アントワーヌ・アダムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アントワーヌ・アダムス Portal:陸上競技
2013 World Championships in Athletics (August, 10) by Dmitry Rozhkov 29.jpg
選手情報
ラテン文字 Antoine Adams
国籍 セントクリストファー・ネイビスの旗 セントクリストファー・ネイビス
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 60m, 100m, 200m
生年月日 (1988-08-31) 1988年8月31日(30歳)
出身地 セントクリストファー・ネイビスの旗 ケイオン英語版
身長 180cm
体重 79kg
成績
オリンピック 100m 準決勝2組7着 (2012年)
200m 準決勝失格 (2012年)
4x100mR 予選1組6着 (2012年)
世界選手権 100m 準決勝3組6着 (2013年)
200m 準決勝2組6着 (2013年)
4x100mR 3位 (2011年)
地域大会決勝 パンアメリカン競技大会
100m 3位 (2015年)
4x100mR 2位 (2011年)
自己ベスト
60m 6秒58 (2016年)
100m 10秒01 (2013年, 2014年)
10秒00w (2013年)
200m 20秒08 (2014年) セントクリストファー・ネイビス記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アントワーヌ・アダムスAntoine Xavier Adams1988年8月31日 ‐ )は、セントクリストファー・ネイビスケイオン英語版出身で短距離走が専門の陸上競技選手。100mの自己ベストはセントクリストファー・ネイビス歴代2位タイの10秒01、200mの自己ベストはセントクリストファー・ネイビス記録の20秒08。2011年大邱世界選手権男子4×100mリレーの銅メダリストである。

経歴[編集]

2011年[編集]

8月の大邱世界選手権世界選手権初出場を果たすと、男子4×100mリレーで3走(ジェイソン・ロジャーズキム・コリンズ、アダムス、ブリジェッシュ・ローレンス)を務め、予選を38秒47のセントクリストファー・ネイビス記録(当時)で突破。決勝では予選でマークしたセントクリストファー・ネイビス記録に迫る38秒49をマークし、ジャマイカ(37秒04)、フランス(38秒20)に次いで銅メダルを獲得した[1]。世界選手権でセントクリストファー・ネイビスが獲得したメダルは全種目を通じてこれが4つ目で、2005年ヘルシンキ大会の男子100mでキム・コリンズが銅メダルを獲得して以来6年ぶり、リレー種目でのメダル獲得はオリンピックを含めても史上初の快挙だった。

2012年[編集]

8月のロンドンオリンピックでオリンピック初出場を果たすと、世界大会の個人種目初出場ながら男子100mと男子200mでセミファイナリストになった。男子4×100mリレーは予選で3走(レストロッド・ロランド英語版、ジェイソン・ロジャーズ、アダムス、ブリジェッシュ・ローレンス)を務め、38秒41のセントクリストファー・ネイビス記録を樹立したものの決勝には進めなかった[2]

2013年[編集]

6月16日のセントクリストファー・ネイビス選手権男子100m決勝でセントクリストファー・ネイビス歴代2位の記録となる10秒01(+2.0)をマークし、ジェイソン・ロジャースに同タイム着差ありで競り勝ち優勝した[3]

7月に標高約2000mのモレリアで開催された中央アメリカ・カリブ選手権に出場すると、7日の男子200m決勝で20秒13(+0.5)のセントクリストファー・ネイビス記録(当時)を樹立。2001年にキム・コリンズが樹立した20秒20を塗り替え、ラロンデ・ゴードン(20秒28)やジェイソン・リバーモア(20秒29)を破り、自身初となる主要国際大会のタイトルを獲得した[4]

2大会連続の出場となった8月のモスクワ世界選手権では、1年前のロンドンオリンピックに続いて男子100mと男子200mでセミファイナリストになった。2大会連続のメダルを狙った男子4×100mリレーは予選で3走(レストロッド・ロランド、ジェイソン・ロジャーズ、アダムス、アリスター・クラーク英語版)を務めたが、38秒58の組5着で決勝には進めなかった[5]

2014年[編集]

5月にナッソーで開催された世界リレーに出場すると、男子4×200mで1走(アダムス、レストロッド・ロランド、ブリジェッシュ・ローレンス、アリスター・クラーク)を務め、予選を1分21秒97のセントクリストファー・ネイビス記録で突破。決勝でも予選の記録を縮める1分20秒51のセントクリストファー・ネイビス記録を樹立し、1分18秒61の世界記録で優勝したジャマイカに次いで2位に入った[6]。男子4×100mは予選で2走(ジェイソン・ロジャーズ、アダムス、レストロッド・ロランド、ブリジェッシュ・ローレンス)を務めたが、38秒76の組3着に終わり、着順で決勝に進出できた組2着とは0秒06差で決勝進出を逃した[7]

6月22日のセントクリストファー・ネイビス選手権男子100m決勝を自己ベストタイの10秒01(0.0)で制すると、男子200m決勝では20秒08(+1.6)のセントクリストファー・ネイビス記録を樹立。自身が2013年に樹立した従来の記録(20秒13)を0秒05塗り替え、100mとの2冠を達成した[8]

初出場となった7月のグラスゴーコモンウェルスゲームズでは、男子100mはファイナリストになるも、ケマー・ベイリー=コール(10秒00)、アダム・ジェミリ英語版(10秒10)、ニッケル・アシュミード(10秒12)に次ぐ10秒16(0.0)の4位に終わり、0秒04差でメダルを逃した[9]

2015年[編集]

