ジャック・フットレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・フットレル
Jacques Futrelle
Jacques Futrelle.JPG
ジャック・フットレル
誕生 Jacques Heath Futrelle
1875年4月9日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州パイク郡
死没 1912年4月15日(満37歳没)
大西洋タイタニック号沈没事故による)
職業 ジャーナリスト小説家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1905年 - 1912年
ジャンル 推理小説
代表作 思考機械シリーズ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジャック・ヒース・フットレル(Jacques Heath Futrelle, 1875年4月9日 - 1912年4月15日頃)は、アメリカ合衆国ジャーナリスト小説家推理作家

経歴・人物[編集]

1875年アメリカ・ジョージア州に生まれる。劇場支配人などの職を経て新聞王ウィリアム・ハーストの傘下にあったボストンの『ボストン・アメリカン』の編集者になる。1895年に女流作家のL・メイ・ピールと結婚。

1905年、『アメリカン』紙上に「思考機械」の別名を持つ名探偵、オーガスタス・S・F・X・ヴァン・ドゥーゼン教授が活躍する推理小説『十三号独房の問題』を連載し、人気を集めた。以後、「思考機械」ものの推理小説をはじめ、多くの歴史小説や恋愛小説、政治小説やサスペンスなどを発表する。当時は大衆小説の名手として、アメリカのみならずヨーロッパでも評価されていた。

1912年、タイタニック号の遭難事故で死亡。

「思考機械」ものの推理小説は不可能犯罪ものが多いといわれ、M・D・ポーストの「アブナー伯父」と並びアメリカ・ミステリの古典として高く評価される。

著作一覧[編集]

単行本として出版されたもののみ記す。フットレルの小説は新聞・雑誌に発表されたものがほとんどで、単行本になったものは少ない。また、タイタニック号の事故のときに、何編かの思考機械譚が海に沈んだと言われている。

  • 1906年 『金の皿盗難事件』(The Chace of the Golden Plate)- 思考機械ものの長編
  • 1907年 The Thinking Machine - 思考機械もの第一短編集
  • 1908年 The Thinking Machine on the case - 思考機械もの第二短編集
  • 1908年 The Simple Case of Susan
  • 1909年 The Diamond Master
  • 1909年 Elusive Isabel
  • 1911年 The HIgh Hand
  • 1912年 My Lady's Garters
  • 1914年 Blind Man's Buff(イギリスのみ出版)

外部リンク[編集]