悔悟 (クルアーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
At-Tawba
التوبة
Tawba.pdf
At-Tawba
啓示 Madinan
章題の意味 The Repentance
別名 Al-Bara'ah (Dispensation)Center for Muslim-Jewish Engagement
詳細
スーラ 9
アーヤ 129
ジュズウ 10 to 11
ヒズブ 19 to 21
サジダ節 none
前スーラ Al-Anfal
次スーラ Yunus
テンプレートを表示

悔悟』とは、クルアーンにおける第9番目の章(スーラ)。129の節(アーヤ)から成る[1]

全114章のうち、この章のみバスマラBasmala)が冒頭に置かれていない[2][3]。そのため、第8章とのつながりを指摘し「全113章説」を挙げる学者もいる。

第60節に、サダカの対象者についての記述(他では第2章でも言及)がある。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン日本語訳
  2. ^ 「岩波イスラーム辞典」(2002) p.341「クルアーン」
  3. ^ 「真実のイスラーム : 聖典コーランがわかればイスラーム世界がわかる」 (著:鈴木紘司、学習研究社 2006) p.161

外部リンク[編集]