アンドレイ・コズイレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
アンドレイ・コズイレフ
(コーズィレフ)
Андрей Владимирович Козырев
Evstafiev-Andrey Kozyrev.jpg
アンドレイ・コズイレフ
生年月日 1951年3月27日(63歳)
出生地 ベルギーブリュッセル
出身校 モスクワ国際関係大学
前職 外交官

在任期間 1991年 - 1996年
テンプレートを表示

アンドレイ・ウラージミロヴィチ・コズイレフコーズィレフロシア語: Андре́й Влади́мирович Ко́зырев, ラテン文字転写: Nikolay Andrei Vladimirovich Kozyrev1951年3月27日 - )は、ソビエト連邦及びロシア外交官政治家エリツィン政権で外務大臣を務めた。

1951年3月27日父親の勤務地であったベルギー首都ブリュッセルで生まれる。

1968年から一年間、モスクワの機械製造工場「コムナール」に就職し、機械工として働く。

1974年モスクワ国際関係大学を卒業する。同年ソ連外務省に入省する。

ソ連外務省では本省の国際機関局に勤務。1990年国際機関局長。英語フランス語スペイン語ポルトガル語に堪能である。その一方で在外公館における勤務の経験は無い。この間1971年ソ連共産党に入党した。

ロシア連邦共和国の実権を握ったエリツィンによって、1990年10月にロシア外相に任命される。コズイレフは、1991年12月のロシア、ウクライナベラルーシの三首脳による「ベロヴェージの森の陰謀」にエリツィン、ゲンナジー・ブルブリスセルゲイ・シャフライらとロシア代表団の一人として参加し、ソ連を崩壊に導いた。

コズイレフの外交路線は、急進改革派と軌を一にして親西欧路線を基本とした。ロシアに民族主義愛国主義勢力が台頭してくると、その手腕とともに批判されるようになる。

1993年12月の下院国家会議選挙に「ロシアの選択」の推薦を受けて、ムルマンスク選挙区から立候補し当選した。その後、議会では院内会派「ロシアの選択」に当初所属していたが、1994年12月に同会派から離脱し、以後無所属。下院では、国際問題委員会に所属。1995年12月下院議員に再選される。下院議員当選に伴い、1996年1月外相を解任される。下院予算・税金・銀行・財政委員会に所属。

2000年アメリカの製薬会社・ICN製薬に就職した。

公職
先代:
ウラジーミル・ヴィノグラードフ
(ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国外務大臣)
エドゥアルド・シェワルナゼ
(ソビエト連邦外務大臣)
ロシアの旗 ロシア連邦外務大臣
初代:1991 - 1996
次代:
エフゲニー・プリマコフ