イオンモール都城駅前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イオンモール都城駅前
ÆON MALL MIYAKONOJO EKIMAE
2016年3月17日撮影
2016年3月17日撮影
店舗概要
所在地 885-0023
宮崎県都城市栄町4672番5
座標 北緯31度44分7秒 東経131度4分48.1秒 / 北緯31.73528度 東経131.080028度 / 31.73528; 131.080028座標: 北緯31度44分7秒 東経131度4分48.1秒 / 北緯31.73528度 東経131.080028度 / 31.73528; 131.080028
開業日 2008年平成20年)12月1日
施設所有者 イオンモール株式会社
施設管理者 イオンモール株式会社
設計者 竹中工務店九州支店
施工者 竹中工務店九州支店
敷地面積 53,000 m²
延床面積 64,266 m² (容積率121%)
商業施設面積 29,200 m²
中核店舗 イオン都城駅前店
店舗数 ÆONと約100の専門店
営業時間 公式サイト参照
駐車台数 1,725台
前身 都城ショッパーズプラザ

イオンモールMiELL都城駅前
商圏人口 75,000世帯、198,000人
最寄駅 九州旅客鉄道 (JR九州)都城駅
最寄IC NEXCO West.png都城IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg

イオンモール都城駅前(イオンモールみやこのじょうえきまえ)は宮崎県都城市にある、イオンモール株式会社が運営するショッピングセンター

都城ショッパーズプラザ(みやのこじょうショッパーズプラザ、ダイエー都城店)を建て替える形で建設され、2008年12月1日イオンモールMiELL都城駅前(イオンモールミエルみやこのじょうえきまえ)として正式に開業し、2011年10月21日に現名称に改称された。

概要[編集]

開業当初運行されていたお買物バス(宮崎交通)

店舗名のとおり都城駅近隣の国道269号沿いに立地する。イオン都城駅前店を核テナントに100前後の専門店が入る。 開業当時はイオングループの施設としては初めてでなおかつ唯一ダイエーを核店舗とするショッピングセンターであった(ダイエーがメインテナントとなった理由については、ダイエーがイオンとの資本関係締結などの経緯などがあるため、旧ダイエー都城店の項を参照)。丸亀製麺、ゴルフ5、ペットシティ(現:イオンペット)は宮崎県初進出で、無印良品は宮崎県内のイオンモールでは初出店

都城駅からイオンモール(バス停留所の名称は「イオンモール・ミエル」)へは宮崎交通の路線バスが運行され、2008年の開業より2009年11月20日までは買い物客を対象としたお買物バス(無料)が運行されていた。

着工時点までは『イオンモール都城』の仮称があり[1]、2008年6月に正式名称が『イオンモールMiELL(ミエル)[2]都城駅前』と決定された。Mは宮崎の都城、iは自分、Eは毎日(Everyday)、Lは生活(Life)と変わる(Link)の意をもつ。また、イオンモールが新規に開業した商業施設ではじめて、ダイヤモンドシティの吸収合併で引き継いだ商業施設と同様に(例:『イオンモール熊本クレア』)、施設名称に地名に加えて愛称を採用した。その後、イオンモールの方針により同社のショッピングセンター名を「イオンモール+地域名」に統一することとなり、2011年10月21日、旧ダイヤモンドシティの店舗とともに現名称に改称された。

主なテナント[編集]

イオン都城駅前店
ÆON Miyakonojo Ekimae
建物左手がダイエー都城駅前店(2008年撮影当時)
建物左手がダイエー都城駅前店(2008年撮影当時)
店舗概要
所在地 885-0023
宮崎県都城市栄町4672番5
開業日 2008年(平成20年)12月1日
施設所有者 イオンモール株式会社
施設管理者 イオン九州株式会社
商業施設面積 6,704 m²
営業時間 9:00 - 22:00
駐車台数 1,725台
駐輪台数 155台
前身 ダイエー都城店
(都城ショッパーズプラザ[3]

ダイエー都城駅前店
最寄駅 九州旅客鉄道 (JR九州)都城駅
最寄IC NEXCO West.png都城IC
外部リンク イオン都城駅前店
ÆON KYUSYU

出店テナントの詳細は公式サイト「ショップリスト」を参照。


旧ダイエー都城店[編集]

都城ショッパーズプラザ
(ダイエー都城店)
Miyakonojo SHOPPERS PLAZA
2003年末のダイエー都城店(開店時刻前の状況)。店舗左手の駐車場が拡張部分で、イオンモール都城駅前の建物はここに建設され、旧店舗はその駐車場となった。
2003年末のダイエー都城店(開店時刻前の状況)。店舗左手の駐車場が拡張部分で、イオンモール都城駅前の建物はここに建設され、旧店舗はその駐車場となった。
店舗概要
所在地 885-0023
宮崎県都城市栄町4672番20
座標 北緯31度44分5.521秒 東経131度4分41.952秒 / 北緯31.73486694度 東経131.07832000度 / 31.73486694; 131.07832000 (都城ショッパーズプラザ)
開業日 1973年昭和48年)11月30日
閉業日 2008年(平成20年)7月6日
施設所有者 株式会社ダイエー
施設管理者 株式会社ダイエー
敷地面積 57,000 m²
商業施設面積 11,921 m²
中核店舗 ダイエー都城店
店舗数 daieiと20の専門店
営業時間 10:00 - 23:00
駐車台数 2,000台
後身 イオンモールMiELL都城駅前(ダイエー都城駅前店)
最寄駅 九州旅客鉄道 (JR九州)都城駅
最寄IC NEXCO West.png都城IC
daiei

