アジア太平洋映画賞最優秀アニメーション映画賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アジア太平洋映画賞 > アジア太平洋映画賞最優秀アニメーション映画賞
アジア太平洋映画賞
最優秀アニメーション映画賞
オーストラリアの旗 オーストラリア
授与者 ユネスコ
国際映画製作者連盟
公式サイト http://www.asiapacificscreenawards.com/

アジア太平洋映画賞最優秀アニメーション映画賞(アジアたいへいようえいがさい さいゆうしゅうアニメーションえいがしょう)は、アジア太平洋映画賞の部門の一つで、広範囲にわたるアジア太平洋地域の優れたアニメーション映画に与えられる。

ユネスコ国際映画製作者連盟(FIAPF)の協力のもと、ロシアや中東を含むアジア全域やオセアニアなど70の国と地域を対象に、国際審査員によって審査される[1]

受賞とノミネート一覧[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

  • 2016年 Seoul Station - 韓国
    • Bilal - UAE/サウジアラビア
    • Manang Biring - フィリピン
    • Savva - ロシア
    • Sheep and Wolves (Volki i ovtsy) - ロシア

参考文献[編集]

  1. ^ 原恵一監督「百日紅」、第9回アジア太平洋映画賞・最優秀アニメーション賞を受賞!”. 和泉市ホームページ. 2017年10月16日閲覧。
  2. ^ Nominees & Winners 2012 BEST ANIMATED FEATURE FILM”. asiapacificscreenacademy.com. 2015年9月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月19日閲覧。
  3. ^ Full List: 2013 APSA Nominees”. asiapacificscreenacademy.com. 2015年7月19日閲覧。
  4. ^ Omar and Japan lead APSA nominations”. en:Film Business Asia. 2013年11月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月19日閲覧。
  5. ^ Nominees & Winners Archive”. asiapacificscreenacademy.com. 2015年8月2日閲覧。
  6. ^ 8th Annual Asia Pacific Screen Award Winners”. APCA (2014年12月11日). 2015年8月3日閲覧。
  7. ^ 2015 YOUTH, ANIMATION AND DOCUMENTARY NOMINATIONS AND JURY ANNOUNCED”. asiapacificscreenacademy.com (2015年9月29日). 2016年1月1日閲覧。
  8. ^ Stephen Cremin (2015年11月27日). “APSA returns awards to Asia”. en:Film Business Asia. 2015年12月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]