フロントライン (タイトー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フロントライン
ジャンル アクションシューティング
対応機種 アーケード (AC)
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(86.25キロバイト
稼働時期 INT 1982111982年11月
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス 8方向レバー
ダイヤルスイッチ
1ボタン
システム基板 SJシステム
CPU Z80 (@ 4 MHz)
サウンド Z80 (@ 3 MHz)
AY-3-8910A (@ 1.5 MHz)×4
DAC
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット64色
テンプレートを表示

フロントライン』 (FRONT LINE) は、1983年[1]タイトーが発売したアーケード用のアクションシューティングゲーム。同社が『ワイルドウエスタン』(1982年)に次いでダイヤルスイッチを採用したゲームである。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

青い軍服を着た主人公を8方向レバー(移動)、ダイヤルスイッチ(拳銃・砲塔・手榴弾の方向決定と火器の発射)とボタン(手榴弾の投擲と車両の乗降)を操作して、最終地点にある敵司令部を倒せば次のステージへ進める。ダイヤルスイッチで拳銃(車両の場合は砲塔の火器)と手榴弾の発射方向を操作でき、進行方向以外の方向を攻撃できる。

歩兵しか出ないゾーンを抜けると、画面内に放置されている青い車両(装甲車、戦車)があって乗降可能になる。青い車両は主人公が乗ってないと攻撃目標にはならず、被弾しても破壊されない。また、敵にとっては移動障害になる。

青い車両で進み、別の青い車両を見つけたら、そこで元の車両がやられても、新しい車両に乗り換えて元の車両があった場所まで戻ると、再び車両が用意されている。画面の端はループしているため、外周にめり込むように車両を置き、反対側の端から乗り込むようにしてワープさせる事ができる。これを繰り返すと、総司令部の後ろに回り込むこともできる。

ミスの条件[編集]

  • 敵の弾に当たる(拳銃、手榴弾、機銃、砲弾)。
  • 地雷を踏む。
  • 岩に押し潰される。
  • 敵車両に轢かれる。
  • 撃破された戦車や爆破した地雷、自分の手榴弾の爆発に巻き込まれる。

武器[編集]

拳銃
兵士に対してのみ有効。射程が短い。
手榴弾
すべての敵に有効。藪や壁の向こうへも、弧を描いて2キャラ先まで飛んで爆発する。あまり遠くまで飛ばないため、歩きながら投げると自爆してしまう。
戦車/装甲車
戦車地帯に青い車両があるので、手榴弾ボタンで乗り込める。戦車は砲弾、装甲車は機関銃弾を発射できる。地雷を踏んだり、手榴弾か砲弾を受けると一定時間経つか、もう一撃食らうと誘爆するため、速やかに車両を放棄する必要がある。
戦車に乗っている場合、機関銃を一回被弾したら移動不可になるが、煙を上げるだけなので(敵の場合は砲塔が生きている)、一度降りて再搭乗すれば、また無傷な戦車を確保可能。ただし降りる前に、もう一度被弾したら誘爆してしまう。なお、味方車両が画面上に同時存在出来るのは二両までである。

地形[編集]

平地/草地
もっともノーマルな地形。ただし、草地に入ると若干動きが鈍る。地雷が埋まっている箇所もある。
主人公や車両は進入不可だが、敵兵は進入可能。弾は貫通出来ない(藪の中の敵兵は倒せる)。
河川
敵味方進入不可。橋を通らねば渡河不能。弾は向こう岸まで届く。
大岩/壁
自然石と煉瓦塀。弾は貫通出来ない。進入不可だが、アーケード版では車両を壁にめり込ませる事で正面の敵弾を全て防ぎ、壁越しで敵を一方的に攻撃可能なバグがあった。

敵キャラクター[編集]

