アレクサンドル・イズヴォリスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア帝国の旗 ロシア帝国の政治家
アレクサンドル・イズヴォリスキー
Александр Петрович Извольский
Izvolsky.jpg
アレクサンドル・イズヴォリスキー
生年月日 1856年3月18日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国モスクワ
没年月日 1919年8月16日(満63歳没)
死没地 フランスパリ
前職 外交官

内閣 ピョートル・ストルイピン内閣
任期 1906年 - 1910年
皇帝 ニコライ2世
テンプレートを表示

アレクサンドル・ペトローヴィチ・イズヴォリスキーロシア語: Александр Петрович Извольский、ラテン文字転写の例:Alexandr Petrovich Izvolskii1856年3月18日1919年8月16日)は、帝政ロシア外交官政治家ストルイピンの下で外務大臣を務めた。

1894年から1906年にかけて、バチカンセルビアバイエルン日本デンマークの各公使を歴任した。その後1906年ストルイピン首相の下で外務大臣に就任した。イズヴォリスキーは親、親の外交路線をとり、外交面からストルイピン体制、ストルイピン改革を支えた。特にイズヴォリスキーは、英露間の友好関係構築に尽力し1907年英露協商を締結することに成功している。1905年日露戦争敗北後のロシアにあって、イランアフガニスタンチベットにおける両国の勢力範囲を決定した。また、ロシア黒海艦隊ボスポラス海峡通過権を獲得した。英露両国の対立関係は解消し、ドイツの3B政策に対処することになる。

1908年オーストリア外相アロイス・レクサ・フォン・エーレンタールボスニア・ヘルツェゴビナをめぐり外交交渉に臨むが、オーストリア・ハンガリー帝国はボスニア・ヘルツェゴビナを併合し外交的敗北を喫した。このボスニア・ヘルツェゴビナ併合が、ロシアの汎スラヴ主義、セルビアの大セルビア主義を刺激することとなった。また、オーストリア国内においては、民族問題が一層複雑化することとなり、後の第一次世界大戦の遠因を作ることとなる。

1910年9月外相を解任され、フランス大使となる。第一次世界大戦中にロシア革命が勃発し、フランスに亡命した。

先代:
ウラジーミル・ラムスドルフ
ロシア帝国外務大臣
1906年1910年
次代:
アレクサンドル・サゾーノフ