5月にナッソーで開催された世界リレーに出場すると、男子4×100mではアンカー(ジェイソン・ロジャーズ、ブリジェッシュ・ローレンス、レストロッド・ロランド、アダムス)を務め、予選を38秒68で突破。決勝は38秒85で6位入賞を果たし、2016年リオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得した[10]。前回大会2位の4×200mでは1走(アダムス、レストロッド・ロランド、ブリジェッシュ・ローレンス、アリスター・クラーク)を務め、予選を1分22秒36で突破して2大会連続で決勝に進出するも、決勝は1分22秒92の6位に終わった[11]

3大会連続の出場となった8月の北京世界選手権は、前回大会でセミファイナリストになった男子100mと男子200mの両種目とも予選敗退に終わった。

2016年[編集]

3月のポートランド世界室内選手権世界室内選手権に初出場を果たすと、男子60mでセミファイナリストになった。

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒01 (+2.0)
10秒01 (0.0)
2013年6月16日
2014年6月22日
セントクリストファー・ネイビスの旗 バセテール セントクリストファー・ネイビス歴代2位タイ
10秒00w (+2.8) 2013年6月29日 カナダの旗 エドモントン 追い風参考記録
200m 20秒08 (+1.6) 2014年6月22日 セントクリストファー・ネイビスの旗 バセテール セントクリストファー・ネイビス記録
室内
60m 6秒58 2016年2月12日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン
200m 20秒93 2014年12月13日 アメリカ合衆国の旗 カレッジステーション

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2006 カリフタゲームズ (U20) (en グアドループの旗 レザビーム 100m 予選 11秒35 (-1.5)
200m 予選 22秒65 (+0.2)
2007 カリフタゲームズ (U20) (en タークス・カイコス諸島の旗 プロビデンシアリス 4x100mR 2位 40秒71
パンアメリカン
ジュニア選手権 (en
ブラジルの旗 サンパウロ 100m 準決勝 10秒79 (+0.2)
200m 予選 21秒60 (0.0)
4x100mR 6位 42秒25 (4走)
北中米カリブ選手権 (en エルサルバドルの旗 サンサルバドル 4x100mR 5位 40秒37 (3走)
2010 北中米カリブU23選手権 (en アメリカ合衆国の旗 ミラマー 100m 予選 10秒57 (+0.4)
200m 5位 21秒00 (+2.8)
中央アメリカ・カリブ海
競技大会
 (en
アメリカ合衆国の旗 マヤグエス 100m 予選 10秒49 (+1.4)
200m 予選 21秒14 (+2.8)
4x100mR 7位 39秒43 (2走) 国内記録
コモンウェルスゲームズ (en インドの旗 デリー 200m 2次予選 21秒69 (+0.1)
2011 中央アメリカ・カリブ選手権 (en アメリカ合衆国の旗 マヤグエス 100m 予選 10秒57 (-1.3)
200m 予選 21秒39 (+1.1)
4x100mR 3位 39秒07 (3走) 国内記録
世界選手権 大韓民国の旗 大邱 4x100mR 3位 38秒49 (3走)
パンアメリカン競技大会 (en メキシコの旗 グアダラハラ 200m 準決勝 20秒76 (+0.2) 自己ベスト
4x100mR 2位 38秒81 (2走)
2012 オリンピック イギリスの旗 ロンドン 100m 準決勝 10秒27 (+1.0)
200m 準決勝 DQ
4x100mR 予選 38秒41 (3走) 国内記録
2013 中央アメリカ・カリブ選手権 (en メキシコの旗 モレリア 200m 優勝 20秒13 (+0.5) 国内記録
4x100mR 6位 39秒82 (3走)
世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 100m 準決勝 10秒17 (+0.1)
200m 準決勝 20秒47 (0.0)
4x100mR 予選 38秒58 (3走)
2014 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x200mR 2位 1分20秒51 (1走) 国内記録
4x100mR B決勝 39秒07 (3走)
コモンウェルスゲームズ (en イギリスの旗 グラスゴー 100m 4位 10秒16 (0.0)
200m 準決勝 20秒76 (+0.2)
中央アメリカ・カリブ海
競技大会
 (en
メキシコの旗 ハラパ 4x100mR 4位 39秒35 (3走)
2015 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x100mR 6位 38秒85 (4走)
4x200mR 6位 1分22秒92 (1走)
パンアメリカン競技大会 (en カナダの旗 トロント 100m 3位 10秒09 (+1.1)
200m 準決勝 20秒82 (+2.0)
北中米カリブ選手権 (en コスタリカの旗 サンホセ 200m 3位 20秒47 (+1.8)
4x100mR 6位 39秒20 (4走)
世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 100m 予選 10秒23 (+0.5)
200m 予選 20秒75 (0.0)
2016 世界室内選手権 アメリカ合衆国の旗 ポートランド 60m 準決勝 6秒66
オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 100m 予選 10秒39 (-0.8)
200m 予選 20秒49 (+1.0)
4x100mR 予選 39秒81 (4走)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
キム・コリンズ
(20秒20)
2001年8月9日
男子200m
セントクリストファー・ネイビス記録保持者
(20秒13 - 20秒08)

2013年7月7日 -
次代:
未定
夏季オリンピック
先代:
Virgil Hodge
(女子陸上競技選手)
2008 北京
セントクリストファー・ネイビス選手団
旗手

2012 ロンドン(閉会式*)
2016 リオデジャネイロ
次代:
未定
2020 東京

*開会式はキム・コリンズ(男子陸上競技選手)