イワン・オステルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イワン・オステルマン

イワン・アンドレエーヴィチ・オステルマン伯爵ロシア語: Иван Андреевич Остерман、Ivan Andreyevich Osterman、1725年4月23日 - 1811年4月18日)は、帝政ロシア政治家外交官貴族。父のアンドレイ・オステルマンピョートル大帝からエリザヴェータ女帝に仕えた廷臣である。

ロシア帝国親衛隊ロシア軍に勤務し海外に派遣された。1757年、宮廷に外交官となって仕え、パリストックホルムに駐在する。スウェーデンではスウェーデン国王グスタフ3世に対して大きな影響力を持った。1774年に元老院議員になっている。

1781年1783年か?)外務大臣に任命された。しかし、この時期、アレクサンドル・ベズボロドコロシア語版英語版プラトン・ズーボフフョードル・ロストプーチンらの実力者の存在によってオステルマンは副次的な役割を演じるだけであった。1796年名目的な大宰相(帝国宰相)の地位に就くが、エカテリーナ2世が崩御し、パーヴェル1世が即位すると、翌1797年に宰相職を解任され、晩年をモスクワで過ごした。オステルマンには実子がなく、オステルマン家の家督は甥に当たるアレクサンドル・トルストイ伯爵が継いだ。

外部リンク[編集]

先代:
ニキータ・パーニン
ロシア帝国外務大臣
1781年 - 1797年
次代:
アレクサンドル・ベズボロドコロシア語版英語版
先代:
ニキータ・パーニン
ロシア帝国大宰相
1796年 - 1797年
次代:
アレクサンドル・ベズボロドコロシア語版英語版