主人公側の青色に対して、緑色をしている。

兵士
拳銃と手榴弾で応戦してくる。性能は主人公と同格だが、主人公が入れない藪の中にも入れる。
戦車/装甲車
砲塔で応戦してくる。手榴弾または車両の砲塔火器でしか倒せない。性能は主人公と同等だが、被弾しても敵兵は車両を降りずに愛車と運命を共にする。
画面上に同時存在可能なのは三両までで、敵が四両以上で襲ってくることはない。
司令部
砲弾を放つ固定砲台で応戦してくる。手榴弾でしか倒せない。倒すと敵司令官が白旗を掲げて一面クリアとなる。
歩兵ゾーンで画面の左右の端から主人公目がけて転がってくる。攻撃不可。緩やかに追尾して来るので、上手く逃げないと押し潰される。
地雷
踏むと爆発する赤い筒状の物体。砲弾以外の弾が当たると爆破できて大穴が開く。主人公が穴に入ると叫び声を出し、一定時間穴から抜け出せなくなる。
地雷を狙撃して爆発に敵兵を巻き込んで倒すのも可能だが、逆に当たると敵弾でも爆発するので、中には「敵の攻撃を避けたと思ったら、それが近くの地雷に被弾して爆発に巻き込まれた」などと言った、笑えないミスをしてしまう事もある。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 Front Line アメリカ合衆国 1983年
コレコビジョン コレコ コレコ ロムカセット 2650 -
2 フロントライン 日本 1983081983年8月
FM-7 キャリーラボ ニデコム カセットテープ - -
3 フロントライン 日本 1983091983年9月
PC-8801 キャリーラボ ニデコム フロッピーディスク - -
4 フロントライン 日本 1983年
MZ-1500
MZ-2000/2200
X1
キャリーラボ ニデコム カセットテープ - -
5 フロントライン 日本 1984081984年8月
ヨーロッパ 1984年
MSX タイトー 日本 タイトー
ヨーロッパ Electric Software Limited
ロムカセット - -
6 フロントライン 日本 1984年
PC-6001mkII/6601
PC-9801
キャリーラボ ニデコム カセットテープ - -
7 Front Line アメリカ合衆国 1984年
Atari 2600 コレコ コレコ ロムカセット 2665 -
8 フロントライン 日本 198508011985年8月1日
ファミリーコンピュータ タイトー タイトー ロムカセット 03 TFC-FL4500 -
9 フロントライン ~The Next Mission~ 日本 200102232001年2月23日
ゲームボーイカラー アルトロン アルトロン ロムカセット CGB-BFRJ-JPN -
10 タイトーメモリーズ下巻 日本 200508252005年8月25日
PlayStation 2 Mine Loader Software タイトー DVD-ROM SLPM-66092 - アーケード版の移植
11 Taito Legends 2 オーストラリア 200603302006年3月30日
ヨーロッパ 200603312006年3月31日
アメリカ合衆国 200705162007年5月16日
Xbox
PlayStation 2
Empire Interactive Destineer DVD-ROM PS2:オーストラリア SLES-53852
ヨーロッパ SLES-53852
アメリカ合衆国 SLUS-21349
- アーケード版の移植
12 Taito Legends 2 ヨーロッパ 200603312006年3月31日
アメリカ合衆国 200707102007年7月10日
Windows Empire Interactive Destineer CD-ROM - - アーケード版の移植
13 フロントライン 日本 200706052007年6月5日
Wii タイトー タイトー ダウンロード
(バーチャルコンソール)
FB6J - ファミリーコンピュータ版の移植
14 フロントライン 日本 201401152014年1月15日
ニンテンドー3DS タイトー タイトー ダウンロード
(バーチャルコンソール)
TDUJ - ファミリーコンピュータ版の移植
15 フロントライン 日本 201606292016年6月29日
Wii U タイトー タイトー ダウンロード
(バーチャルコンソール)
- - ファミリーコンピュータ版の移植
16 フロントライン 日本 201712262017年12月26日
アメリカ合衆国 201801082018年1月8日
PlayStation 4
(PlayStation Network)
タイトー ハムスター ダウンロード
アーケードアーカイブス
- - アーケード版の移植
17 フロントライン 日本 201902142019年2月14日
Nintendo Switch
(ニンテンドーeショップ)
タイトー ハムスター ダウンロード
(アーケードアーカイブス)
- - アーケード版の移植
ファミリーコンピュータ版
  • 一時停止ができない。ダイヤルボタンでないため進行方向に銃弾・砲弾を発射するのみ。
ゲームボーイカラー版
  • 球に当たった兵隊が吹っ飛ばされて死亡したり、乗り込む戦車が兵隊よりもビジュアル的に貧弱だったり、というアーケード版のコミカルな印象が廃され、『戦場の狼』のスーパージョーのような兵士がマシンガンを打って敵陣に乗り込むという、マッチョでシリアスなイメージのゲームに仕上がっている[2]
PlayStation 2版
  • タイトーメモリーズ 下巻』に収録。『フロントライン』は最初は遊べない追加タイトルで、一定条件を満たすか隠しコマンドを入力することでプレイ可能。
PlayStation 4版
Nintendo Switch版
  • アーケードアーカイブスの1作品として、2019年2月14日に配信開始。

スタッフ[編集]

FM-7版
  • プログラム:長谷川浩、佐々木哲哉

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame4.5/5stars (AC)[3]
3.5/5stars (CV)[4]
3/5stars (A26)[5]
受賞
媒体受賞
Arcade Awards (1983)Coin-Op Game of the Year (Certificate of Merit)[6]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の1991年5月10日号特別付録「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「戦車は被弾しても1回は降りれば復活するのがうれしい」と紹介されている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]