アンディ・ヴィケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンディ・ヴィケット
出生名 アンドリュー・ヴィケット
別名 フェイン (Fane)
生誕 (1961-03-16) 1961年3月16日(57歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド バーミンガム
ジャンル ロックポップポップ・ロック
ポストパンクニュー・ウェイヴ
オルタナティヴ・ロック
職業 ソングライター歌手
音楽プロデューサー
担当楽器 ピアノ
アコースティック・ギター
エレクトリック・ギター
シンセサイザーハーモニカ
パーカッション
活動期間 1976年 -
公式サイト andywickett.com

アンディ・ヴィケット (Andy Wickett)、ないし、フェイン (Fane) という芸名で知られるアンドリュー・ヴィケット(Andrew Wickett、1961年3月16日 - )は、バーミンガム生まれのシンガーソングライター音楽家1979年当時、デュラン・デュランのボーカルだったことで最もよく知られているが、1980年にはデュラン・デュランを脱退していた。このほか、1986年にはTVアイ (TV Eye)、1988年にはワールド・サーヴィス (World Service) というグループを結成した。

デュラン・デュラン[編集]

1978年、ヴィケットは、ニック・ローズらによって結成されたデュラン・デュランに、半年ほど遅れて、2代目のボーカルとして参加した。1979年9月、レコード・デビュー前だったデュラン・デュランは、ヴィケットのボーカルで4曲のデモ音源を作成したが、その中には、「グラビアの美少女」も含まれていた[1]。この音源は、後に2016年に、CD化された[1]

しかし、ヴィケットは、程なくしてデュラン・デュランを脱退し、デュラン・デュランはサイモン・ル・ボンをボーカルに迎えて、レコード・デビューすることとなった。

ワールド・サーヴィス[編集]

ヴィケットは、1988年に新たなバンドとしてワールド・サーヴィスを結成し、イギリスのバンドとしては初めてとされる、北アフリカサハラ地域のツアーを敢行し、1990年代には、デュラン・デュランのツアーにも、サポート・バンドとして参加した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b デュラン・デュランの初期デモ音源集『Girls On Film - 1979 Demo』から「Girls on Film」(オリジナル・デモ版)が公開” (2016年3月26日). 2016年8月11日閲覧。
  2. ^ World Service”. Birmingham Music Archive (2013年4月3日). 2016年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]