慈善 (クルアーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
慈善
الماعون
Al-Māʿūn
アル・マーウーン
Sura107.pdf
慈善
啓示 マッカ啓示
章題の意味 真の信仰について記され、それには信心と、貧困者や律儀者に親切を尽し、救援する心構えの必要なことが教えられる[1]
詳細
スーラ 第107章
アーヤ 全7節
ジュズウ 30番
語数 25語
文字数 112文字
前スーラ クライシュ族
次スーラ 潤沢
テンプレートを表示

慈善アル・マーウーンアラビア語: سورة الماعون‎)とは、クルアーンにおける第107番目の章(スーラ)。7つの節(アーヤ)から成る[1]。マッカ時代初期の啓示と考えられている[2]。マーウーンとは元は日常の必需品を指す言葉であったが、転じて財物を施し与える事を意味する言葉となった[3]

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

  • リチャード・ベル 『コーラン入門』医王秀行 訳、筑摩書房、2003年。ISBN 4-480-08783-4 

外部リンク[編集]