みいつ (クルアーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
97
سورة القدر
みいつ
Al-Qadr (アル・カドル)
Sura97.pdf
97
啓示 マッカ啓示
別名 Fate, The Majesty, Destiny
詳細
スーラ 第97章
アーヤ 全5節
ジュズウ 30番
前スーラ 凝血
次スーラ 明証
テンプレートを表示
音楽・音声外部リンク
Islam House - タルティール朗誦法。
朗誦者: ファーリス・アッバード
音楽・音声外部リンク
Islam House.com - タジュウィード朗誦法。
朗誦者: ムハンマド・スィッディーク・アル=ミンシャーウィー

みいつ[1]とは、クルアーンにおける第97番目の章(スーラ)。5つの節(アーヤ)から成る[2]

内容[編集]

この章は Laylat al-Qadr(英語版)(ライラトルカドル、カドルの夜)を描く。 ムハンマドに最初の啓示が下ったのは、西暦610年のラマダーンのある夜(ラマダーンの最後の10日間の奇数日)だといわれる。そして、その夜のことを「ライラトルカドル(Laylat al-Qadr: みいつの夜)」と呼ぶ[3]Q44章3節の「祝福された夜」も、これを指しているという解釈がある[4]

この章や様々なハーディスによれば、ライラトルカドルは、ラマダン月の最後の10日間に含まれるどれかの奇数日の夜に当たると考えられているが、正確な日付ははっきりしていない。 ムスリムはこの夜を特に神への祈りと嘆願と悔悛に特に適していると考えている。

およその内容は以下のようになる。


われらはこれ(メッセージ)をカドルの夜に示した。(1)
カドルの夜とはなにか、何が汝に知らせるのか? (2)
カドルの夜は千の月より良い。 (3)
天使たちと精霊が、主人の許しを得て、すべての定めを持って降りてくる。(4)
すべて平安!夜明けまで! (5)
スーラ 97 (Al-Qadr), アーヤ 1-5[5]

「カドル(Qadr)」とは、井筒俊彦によると「(神の)意思決定」「(神の)威力」「至高至尊の地位」[6]などに解されており、クルアーンの日本語訳で「アル・カドル(Al-Qadr)」の章名は「稜威章」(大川訳)、「定め」(井筒訳)、「聖断の章」(藤本ら訳)、「みいつ」(日本ムスリム情報事務所)などと表されている。

第4節の「精霊」は、「ジブリール(ガブリエル)」であると広く考えられている。

啓示の時期[編集]

これがマッカ啓示かメディーナ啓示かについては論争がある。[7][8]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 漢字では御厳/御稜威
  2. ^ 日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン日本語訳
  3. ^ シンガポール日本人会 知ろう!学ぼう!楽しもう!21
  4. ^ 岩波イスラーム辞典「ライラ・アル=カドル」
  5. ^ クルアーン 97:1–5
  6. ^ 井筒俊彦『コーラン(下)』岩波書店 2004年
  7. ^ Abdulmageed Falah, Grammatical Opinions of Abu Hayyan Andalusi between Theory and Practice. Arab Journal for the Humanities. Academic Publication Council, Kuwait University: Vol. 29, Issue 116. 2011.
  8. ^ Abdulmageed Falah, Grammatical Opinions of Abu Hayyan Andalusi between Theory and Practice. Arab Journal for the Humanities. Academic Publication Council, Kuwait University: Vol. 29, Issue 116. 2011.

外部リンク[編集]