1973年にオープンしたダイエー都城店は、市の内外から多数の顧客を集め、都城地域で最も繁栄する大型店となった。その最大の魅力は大規模な無料駐車場で、道路を隔てた隣地と、そこからスロープで結ばれた店舗屋上に、計800台前後の駐車場が無料で提供された。また、店舗が2階建てである点も、市民から「買いやすい」と好評を呼び、とくに1階奥の食料品売場は、平日・休日を問わず、多数の主婦や家族連れでにぎわった[5]

ダイエー都城店は、首藤製糸用地の南半分を購入して建設されていた。1989年に、ダイエーは首藤製糸から残る北半分の用地を購入してショッピングセンターを拡張し、将来は文化施設やホテルも建設するという構想を発表した[6]。しかし、この構想は実施されず、購入された用地は駐車場として使用され、駐車台数は2,000台に拡大した。都城市では、その後も各種郊外型店舗の進出が続き、その影響でダイエー都城店の売上げは1991年をピークに減少へと向かった[7]。この傾向を決定づけたのが、2003年のイオン都城ショッピングセンター開業である。ダイエー都城店の売上げはピーク時の3分の1以下に減少したが、当時経営再建中だったダイエーには対抗する体力はなかった。

2005年に入ると、ダイエーは産業再生機構の下で、丸紅らの支援を受けて再生を図ることとなる。丸紅は、ダイエー再建のためにイオンと業務提携を行うことを決め、2007年3月には、イオンが丸紅に次ぐダイエー第2位の株主となることが発表された[8]。その2か月後に、ダイエー都城店の土地建物をイオングループのイオンモールに売却し、駐車場であった用地にイオンモールが新複合商業施設を建設し、ダイエー(店名は都城駅前店)が核店舗として入店するという計画が公表された[9]。イオンモール都城駅前は、このような経過を経て開業したものである。

沿革[編集]

2009年3月時点の店舗外観
  • 1973年昭和48年)11月30日 - 都城ショッパーズプラザ(ダイエー都城店)開店。
  • 2007年平成19年)
    • 5月17日 - ダイエー都城店をイオンに売却して新店舗を建設する構想を発表。
    • 11月28日 - イオンモール都城(仮称)として着工[1]
  • 2008年(平成20年)
    • 6月26日 - 正式名称をイオンモールMiELL(ミエル)都城駅前と決定。
    • 7月6日 - 都城ショッパーズプラザ(ダイエー都城店)閉店。
    • 11月28日 - ソフトオープン(試験開業、地域住民向け)[10]
    • 12月1日 - イオンモールMiELL(ミエル)都城駅前としてグランドオープン(正式開業)。
  • 2011年(平成23年)10月21日 - ショッピングセンター名をイオンモール都城駅前に改称。
  • 2015年(平成27年)9月1日 - 核店舗であるダイエー都城駅前店の営業権をイオンストア九州に承継し運営をイオン九州に変更、[11]同時に店舗名をイオン都城駅前店に変更[12][13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “イオンモール都城(仮称) 11月28日着工 来年秋オープン予定 宮崎県都城市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年12月17日)
  2. ^ 公式サイトの表記はMiELL、テレビCMの表記はミエル。
  3. ^ 参考資料:西日本新聞社「九州の顔 天神 小売商業の変化と都市構造」114—119P、1977年。2013年9月12日閲覧
  4. ^ SUGOCAなどのJR系交通カードなどには対応していない。
  5. ^ 都城地域商業近代化委員会『都城地域 商業近代化地域計画報告書』(ローリング事業)1987年(中小企業庁の補助で都城商工会議所が中心となって作成)。
  6. ^ 朝日新聞 1989年4月12日配信
  7. ^ 宮崎日日新聞 2007年5月18日配信
  8. ^ 毎日新聞 2007年3月10日配信
  9. ^ 宮崎日日新聞 2007年5月18日配信
  10. ^ 主婦ら列つくる イオンモール都城オープン 宮崎日日新聞 2008年11月28日配信、29日紙面。
  11. ^ 株式会社ダイエーの北海道・九州および本州地域におけるGMS事業ならびにSM事業の運営の承継に関する基本合意書締結のお知らせ”. 株式会社ダイエー (2015年4月9日). 2015年8月20日閲覧。
  12. ^ イオンストア九州株式会社の事業運営の承継(業務委託)に関する業務委託契約書締結のお知らせ - イオン九州公式ウェブサイト、2015年8月22日閲覧。
  13. ^ イオン九州:九州のダイエー総合スーパー24店引き継ぎ - 毎日新聞電子版、2015年8月22日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]