オリンピック (客船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
船歴
起工 1908年12月16日
進水 1910年10月20日
就航 1911年6月14日
その後 1935年引退
性能諸元
総トン数 45,324トン
排水量 52,067 トン
全長 269.0 m
全幅 28.2 m
吃水 10.5 m
機関
馬力
速力 21ノット
乗客定員

オリンピック (RMS Olympic) は、1900年代イギリスホワイトスターライン社がイギリスやアイルランドなどヨーロッパ各地とアメリカ東海岸のニューヨークなどの航路に就航した客船。不幸で短命だった姉妹船のタイタニックブリタニックと異なり、24年におよぶ長い就航期間と、逆に軍艦を沈める戦果を上げるなどの活躍ぶりから「Old Reliable(頼もしいおばあちゃん)」の愛称を持つ。 オリンピックの名はギリシャ神話オリュンポスからとられている。

概要[編集]

1912年4月15日に沈没したタイタニックの姉妹船で、造船業のハーランド・アンド・ウルフ社の会長が、ホワイトスターライン社のイズメイ社長に、ライバル関係にあったキュナード社のルシタニアモーリタニアの姉妹船と対抗すべく三隻の大型客船造船を発案したのが発端である。その三隻の船の先駆けとしてアイルランドベルファストのハーランド・アンド・ウルフで起工し、ほぼ同時期に二番船タイタニックが造船され、少し遅れて三番船のブリタニックの造船が開始された。


衝突事故の検証写真。舷側に穴が開いたオリンピックと艦首を粉砕されたホーク。

当時は世界で最も巨大な船で、今でいう巨大クルーズ船と並ぶほどの位置づけであった。それに加え“絶対に沈没しない”という不沈伝説まで生まれたが、処女航海タグボート「O・L・ハーレンベック」を巻き込みそうになったり、1911年9月20日にはイギリス海軍エドガー級防護巡洋艦ホーク」と衝突事故を起したりと、その先行きはタイタニックの悲劇を暗示しているようにも感じられる。そして極めつきは妹船のタイタニックの沈没で、その神話はもろくも崩れた。タイタニックからSOSを受信し救難に向かった船の1隻であるが、両船は800kmも離れており、沈没現場に到着したのは先に到着したカルパチアが遭難者を救助した後であった。

姉妹船タイタニック[編集]

姉妹船タイタニック号と並ぶオリンピック号
オリンピック号
タイタニック号

オリンピックは三姉妹船で、タイタニックブリタニックの二隻の妹船が存在し、それら姉妹船をまとめてオリンピッククラスと呼んでいた。沈没事故、その後の映画などでタイタニックが有名になるが、寧ろ当時はオリンピックがその代表船であった。

タイタニックとは同時期に造船が開始されたこともあって瓜二つであり、タイタニックの写真としてオリンピックの写真を使われる例がよくあった。しかし一番船として先に竣工したオリンピックの改善点を受けて、タイタニックの設計は多少変更され、外観も二つの姉妹船は多少異なっていた。その代表としてAデッキの一等専用プロムナード(遊歩道)の窓が、オリンピックは全体が海に対しベランダ状に吹きさらしになっていたのに対し、タイタニックは前半部がガラス窓が取り付けられた半室内状に変更された。これは北太平洋の寒い強風から乗客を守るためである(後に竣工したブリタニックのプロムナードの窓もタイタニックと同じ作りである)。またオリンピックはBデッキ全体にもプロムナードデッキが設けられていたが、タイタニックではBデッキのプロムナードデッキが廃止され、窓際全体を1等客室に変更された。その為1等客室の数がタイタニックに比べ少なく、総トン数もタイタニックより僅かに軽かった。

タイタニックの沈没後、未だブリタニックの造船も進んでいない中、オリンピックは1船体制で大西洋を駆け巡っていた。タイタニックの沈没を受けて、ホワイトスターライン社はオリンピックの船体側面を2重構造化、救命ボートの数を倍以上に増やし、乗客の信頼を取り戻すのに必死であった。

第一次世界大戦[編集]

