ミャンマーの世界遺産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミャンマーの世界遺産について説明する。ミャンマー世界遺産条約承認は1994年のことである。

文化遺産[編集]

  • ピュー古代都市群 - 2014年
  • バガン - 2019年
    • 「バガンの考古地域と記念建造物群」は、1997年の第21回世界遺産委員会(ナポリ)で、「情報照会」と決議されていた[1]。このときに問題となったのは、ゴルフ場をはじめとする周辺環境との兼ね合いであった[2]

自然遺産[編集]

なし

複合遺産[編集]

なし

暫定リスト[編集]

ミャンマーは世界遺産の暫定リストに以下の7件を記載している(いずれも記載は1996年)[3]

脚注[編集]