インドの世界遺産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インド世界遺産は、ユネスコに40件が登録されている(2021年8月時点)。32点は文化遺産、7点は自然遺産、1点は複合遺産である。インドは世界で6番目に登録数が多い。

マナス国立公園は1992年に危機遺産リストに登録されたが、改善の結果2011年に除外された[1]ハンピは1999年に危機遺産に登録されたが、保護活動の結果、2006年に除外された[2][3]

地図[編集]

文化遺産[編集]

ラージャスターン州のジャイサルメール城塞
  1. アジャンター石窟群 - (1983年)
  2. エローラ石窟群 - (1983年)
  3. アーグラ城塞 - (1983年)
  4. タージ・マハル - (1983年)
  5. コナーラクのスーリヤ寺院 - (1984年)
  6. マハーバリプラムの建造物群 - (1984年)
  7. ゴアの教会群と修道院群 - (1986年)
  8. カジュラーホーの建造物群 - (1986年)
  9. ハンピの建造物群 - (1986年)
  10. ファテープル・シークリー - (1986年)
  11. パッタダカルの建造物群 - (1987年)
  12. エレファンタ石窟群 - (1987年)
  13. 大チョーラ朝寺院群 - (1987年、2004年拡張)
  14. サーンチーの仏教建造物群 - (1989年)
  15. デリーのフマーユーン廟 - (1993年)
  16. デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群 - (1993年)
  17. インドの山岳鉄道群 -(1999年、2005年)
  18. ブッダガヤの大菩提寺英語版)-(2002年)
  19. ビームベートカーの岩陰遺跡 -(2003年)
  20. チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧ヴィクトリア・ターミナス駅) -(2004年)
  21. チャーンパーネール・パーヴァーガド遺跡公園 -(2004年)
  22. 赤い城の建造物群 - (2007年)
  23. ジャイプルのジャンタル・マンタル - (2010年)
  24. ラージャスターンの丘陵城塞群 - (2013年)
  25. グジャラート州パータンのラーニー・キ・ヴァーヴ(王妃の階段井戸) - (2014年)
  26. ビハール州ナーランダーのナーランダー・マハーヴィハーラ(ナーランダ僧院)の考古遺跡 - (2016年)
  27. ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-(ほか6か国と共有)- (2016年)
  28. アフマダーバードの歴史都市 - (2017年)
  29. ムンバイのヴィクトリアン・ゴシックとアール・デコの遺産群 - (2018年)
  30. ラジャスタン州ジャイプル市街 - (2019年)
  31. テランガーナ州カーカティーヤルドレシュワラ(ラマッパ)寺院 - (2021年)
  32. ドーラビーラ : ハラッパー文化の都市 - (2021年)

時代別[編集]

後期旧石器時代[編集]

マウリヤ朝[編集]

グプタ朝[編集]

パッラヴァ朝[編集]

前期チャールキヤ朝[編集]

プラティハーラ朝[編集]

ラーシュトラクータ朝[編集]

チャウルキヤ朝[編集]

チャンデーラ朝[編集]

チョーラ朝[編集]

奴隷王朝クトゥブッディーン・アイバク[編集]

ヴィジャヤナガル王国[編集]

ムガル帝国[編集]

自然遺産[編集]

  1. カジランガ国立公園 - (1985年)
  2. マナス国立公園 - (1985年)
  3. ケオラデオ(ケーオラーデーオ)国立公園 - (1985年)
  4. スンダルバンス国立公園 - (1987年)
  5. ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園 - (1988年、2005年拡張)
  6. 西ガーツ山脈 - (2012年)
  7. 大ヒマラヤ国立公園保護地域 - (2014年)

複合遺産[編集]

  1. カンチェンゾンガ国立公園 - (2016年)

その他ギャラリー[編集]

地域別[編集]

アッサム州[編集]

ウッタラーカンド州[編集]

ウッタル・プラデーシュ州[編集]

オリッサ州[編集]

カルナータカ州[編集]

グジャラート州[編集]

ケーララ州[編集]

ゴア州[編集]

シッキム州[編集]

タミル・ナードゥ州[編集]

チャンティーガル[編集]

テランガーナ州[編集]

デリー[編集]

西ベンガル州[編集]

ビハール州[編集]

ヒマーチャル・プラデーシュ州[編集]

マディヤ・プラデーシュ州[編集]

マハーラーシュトラ州[編集]

ラージャスターン州[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Successful preservation of India's Manas Wildlife Sanctuary enables withdrawal from the List of World Heritage in Danger🔥”. UNESCO. 2011年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月21日閲覧。
  2. ^ World Heritage Committee Adds Four Sites to the List of World Heritage in Danger”. UNESCO. 2011年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月12日閲覧。
  3. ^ Cologne Cathedral (Germany), Djoudj Bird Sanctuary (Senegal), Ichkeul National Park (Tunisia), and Hampi (India) removed from List of World Heritage in Danger”. UNESCO (2006年7月10日). 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]