主よ御許に近づかん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

主よ 御許に近づかん」(しゅよ みもとにちかづかん、: "Nearer, My God, to Thee")は、賛美歌の一つ。「讃美歌」320番、「讃美歌21」では434,435番、「聖歌」260番、「聖歌 (総合版)」238番、「教会讃美歌」471番。

概要[編集]

原曲は元々民謡として以前より存在していたとも言われており、詩は旧約聖書創世記28章11節・12節を基に19世紀英国サラ・アダムス英語版によって作詞された。現在知られている旋律は米国ローウェル・メイスンによって書き起こされた「ベサニー」("Bethany") である。ほかにもジョン・バッカス・ダイクスの「ホーベリー」("Horbury") や、サミュエル・セバスチャン・ウェスレーの「コミュニオン」("Communnion") がある。メソジスト教徒はアーサー・サリバン卿によって書かれた旋律 "Propior Deo" を好む。

エピソード[編集]

登場する作品[編集]

  • テレビアニメ『フランダースの犬』の最終回のクライマックスのBGM。
  • 複数のタイタニック号の沈没を描いた映画の挿入曲。
  • アニメ映画『銀河鉄道の夜』でタイタニック号をモチーフにしたと推定される沈没船の場面でコーラスバージョンが挿入される[2]
  • テレビアニメ『みつどもえ 増量中!』の第4話のエンディングテーマ。
  • 漫画『天を見つめて地の底で』の第2部「果てしなき航海」でバンドメンバーがタイタニック号と運命を共にすることになった乗員乗客のために演奏していたが、遂に船が沈没する直前に賛美歌「主よ御許に近づかん」が船内に流れた。

英語の一般的な歌詞[編集]

日本語への翻訳[編集]

1874年に出版された
摂津第一公会の讃美歌集に
収録された歌詞
現代カトリックの歌詞
我の神に近づかん
よしや優(うれひ)に忍びなん
われ歌ふべき吾の神に
近づかましともならん
さまよふままに我等も
目さへくらみ猶うたふ
岩の枕ねむらんときに
神と吾やあらんかも
主よ御許に近づかん
登る道は十字架に
ありともなど悲しむべき
主よ御許に近づかん
現し世をば離れて
天翔ける日来たらば
いよいよまず御許に行き
主の笑顔を仰ぎ見ん

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『讃美歌略解(歌詞の部)』184-185ページ
  2. ^ 宮沢賢治の原作では、推敲によって破棄された草稿に、この曲の歌詞を記した箇所が存在する。