent Correspondence”. digitalmaine.com. Maine State Library. 2017年4月28日閲覧。
  3. ^ Times, Special To The New York (1955年11月11日). “Obituary 1 -- No Title”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1955/11/11/archives/obituary-1-no-title.html 2017年4月28日閲覧。 
  4. ^ William Winthrop Kent (Kent, William Winthrop, 1860-1955)” (英語). onlinebooks.library.upenn.edu. University of Pennsylvania. 2017年4月28日閲覧。
  5. ^ Oliver T. Sherwood House, Southport Connecticut”. historic-structures.com. Historic Structures. 2017年4月28日閲覧。
  6. ^ “DIED”. Bangor Daily Whig and Courier. (1878年10月9日) 
  7. ^ Schiff, Judith. “When the Titanic went down | Six Yale men were aboard” (英語). Yale Alumni Magazine (Mar/Apr 2012). https://yalealumnimagazine.com/articles/3390-when-the-i-titanic-i-went-down 2017年4月28日閲覧。. 
  8. ^ Edward Austin Kent in Buffalo, NY”. buffaloah.com. 2018年8月21日閲覧。
  9. ^ “Edward A. Kent of Buffalo.”. The New York Times. (1912年4月16日). https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=990DE5DF153CE633A25755C1A9629C946396D6CF&legacy=true 2017年4月28日閲覧。 
  10. ^ Times, Special To The New York (1912年5月2日). “TITANIC DEAD TO BE BURIED IN HALIFAX; Unidentified and Unclaimed Bodies Will Be Interred Friday by Direction of Coroner.”. The New York Times. https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9C01E4DD153CE633A25751C0A9639C946396D6CF&legacy=true 2017年4月28日閲覧。 
  11. ^ Temple Beth Zion”. buffaloah.com. 2015年9月1日閲覧。
  12. ^ Staff (2017年4月25日). “On the Market: 674 Main Street”. Buffalo Rising. https://www.buffalorising.com/2017/04/on-the-market-674-main-street/ 2017年4月28日閲覧。 
  13. ^ National Register of Historic Place Listings”. nps.gov. National Register of Historic Places. 2015年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]