アラカン・ロヒンギャ救世軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アラカン・ロヒンギャ救世軍(アラカン・ロヒンギャきゅうせいぐん Arakan Rohingya Salvation Army)は、ミャンマー西方のラカイン州で活動する反政府武装組織。略称ARSA。指導者はアタウラー

概要[編集]

2012年3月、ミャンマー国内で抑圧されてきたロヒンギャが中心となって結成。指導者のアタウラーはパキスタン出身で、サウジアラビアに移住し教職に就き、富裕層の庇護で豊かな生活をしていた。しかし、2012年にミャンマーでロヒンギャ「掃討」により、10万超の難民が発生したのを機に、アタウラーはパキスタンに帰国。ターリバーンをはじめとするアフガニスタン・パキスタンのイスラム武装勢力に資金提供し、ジハードへの協力を求めたが、色よい返事は得られなかった。アタウラーはイスラム武装勢力への不信を強め、「熱心な民族主義者になって」パキスタンを出国し、ARSA結成に携わった[1]

2016年10月に国境検問所など3カ所を約400人で襲撃して、広く内外に活動が知られるようになった。ミャンマー軍は掃討作戦を実施したが、ロヒンギャ側の村々を焼き払うなど過剰な対応を行ったため、結果的に武装組織の拡大を招くこととなった。

2017年8月25日には、再び警察など多数の施設を襲撃。ミャンマー軍側は6,500人程度が襲撃に関与したと推定している[2]。救世軍側の武器は、刃物や棒などを簡素なものであったが、軍側は徹底な反撃を実行。軍の掃討作戦を避けるために数十万人規模のロヒンギャが、隣国のバングラディシュ難民として流出するきっかけとなった。事態を重く見た救世軍側は、同年9月10日、人道支援の受け入れを目的としてツイッター上で1か月間の一時停戦を一方的に宣言した[3]

武器は乏しく、わずかな銃器の他は、鉈や鋭くとがらせた竹の棒を使っているという[4]

2018年8月25日、救世軍は襲撃から一周年を迎えた節目となる日に、ツイッターでロヒンギャの保護と安全かつ尊厳ある帰還は、正当な権利であるとするコメントを発表している[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]