ウィリアム・マクマスター・マードック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・マクマスター・マードック(William McMaster Murdoch、1873年2月28日 - 1912年4月15日)は、タイタニック号沈没の際の運行責任者であった。(当時一等航海士だった)

経歴[編集]

 1873年、スコットランドダルビーティで生まれる。
 1887年、ダルビーティ高校を卒業。リバプールのWilliam Joyce & Coy社で5年間航海士訓練生として勤務。
 1900年から1912年にかけて、セルティック号、ジャーマニック号、アドリアティック号などに乗務。タイタニック号の姉妹船、オリンピック号にも1911年から1年間乗務した。
 1903年、ニュージーランドで教師をしていたエイダ・フローレンスと出会う。
 1912年3月、タイタニック号乗務を命じられる。
 マードックは当初航海士長だったが、オリンピック号からヘンリー・ティングル・ワイルドが航海士長として転属してきたため、急遽一等航海士に格下げされた。
 1912年4月15日、タイタニック号沈没とともに死去。享年39。

参考文献[編集]

  • 福知 怜『タイタニック号99の謎』、二見書房、1998年 ISBN 4-576-98073-4

関連項目[編集]