戦列 (クルアーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戦列
الصف
As-Saff
アッ・サッフ
Sura61.pdf
戦列
啓示 マディーナ啓示
章題の意味 第4節に「戦列を組んでアッラーの道のために戦う」の句がある[1]
別名 隊列
啓示時期 ヒジュラ暦3年頃
詳細
スーラ 第61章
アーヤ 全14節
ジュズウ 28番
ルクー 2回
語数 226語
文字数 936文字
前スーラ 試問される女
次スーラ 合同礼拝
テンプレートを表示
音楽・音声外部リンク
Islam House.com - タルティール朗誦法による (朗誦者: ファーリス・アッバード)
音楽・音声外部リンク
Islam House.com - タジュウィード朗誦法による (朗誦者: ムハンマド・スィッディーク・アル=ミンシャーウィー)
楽園の絵画

戦列』(せんれつ、アラビア語: الصفUNGEGN式: As-Saff アッ・サッフ)は、アル・クルアーン(コーラン)における第61番目のスーラである。本章では「戦い」と「勝利」の定義が語られる。

主な登場人物[編集]

主な内容[編集]

  • 偉大な神は有言実行の人々を好むという。神の道のために戦列を敷いて「戦い」をする人々を好むという。 - 1節から4節
  • 神が背信の人々の心を捻じ曲げたことが原因で、背信の人々はムーサーを苦しめた。ムーサーは人々に尋ねた、「なぜ、私が神の使徒であると知っていながら苦しめるのだ。」 - 5節
  • マルヤムの子イーサーは、「私は神の使徒である。私より以前のトーラーを確証するとともに、私より以後に使徒アフマドが出現することを伝える。」このように人々に言った。人々はイーサーの奇蹟を「魔術」とした。 - 6節
  • 神への絶対帰依[2]をしない人々は極めて不義であり、神は不義の人々を導かない。そんな不義をしても、神は、使徒を遣わせて、全ての宗教を照らし、不信心者や多神教徒がその光を嫌がっても迷惑でも、照らす。 - 7節、8節、9節
  • 神を信じ、全てを捨てることが、最高の儲け話である。そうすればアドンの園(エデンの園)に住める。「戦い」の「勝利」とは、アドンの園への居住のことである。 - 10節、11節、12節
  • ムハンマドは、身近な「勝利」に関する福音も伝える。イーサーのことである。イーサーは弟子たちに尋ねた、「神のために、私に協力するのは誰であるか。」その問いに弟子たちは、「私たちが神に協力します。」と答えた。イーサーと弟子たちは「戦い」に「勝利」した。このように、信者は神への協力者となるべきである。 - 13節、14節

アラビア語による『戦列』全文[編集]

アル・クルアーン第61章 『الصف (戦列)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本ムスリム情報事務所 聖クルアーン 戦列 (アッ・サッフ)
  2. ^ 「神への絶対帰依」とは「イスラーム」という意味。

外部リンク[編集]