キム・コリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キム・コリンズ Portal:陸上競技
Kim Collins.jpg
選手情報
フルネーム キム・コリンズ
ラテン文字 Kim Collins
国籍 セントクリストファー・ネイビスの旗 セントクリストファー・ネイビス
種目 短距離走
生年月日 1976年4月5日(40歳)
身長 175 cm
体重 67 kg
成績
オリンピック 100m 6位 (2004年)
200m 6位 (2008年)
4x100mR 予選2組4着(1996年)
世界選手権 100m 優勝 (2003年)
200m 3位 (2001年)
4x100mR 3位 (2011年)
地域大会決勝 コモンウェルスゲームズ
100m 優勝 (2002年)
最高世界ランク 100m 7位 9秒99 (2003年)
自己ベスト
50m 5秒75 (2009年)
60m 6秒47 (2015年)
100m 9秒93 (2016年)
200m 20秒20 (2001年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

キム・コリンズ(Kim Collins、1976年4月5日 - )は、セントクリストファー・ネイビス陸上競技選手である。2003年世界選手権男子100mの金メダリストである。

経歴[編集]

コリンズは、1997年の世界選手権でメジャーな大会にデビューしている。このときは1次予選で予選落ちした。その後、力をつけてゆき、2000年のシドニーオリンピックでは、決勝進出を果たし、7位入賞を果たした。

2001年は、世界選手権200mにおいて20秒30を記録し、セントクリストファー・ネイビス初となる銅メダルを獲得した。2002年のコモンウェルスゲームズの100mで、9秒98で走り、メジャーな大会で初の金メダルを獲得した。しかし、レース後のドーピング検査で陽性と判定される。だが、これは彼が数年間摂取している薬に反応したものであり、彼が報告を怠っていただけということで失格とはならなかった。

2003年には、ついに世界選手権の100mで金メダルを獲得した。この大会は、準決勝で優勝候補のモーリス・グリーンが敗退するなど、波乱の展開であった。決勝は、0.02秒の間に上位4人がゴールするという接戦で、その接戦をコリンズが制し、セントクリストファー・ネイビス初となる世界選手権での金メダルを獲得した。

2004年のアテネオリンピックでは、セントクリストファー・ネイビス選手団の旗手を務め、前回大会の7位を上回る6位入賞を果たしている。2005年の世界選手権ではアメリカジャスティン・ガトリンジャマイカマイケル・フレイターに次いで3位に入り銅メダルを獲得。3大会連続の表彰台の栄誉に輝いた。

2009年9月、現役引退を発表したが[1][2]、体調良好を理由に2011年1月29日に現役復帰を果たした。

2011年の世界選手権では、ジャマイカウサイン・ボルトフライングで失格になる波乱の展開の中、3位に入り銅メダルを獲得。また、400mリレーでも3位に入り、この大会で2つの銅メダルを手にした。

2012年ロンドンオリンピックの開会式 では、アテネ大会以来2大会ぶりにセントクリストファー・ネイビス選手団の旗手を務めた。しかし、大会期間中に妻との面会を代表団指導部から断られ、それを不服として100mに出場せず、数日間行方不明になっていた[3]。その結果、100m以外に200mと4×100mRに出場予定だったが代表から外された[4]

2013年7月4日に行われたダイヤモンドリーグアスレティッシマ100mにおいて9秒97(+2.0)をマークし、自身の持つセントクリストファー・ネイビス記録を11年ぶりに0秒01更新した。この時のコリンズの年齢は37歳90日で、これは最年長9秒台記録であり、リンフォード・クリスティと並ぶ35歳以上世界最高記録でもあった。6日後に行われたハンガリー国際グランプリ100mでも9秒99(+0.2)をマークして、35歳以上で9秒台を2回マークした初の選手となった[5]

2014年2月25日にプラハで行われた室内60mにおいて6秒49のセントクリストファー・ネイビス記録を樹立すると[6]、7月20日にロンドンで行われた100mでも9秒96(+1.0)のセントクリストファー・ネイビス記録(35歳以上世界最高記録)を樹立し[7]、自身の持つ最年長9秒台記録を38歳106日に更新した。

2015年2月1日にモスクワ、3日にトルンで行われた室内60mにおいてセントクリストファー・ネイビス記録となる6秒48をマークすると、同月17日にウッチで行われた室内60mでは更にタイムを縮める6秒47の中央アメリカ・カリブ海タイ記録をマークした[8]。5月30日に行われたダイヤモンドリーグ第3戦ユージーン大会プレフォンテインクラシック英語版100mでは9秒99(+1.5)をマークし、自身の持つ最年長9秒台記録を39歳55日に更新すると、6月13日のセントクリストファー・ネイビス選手権100mでは39歳と69日に更新する9秒98(+1.8)をマークした。8月22日には世界選手権100mに出場し、トロイ・ダグラスが保持していた男子100mの最年長出場記録(38歳と248日)を39歳と139日に塗り替えた[9]

