カチン独立軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カチン独立軍の旗.

カチン独立軍(カチンどくりつぐん)は、ミャンマー北部カチン州で活動する武装組織。カチン族による独立を目指し、武装闘争を含めた活動を行う。略称KIA。カチン州の町、ライザを拠点とし、構成人員は4,000人程度と小規模だが、山岳住民であるカチン族の特性を活かし、ゲリラ戦術を得意とする[1]

1948年、ミャンマー独立時から活動を開始。1994年には、一度はミャンマー政府と和解が成立し、目立った行動はみられなくなったが、2000年代の後半、エーヤワディー川にミッソンダムの建設話が浮上する頃からカチン独立機構(KIO)の軍事組織として活動が活発化。2011年6月にはカチン族の独立を掲げ武装闘争を再開した[2]。ミャンマー政府は、国内の少数民族に対する和解交渉を進めていた時期でもあり、当初は州内で散発的な衝突が繰り返されてきたが、2012年末ころから、カチン側に対して政府軍が空爆を開始するなど規模がエスカレート。2013年、一時は中国も仲介に乗り出すなど和平が模索され始め[3]、同年6月、政府とカチン族を代表するカチン独立機構(KIO)との間で停戦の署名がなされた[4]

出典[編集]

  1. ^ “カチン族の反乱 ミャンマー社会の分裂の深さ”. 株式会社ウェッジ. (2014年5月9日). http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2784 2014年6月20日閲覧。 
  2. ^ “巨大ダムの建設中断表明 ミャンマー大統領”. 産経新聞. (2011年9月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM3005I_Q1A930C1FF2000/ 2014年6月20日閲覧。 
  3. ^ “カチン族対話再開 中国が仲介 停戦向け政府側と”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2013年2月5日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-02-05/2013020507_02_1.html 2014年6月20日閲覧。 
  4. ^ “60年の内戦に終止符 ミャンマー政府とカチン族が停戦合意”. ミャンマーニュース (ミャンマーニュース). (2013年6月1日). http://www.myanmar-news.asia/news_duUqF0FIV.html 2014年6月20日閲覧。