ブリハディーシュヴァラ寺院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブリハディーシュヴァラ寺院
地図

ブリハディーシュヴァラ寺院(ブリハディーシュヴァラじいん、英語:Brihadeeshvara Temple、タミル語:பெருவுடையார் கோயில்)は、インドタミル・ナードゥ州タンジャーヴール県の都市タンジャーヴールに存在するヒンドゥー教寺院。ブリハディーシュヴァラル寺院(Brihadeeshvarar Temple)、ラージャラージェーシュヴァラ寺院(Rajarajeshvara Temple)、ラージャラージェーシュヴァラム寺院(Rajarajeshvaram Temple)とも呼ばれる[1]

全体が約75メートル×150メートルの回廊で囲まれ、60メートルを超えるヴィマーナをもつ[2]。東西の軸線上にゴープラナンディ祠堂、2つのマンダパ(礼拝堂)、前室、聖所が並べられ、その規模や構成から南方型ヒンドゥー教寺院建築の頂点と評される[2]

歴史[編集]

1002年チョーラ朝の君主ラージャラージャ1世によって建設され[3]1010年に完成した。なお、当時の名はラージャラージャ1世の名を冠した「ラージャラージェーシュヴァラ寺院」であった。

現在、大チョーラ朝寺院群の一部として世界遺産に登録されている。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ South Indian Inscriptions – Vol II, Part I & II
  2. ^ a b アジア都市建築研究会 布野修司(編)『アジア都市建築史』昭和堂 2003 ISBN 4812203163 pp.152-153,171-173.
  3. ^ The Chola Dynasty 300 B.C. to 1250 A.D.”. kamat.com. 2008年1月22日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯10度46分58秒 東経79度07分54秒 / 北緯10.78278度 東経79.13167度 / 10.78278; 79.13167