ならず者戦闘部隊 ブラッディウルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ならず者戦闘部隊 ブラッディウルフ』(ならずものせんとうぶたい BLOODY WOLF)は1988年データイーストから発売されたアーケードゲーム。二人同時プレイが可能なトップビュー型のアクションシューティングだが、ステージによって四方に任意スクロールするのが特徴。翌1989年にはPCエンジンにややアレンジされて移植された。

ストーリー[編集]

特殊戦闘部隊"BLOODY WOLF"(血だらけの狼)に所属する2人の男たちに、ある日極秘任務が言い渡された。 「大統領が拉致された。敵は狂気の傭兵軍団だ。注意して進め!」 男たちは出発した。一国の命運は、2人の勇敢な男たちに託されたのだった。 "BLOODY WOLF"、彼らは別名"ならず者戦闘部隊"と呼ばれていた・・・。

概要[編集]

「戦場を単騎で駆ける無敵の兵士」という設定は、映画『ランボー』(1982)以降ハリウッド映画によく見られるお約束で、ゲームとしても『フロントライン』(タイトー1982年)、『戦場の狼』(カプコン1984年)、『怒 IKARI』(SNK1986年)など、スタンダードなシューティングの題材である。本作も例外ではなく、純粋にゲームとして見た場合それほど目新しい要素はない。基本武器はマシンガン手榴弾、特殊武器は現地調達、時には乗り物を奪取、捕虜を救出して情報収集など、ほぼフォーマット通りの作りである。

データイーストを代表するキャッチ「アツクテシヌゼ」はこのゲームに登場する火炎放射器を持った中ボスのセリフが元である(なお、更なる元ネタは『北斗の拳』である)。

PCエンジン版[編集]

PCエンジンでは、家庭用ゲーム機(コンシューマーゲーム)である事から、よりじっくり遊ばせるという面で、ストーリー性が強化されている。ただし、二人同時プレイは割愛されている。

2007年4月10日から2012年3月6日までバーチャルコンソールで配信された。

外部リンク[編集]