2016年3月18日にポートランドで開催された世界室内選手権の60mに出場し、男子60mの最年長出場記録(38歳と26日)と最年長ファイナリスト記録(35歳と337日)を39歳と348日に塗り替え[10]、決勝では6秒56で8位に入った。40歳になってから約1ヶ月後の5月7日に100mで10秒09(+1.0)をマークし、トロイ・ダグラスが保持していた40歳以上世界最高記録(10秒29)を塗り替えると、5月29日には100mで自身の持つセントクリストファー・ネイビス記録を0秒03塗り替える9秒93(+1.9)をマーク。最年長9秒台記録も40歳と54日に塗り替え、40歳以上で9秒台をマークした初の選手となった[11][12]

主要大会の結果[編集]

年度 大会 場所 種目 記録 結果
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ) 100m 10.34(-0.2) 2次予選
400mR 40.12 予選
1997 世界選手権 アテネ(ギリシャ) 100m 21.73(-0.6) 1次予選
1999 世界選手権 セビリアスペイン 100m 10.50(-0.9) 1次予選
200m 20.95(+0.1) 1次予選
2000 オリンピック シドニー(オーストラリア) 100m 10.17(-0.3) 7位
200m 20.57(+0.3) 準決勝
2001 世界選手権 エドモントン(カナダ) 100m 10.07(-0.2) 5位
200m 20.20(+0.1)
2002 コモンウェルスゲームズ マンチェスター(イギリス) 100m 9.98(+0.2)
200m DNS 1次予選
2003 世界室内選手権 バーミンガム(イギリス) 60m 6.53
2003 世界選手権 パリ(フランス) 100m 10.07(0.0)
2004 オリンピック アテネ(ギリシャ) 100m 10.00(+0.6) 6位
2005 世界選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 100m 10.05(+0.4)
2007 世界選手権 大阪(日本) 100m 10.21(+0.3) 準決勝
2008 世界室内選手権 バレンシア(スペイン) 60m 6.54
2008 オリンピック 北京(中国) 100m 10.05(-0.1) 準決勝
200m 20.59(-0.9) 6位
2009 世界選手権 ベルリン(ドイツ) 100m 10.20(-0.4) 2次予選
200m 20.84(0.0) 2次予選
2011 世界選手権 テグ(韓国) 100m 10.09(-1.4)
200m 20.64(-1.0) 準決勝
400mR 38.49(2走)
2012 オリンピック ロンドン(イギリス) 100m DNS 予選
2015 世界選手権 北京(中国) 100m 10.16(+2.1) 予選
2016 世界室内選手権 ポートランド(アメリカ) 60m 6.56 8位

自己ベスト[編集]

  • 50m - 5秒75 (2009年2月10日)
  • 60m - 6秒47 (2015年2月17日) セントクリストファー・ネイビス記録、35歳以上世界最高記録
  • 100m - 9秒93 (2016年5月29日) セントクリストファー・ネイビス記録、35歳以上世界最高記録
  • 200m - 20秒20 (2001年8月9日)

最年長記録[編集]

  • 男子100m最年長9秒台記録 - 40歳と54日
  • 世界選手権・男子100m最年長出場記録 - 39歳と139日
  • 世界室内選手権・男子60m最年長出場記録&最年長ファイナリスト記録 - 39歳と348日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Thanks For The Memories: Kim Collins Retires - Winn FM (St. Kitts Nevis) News. 2009年9月15日
  2. ^ Collins, 2003 World 100m champion, retires. - Raynor, Kayon (2009-09-29). IAAF
  3. ^ 陸上元金メダリストが妻に会うため競技に不参加 The Voice of Russia 「ロシアの声」 (2012-8-4). 2014年12月3閲覧。
  4. ^ コリンズ、代表から外される…練習を何度も休む 読売新聞 YOMIURI ONLINE (2012-8-5). 2014年12月3閲覧。
  5. ^ Kim Collins wins in Hungary”. Classified World News (2013年7月11日). 2014年12月3日閲覧。
  6. ^ KIM COLLINS RUNS PERSONAL BEST”. The St. Kitts-Nevis Times facebook (2014年2月25日). 2015年2月19日閲覧。
  7. ^ 従来の35歳以上世界最高記録はリンフォード・クリスティの9秒97だった。
  8. ^ Whiting, Collins and Ortega set world leads in Lodz”. 国際陸上競技連盟 (2015年2月17日). 2015年2月19日閲覧。
  9. ^ Beijing 2015 Statistics Handbook (41ページのYOUNGEST & OLDESTを参照)”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月19日閲覧。
  10. ^ Portland 2016 Statistics Handbook (25ページのYOUNGEST & OLDESTを参照)”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月19日閲覧。
  11. ^ Kim Collins Runs Personal Best to become fastest man in history over Age 35 years”. Times Caribbean (2016年5月29日). 2016年5月30日閲覧。
  12. ^ 40 is just a number, says on-fire Kim Collins”. Jamaica Observer (2016年6月8日). 2016年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]