アンダー・カヴァー (ジョー・リン・ターナーのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンダー・カヴァー
ジョー・リン・ターナーカバー・アルバム
リリース
ジャンル ハードロックブルースロック
時間
レーベル ポニーキャニオン日本の旗
シュラプネル・レコーズアメリカ合衆国の旗[1]
プロデュース ボブ・ヘルド、フェルナンド・クラール、ジョー・リン・ターナー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 68位(日本[2]
  • ジョー・リン・ターナー 年表
    ナッシングス・チェンジド
    (1995年)
    アンダー・カヴァー
    (1997年)
    ハリー・アップ・アンド・ウェイト
    (1998年)
    テンプレートを表示

    アンダー・カヴァー』(Under Cover)は、アメリカ合衆国ロック・ボーカリスト、ジョー・リン・ターナー1997年に発表したアルバム。ソロ名義では3作目に当たり、キャリア初のカバー・アルバムとなった。2月に日本盤がポニーキャニオンから先行発売され、アメリカ盤は同年11月にシュラプネル・レコーズから発売された。

    解説[編集]

    ターナーのルーツとなった曲のカバーに加えて、ファンダンゴやレインボーのメンバーとして歌った曲のセルフ・カバーも収録された。日本盤ボーナス・トラック「サンシャイン・ラヴ」は、『BURRN!』誌の読者から募集されたリクエストの中から、ターナーが選んでレコーディングされた[3]

    ターナーは1999年にカバー・アルバムの第2弾『アンダー・カヴァー2』をリリースしている。

    収録曲[編集]

    1. アメリカン・バンド - "We're an American Band" (Don Brewer) - 3:32
    2. 自由 - "Freedom" (Jimi Hendrix) - 4:04
    3. ファイアー・アンド・ウォーター - "Fire and Water" (Andy Fraser, Paul Rodgers) - 4:57
    4. ストリート・オブ・ドリームス - "Street of Dreams" (Ritchie Blackmore, Joe Lynn Turner) - 5:14
    5. フォーチュネイト・サン - "Fortunate Son" (John Fogerty) - 3:34
    6. ヴィークル - "Vehicle" (Jim Peterik) - 2:56
      • オリジナルはイデス・オブ・マーチ。
    7. ハッシュ - "Hush" (Joe South) - 4:11
    8. アンチェインド・メロディ - "Unchained Melody" (Alex North, Hy Zaret) - 3:49
    9. チェインド - "Chained" (Frank Wilson) - 3:40
    10. ギミ・サム・ラヴィン / アイム・ア・マン - "Gimme Some Lovin'" (Steve Winwood, Muff Winwood, Spencer Davis) / "I'm a Man" (S. Winwood, Jimmy Miller) - 6:44
    11. シーフ・イン・ザ・ナイト - ""Thief in the Night" (Rick Blakemore, J. L. Turner, Danny Larue) - 3:49
      • Fandango時代の楽曲のセルフ・カバー。
    12. ディール・ウィズ・ザ・プリーチャー - "Deal with the Preacher" (P. Rodgers, Mick Ralphs) - 4:51

    日本盤ボーナス・トラック[編集]

    1. サンシャイン・ラヴ - "Sunshine of Your Love" (Jack Bruce, Pete Brown, Eric Clapton) - 4:16

    参加ミュージシャン[編集]

    • ジョー・リン・ターナー - ボーカル、バッキング・ボーカル
    • トニー・ブルーノ - ギター、バッキング・ボーカル
    • アル・ピトレリ - ギター・ソロ(#1, #11)
    • カール・コクラン - ギター・ソロ(#12, #13)、バッキング・ボーカル(#2, #5)
    • ゲイリー・コルベット - キーボード
    • グレッグ・スミス - ベース
    • ジョン・オライリー - ドラムス
    • マーク・ウェクスラー - パーカッション(#1, #10)
    • ルイ・アペル - パーカッション(#4)
    • ボブ・ヘルド - パーカッション(#10)
    • ドン・ハリス - トランペット(#6)
    • ビル・ハリス - サクソフォーン(#6)
    • John Fumalosi - トロンボーン(#6)
    • ケイティ・マック - バッキング・ボーカル(#1)
    • Kaz Kojima - バッキング・ボーカル(#2, #5)
    • ナンシー・ベンダー - バッキング・ボーカル(#3, #4, #10)
    • ダイナ・ミラー - バッキング・ボーカル(#3, #4, #10)
    • サンディ・サライヤ - バッキング・ボーカル(#5, #7, #9)
    • ジャネット・レインズ - バッキング・ボーカル(#5, #7, #9)
    • スティーヴ・マーフィー - バッキング・ボーカル(#6, #11)
    • ピーター・バロン - バッキング・ボーカル(#6, #11)

    脚注[編集]

    1. ^ a b Amazon.com: Under Cover 1: Music
    2. ^ ORICON STYLE
    3. ^ 日本盤CD(PCCY-01074)ライナーノーツ(広瀬和生)