1914年に勃発した第一次世界大戦において、オリンピックは当初徴用を免れていた。1914年10月27日アイルランド北方で触雷したイギリスの戦艦オーディシャスの曳航を要請され、救助を行ったが、荒天のために曳航綱が切れ、オーディシャスは沈没した。

1915年9月にオリンピックはイギリス海軍省の命を受けて軍用輸送船として徴用された。12ポンド砲と4.7インチ機関銃を取り付け、1915年9月24日に輸送船2410として、リバプールからガリポリに向けて部隊を輸送する任務についた。その後、東地中海において輸送任務を続けた。

この時、竣工直後の妹船であるブリタニックも病院船としての徴用を命じられていたが、翌年の1916年ドイツ軍機雷に触れて沈没してしまった。

迷彩塗装を施されたオリンピック

1916年から1917年にかけて、カナダ政府の元で、ハリファクスからイギリスへの部隊輸送を行った。1917年には、6インチ機関銃を装備し、迷彩塗装を施された。 1917年にアメリカが参戦すると、アメリカからイギリスへの大量の部隊輸送を行うことになった。

1918年5月12日に、ドイツ潜水艦U-103から雷撃を受けたが、船長バートラム・フォックス・ヘイズは、雷撃を回避した後に回頭して衝角攻撃を行い、巨大な船体を体当たりさせてU-103を撃沈した。第一次世界大戦中において、商船が軍艦を撃沈した唯一の事例と見られる。この行動には批判もあったが、ヘイズはアメリカ政府から殊勲十字勲章を授与されている。

第一次世界大戦を通して、オリンピックは34万7千トンの石炭を消費して、12万人の兵員を輸送し、18万4千マイルを走った。戦後、客船となり点検を受けた際に、喫水線の下にへこみが見つかり、調査の結果、不発の魚雷の衝突痕とされた。もし爆発していれば、沈没は免れなかったと考えられる。

再び客船として就役[編集]

オリンピックは第一次世界大戦終結後に再び客船として就役し、その後20年近く現役の客船として栄光を保ち続けた。500回もの大西洋横断をこなし、晩年には「Old Reliable(頼もしいおばあちゃん)」という愛称で親しまれ、1935年に引退した。

解体ドックに移されたモーリタニア(右)とオリンピック(左)

引退後のオリンピックは解体される予定であったが、豪華な内装を持つこの船を廃棄するのは惜しいという声があがり、内装の一部がオークションにかけられた。そしてダイニングの内装をイギリスの夫人が買い取り、屋敷として使用した。

夫人の死後、その屋敷もまたオークションに出されていたが、世界有数の船会社であるロイヤル・カリビアン社が落札。自社の船である2000年竣工のミレニアムのレストランに使用することが決定した。そのレストランは「オリンピック・レストラン」という名で呼ばれており、室内はオリンピックのダイニングがそのまま利用されている。オリンピックで使われていた食器類も飾られており、タイタニックとほとんど同じ内装であることから映画『タイタニック』の人気を受け、そのレストランは連日の人気である。

すり替え説[編集]

沈没した姉妹船のタイタニックとオリンピックは、すり替えられていたという説がある。

この説の『根拠』はいくつかあり、完成時のスクリュープロペラが写されている写真で、スクリューに書かれている番号がタイタニックの番号であったり(これはタイタニックが建造中に起こったオリンピックと巡洋艦ホークとの衝突事故でスクリューが破損し、タイタニック用に準備されたものを転用したと考えられる)、客船の窓数も“沈没した”タイタニックと同じ数(オリンピックとタイタニックではわずかに異なるが、会社側がオリンピックの宣伝用として、同型船の写真を使用したと考えられる)であったりするなどというもので、いずれも写真の誤った解釈に基づくものである。

たとえ同型船とはいえ両船には相違点がいくつか存在し、それらをすべて隠蔽するのは不可能と考えられることから、すり替え説は都市伝説の一種とされる。それでもこの説はただの噂にとどまらず、世間一般に『事実』として広く認知されており、著作物として公刊もされている。それによると、すりかえは保険金詐欺を目的にしたものだというもっともらしい説明がなされている[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]